産業遺産と潤井川渓谷美を活かしたまちづくりへ

 きょう10月16日夜、所在区の富士市鷹岡のまちづくりセンターで「行政懇談会」が開かれ、地元市議として出席してきました。

 年1回、市長と直接対話の場であり、かつ地元要望を提示して、その回答が得られる場。主催のまちづくり協議会(松田幸雄会長)では、会合を重ねて、この日を迎え、地元要望では要望を映像化して上映などもあり、「実り多い懇談会だった」、そんな感想を抱いています。

 

DSC01014.JPG

        開式で挨拶を述べる松田会長

 

DSC01015.JPG

         小長井市長の市政講話

 

 市政のあれこれを伝える市長講話に続いて提示した地元要望は、次の6項目でした。

 

産業遺産であるレンガ造りの「富士製紙第1工場」と「潤井川渓谷」を活用したまちづくり

空き家対策の推進と行政対応窓口の明確化

新東名高速道路の側道整備

に淺彑遒硫識歛橋の架け替えと交差点改良

ダ症抻瞭始の鷹岡地区へのハーフインター設置

ζ山瀬久保区公会堂の東側交差点改良

 

 このうちメインとした要望は、産業遺産であるレンガ造りの「富士製紙第1工場」と「潤井川渓谷」を活用したまちづくりで、紙のまち・富士市の第一歩を刻んだ明治23年(1890年)に建てられたレンガ造りの富士製紙第1工場(現・王子エフテックス)と、同工場西側に流れる潤井川渓谷美を地域活性化や観光振興に活用していこう…というものです。

 

 この要望を9分の映像にまとめて上映。「産業遺産としての価値の高さと、渓谷美の素晴らしさを視覚面から伝えたい」、そんな狙いをもっての試みで、自分は映像化に向けてのサポート役を担ったのですが、ドローンを使用しての空撮のパソコン編集に苦慮。2日ばかり徹夜してギリギリセーフでの上映でした。

 

「まあ、何とか役割は担った」と自己満足しています。

 

「行政懇談会」の様子や映像カットをアップします。素晴らしい産業遺産、そして渓谷美です。活用されることを願っています。

 

DSC01019.JPG

 

DSC01022.JPG

 

DSC01021.JPG

| - | 23:27 | comments(0) | - |
富士市で福祉まつり&日中熱烈交流会、参加しました!

 小雨が降り続いた、きょう10月15日の日曜日、中央公園で開かれた『第37回市民福祉まつり』、その後、一色にある民営バーベキュー場・かぐや姫工房で開かれた『日中熱烈交流会』に参加。笑顔交差の2つのイベントでしたが、空模様と同様に自分の心模様は“ダーク”でした。

 

DSC01002.JPG

       福祉まつりのステージ部門で…

 

DSC00999.JPG

多くの中高校生がボランティアスタッフとして参加していました

 

DSC01010.JPG

         募金活動が行われていました

 

 福祉まつりは、1981年(昭和56年)の国際障害者の記念事業として第1回を開催。当時の会場は市庁舎北側駐車場で、第1回、第2回は行政主導、第3回から民間主導に切り替わり、まつり事務局は市から市社会福祉協議会に移行、その後、会場も現在の中央公園に変更となっています。

 

 今年で37回目ですが、自分は、ローカル紙の記者時代、民間主導に切り替わり第3回から、若手にバトンタッチした第20回まで実行委員会の委員を担い、開会式&ステージ部門を担当していました。

「福祉の向上、ボランティア活動の活性化が必要だ」なんてことを記事で主張していた手前、委員の委嘱依頼に素直に「はい」と返答。

 そんなこともあって福祉まつりが継続、規模も年々拡大していることを嬉しく思っていますが、今年、会場で抱いた思いは、ちょっと違っていました。

 

 早朝、小雨。「中止では…」と思ったものの午前9時30分からの開会式に出席するために会場へ。

「少雨決行とチラシに記し、大雨などの警報も発令されていないので予定通り開催することを決めました」と事務局。

 

 しかし、ステージ部門は雨対策がなく、フロアが滑りやすいことから出演キャンセルもあり、開会式後、出演した団体の知り合いから「これほど大きなイベント。中止の判断は難しく、きょうのような小雨なら開催、それは理解できる。しかし、ステージに雨除けのドームテントを張る、または隣接するロゼシアターの小ホールを雨対策として確保していくなどの配慮が必要ではないか。危機管理がなっていない」のキツ〜イ一発。

 

 かつて福祉まつりに関わってきたこと、そして現在の市議という立場から、その一発でギャフン、心模様は“ダーク”に…でした。

 

 降り続く雨の中でも出演して下さった団体の皆さんの熱演を前にして「雨対策、危機管理、来年は万全に…」、それを思い、「思うだけでなく実現に向けて主張しなければ…」と誓ってきました。

 

DSC01005.JPG

           多くの模擬店が…

 

DSC01009.JPG

           福祉の体験コーナーも…

 

 

 一方、福祉まつりの後に出席した熱烈交流会は、役員(副会長)を仰せつかっている富士市日中友好協会の恒例事業。内容は、バーベキューやジャンケン・ビンゴゲームなど。

 

IMG_5018.JPG

  『国際交流フェア』での活動紹介用の記念撮影です

 

IMG_5020.JPG

      バーベキューを囲んで会話が弾みました

 

 今年は30人余もの参加があり、日本人と中国人が半々。会話時だけでなく、景品を持ち寄ってのビンゴゲームでは、番号を日本語と中国語で発表しなければならず、通訳担当者スタッフは大忙しでした。

 

 で、「役員を仰せつかっている以上、しっかり中国語を勉強しなければ…」と反省。その反省の上に立って自分に与えられた来年2月の『国際交流フェア』の活動紹介で展示する写真撮影の役をしっかりと担ってきました。

 

IMG_5022.JPG

           ジャンケンゲームです

 

IMG_5029.JPG

         ビンゴゲームがスタート

 

IMG_5040.JPG

      番号が呼び上げられ、盛り上がりました

 

 この熱烈交流会での心模様の“ダーク”は、3年前から歯周病の治療を続けているものの、一向に治らず、バーベキューの肉に手が出なかったためです。

 

 もちろん、これって、若かりし頃の不摂生による自業自得です。

| - | 22:52 | comments(0) | - |
映画『幸福の黄色いハンカチ』を知っていますか…?

 所属会派の富士市議会凜(りん)の会の行政視察で10月11日から同13日まで北海道に行ってきました。初日11日は東海道新幹線新富士駅の始発に乗車、先ほど自宅に戻り、少々、バテ気味ですが、「何としてもブログ&フェイスブックを打ち込まねば…」とパソコンに向かっています。映画『幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ』と、夕張市内にある、その聖地を多くの人に知ってほしい」、そんな思いからです。

 

ブログDSC00971.JPG

  幸福の黄色いハンカチです

 

 まず今回の行政視察先と、その目的。

 

 視察先は、夕張市、栗山町、旭川市。このうち夕張市の視察目的は、「財政再建と地域再生への取り組み」の把握でした。

 地方議員として先進事例の視察・把握だけでなく、財政破綻の理由や、破綻後の財政再建と地域再生への取り組みを視察・把握することも必要との思いを抱いていましたが、果たして「都市運営の失敗である財政破綻の視察を受け入れてくれる地方都市があるか」、その懸念がありました。

 

 こんな中、同僚議員が、あれこれ調査。期日を限定して夕張市が視察の受け入れに応じていることが判明し、その受け入れ期日に合わせて視察に出向いたものです。

 

 かつて石狩炭田の中心都市として栄えた夕張市は、昭和35年4月末には最大値となる11万6、908人の人口を数えたものの石炭産業の衰微によって炭坑閉山が相次ぎ、昭和50年の国勢調査人口は5万0、131人と半減しています。

 地域再生を観光に期待し、昭和55年の「石炭博物館」建設を皮切りに各種観光開発事業を展開するも過大投資や行政体制の効率化の遅れ、これに人口減少が加わり、平成19年3月6日に財政再建団体に指定されています。

 

 この指定時の赤字解消額は353億円。標準財政規模の実に801.4%で、これを平成36年度までの18年間で解消する財政再建計画を立案していますが、人口減少が続き、平成の時代に入っての5年ごとの国勢調査の人口推移は…

 平成 2年  2万0、969人

  〃 7年  1万7、116人

  〃12年  1万4、791人

  〃17年  1万3、001人

  〃22年  1万0、922人

  〃27年    8、843人

 昭和35年4月の人口11万6、908人を100とした場合、平成27年の8、843人は7.6に過ぎません。

 

 

 財政再建計画では、歯止めのきかない人口減少を踏まえて徹底した行政のスリム化と事務事業の抜本的な見直しを図り、さらに歳入増を図るために市民税や固定資産税、軽自動車税などを引き上げ、施設や市営住宅などの使用料を引き上げ、ごみ処理も有料化。

 市民にも累積赤字の解消に向けて負担を求めるだけに、行政のスリム化は徹底しており、平成18年当時の職員総数309人は平成27年には138人と半分以下。かつ給与は17%から29%削減。ボーナスや退職手当も削減。

 もちろん、市長など特別職の給与や議員報酬も削減。市長給与は月額86万2千円だったものを70%も削減して25万9千円に…、議員報酬は月額31万1千円だったものを42%削減して18万円に…といった内容でした。

 

 行政視察は、庁舎内の会議室を会場とし、期日限定に合わせて富士市議会をはじめ全国各地から4市議会、21人が参加。

 財政畑の職員が財政破綻に至った理由や、破綻後の財政再建と地域再生への取り組みを詳細に説明して下さいましたが、そこで感じ取ったことは、結果として財政破綻を招いたものの、国のエネルギー転換という、ある意味、不可抗力による石炭産業の衰微を受けて地域再生に挑戦した先輩諸氏への敬意であり、そして逃げ出すことなく艱難辛苦の道である財政再建と地域再生を歩み続ける、意気込みでした。

 その意気込みは説明の場に同席して下った議長からも強く感じられました。

 

ブログDSC00963.JPG

       行政視察、説明を受けた会議室で…

 

 前文が長くなりましたが、本題に入ります。

 

 行政視察の終了後、配布された資料の中に観光スポットとして映画『幸福の黄色いハンカチ』のロケ地を紹介するチラシがありました。

 

 映画『幸福の黄色いハンカチ』は、昭和52年(1977年)に公開され、第1回日本アカデミー賞最優秀作品をはじめ数多くの国内映画賞に輝いた山田洋次監督作品。夕張市が観光スポットとしているのは、主人公の島勇作(高倉健)と妻の光枝(倍賞千恵子)が再会を果たした黄色いハンカチが風にたなびく感動のラストシーンのロケ現場です。

 

 紹介チラシでは、映画公開40年を迎えたことから施設を全面リニューアルして今年4月29日にオープン。そのリニューアルでは理容店の外観はそのままにカフェにしたことや、老若男女を問わず“真の幸福(しあわせ)”を考え、感じられる聖地を目指したこと、運営はNPO法人の「ゆうばりファンタ」が担っていることなどが記されていました。

 

ブログ2017101320171014.jpg

    ロケ地紹介のチラシです

 

 行政視察終了は夕刻だったのですが、レンタカーで夕張市を訪れたこともあて「行ってみよう」となり、現地へ。

 すでに営業時間外で、山田監督の直筆メッセージなどが展示されている部屋に入ることは出来ませんでしたが、それでも風にたなびく黄色いハンカチ、それに炭坑住宅の外観から映画の場面が浮かび上がってきました。

 

 財政再建中、貴重な観光資源を守り、限られた予算でリニューアルを図り、幸福を考える聖地として再デビューさせる、夕張市の取り組みに頭が下がりました。

 

 ただ、公開から40年を経過。映画『幸福の黄色いハンカチ』を鑑賞した人達の高齢化が進んでいるだけに、夕張市の取り組みを広く知ってほしい、聖地に訪れてほしい、そんな思いから、ここに一文を記しました。

 

 自分もプライベートの時間を確保できる立場になった際には、妻、娘達、そして孫達を連れて、この地に…。健さん(高倉健)が男泣きした場面を黄色いハンカチの前で語ろう、そんな夢を描いています。

 

ブログDSC00966.JPG

             案内板です

 

ブログDSC00968.JPG 

            同僚議員と…

 

| - | 01:19 | comments(0) | - |
交通事故死、天に召された村上孝廣さんへ

 所在区・富士市鷹岡地区の生涯学習推進会の副会長で、安全教育部を担当していた村上孝廣さんが天に召されたのは『秋の全国交通安全運動』スタート前日の9月20日でした。早朝の散歩中、車にはねられて…、交通事故死でした。

 昨日、事故発生時間に自宅近くの事故現場に出向き、村上さんに、事故発生時に1人の女性がとった行動を伝えに行ってきました。

 

IMG_4858.JPG

              事故現場です

 

ブログIMG_4862.JPG

         北に霊峰富士を望む場所です

 

IMG_4861.JPG

     花が手向けられていました

 

 村上さんは自分と同年代の64歳で、まちづくり団体の役員として活躍していました。

 悲しさや辛さ、それは一定のプロセスがあって生じるもので、しばらくの間、突然の訃報を受け入れることができませんでした。

 事故後、10日ほど経った時に安全対策を図る現場診断が行われ、それが掲載された新聞を読んで「亡くなったのだ」を受け入れざるを得ない事実として突き付けられ、俄かに2度と会うことのできない悲しさ、辛さ、そうしたものがこみあげてきました。

 

2017093020170930.jpg

        現場診断を伝える新聞紙面です

 

 事故現場に…は、現場診断によって再発防止の安全対策が施されることの報告、そして、知人から聞いた通りすがりの1人の女性がとった行動を「すぐに伝えなくては…」、その思いからです。

 

 知人によれば、「事故発生直後、現場を通り、車から降りた。打ちどころが悪かったのか反応どころかピクリとも動かず、アスファルト路面は流れ出る血が広がった。衝突した車両のドライバーも、現場に駆け寄った私達も、出動を要請した救急車を待つ間、オロオロするだけだった。その時、通行車両の1台が止まり、女性が飛び出してきて、すぐに心臓マッサージと人工呼吸を開始。テキパキとした動きから医療関係に従事する方と思われる」。

 

 その女性は30歳位。「救急車が到着するまでの間、なりふり構ずに、襲いかかる死神と闘うような形相で心臓マッサージと人工呼吸を続けて下さった」といいます。

 

 天に召された村上さんを、この世に取り戻すことはできませんでしたが、女性のとった行動が村上さんに伝われば、「無念さが少しでも和らぐのでは…」と思っています。合掌

| - | 01:00 | comments(0) | - |
新体操初心者教室やかりがね祭り参加などフル回転

 きょう10月8日、イベント集中の日曜日ではなく土曜日でしたが、あれこれあってフル回転でした。

 

 午前中は、他の公務の報告書作成と、断り切れない依頼を受けていた文書の作成。午後からは、10月16日開催の「地区行政懇談会」の資料づくりのために知人に依頼したドローン活用による空撮の編集作業で知人宅に出掛け、その後、「新体操初心者教室」の開講式に…。夕刻からは、出身地である岩松地区の雁堤を会場に開かれた「かりがね祭り」と、その祭りを捉えて「いっぱい会」を企画した幼馴染み宅へ。夜は区の班長常会に…といった調子でした。

 

 ようやく自宅に戻り、バタンキュー状態ですが、「残された任期、日々、全力で…」と公言している以上、「エイ!」と気合を入れ、パソコンに向かっています。

 

「新体操初心者教室」は、自分、海野しょうぞうが会長を仰せつかっている富士市新体操協会が新体操の普及を目指し、協会発足3年目の2011年から開いているもので、今年は県立吉原高校の体育館と市立体育館をお借りして10月の毎週土曜日、計4回シリーズで開くことになっています。

 対象は小学生女子で、16人の申し込みがあり、指導は協会役員。第一回目のこの日は、県立吉原高校の新体操部員がサポート役として加わりました。

 

 開講式では、ちょっぴり緊張気味の子供達に「楽しく、元気に練習しよう。挨拶も大事だよ」と呼び掛け、保護者の皆さんには「私ども協会は、新体操人口の拡大や技術のレベルアップだけでなく、礼儀や仲間づくりも大切にしています。この教室も、そうした狙いを持っています。子供達が練習を続けたいと申し出た際には、教室終了後にも、ぜひ、協会加盟のクラブに入会して下さい。送迎は大変でも、子供達が“ありがとう”という言葉を発しなくても、練習を続けられる感謝の気持ちは、いつしか言葉となって、行動となって出てくると私は確信しています」といった内容の挨拶をしてきました。

 

DSC00948.JPG

               開講式で

 

 開講式は短時間で終了。さっそく練習を開始。新体操の基本動作やリボン操作を学び、受講した子供達は、関心するほど熱心に取り組み、「今時の子供達はしっかりしている」。と同時に指導陣の話に目を向けて聞き入り、全力で練習に取り組む子供達を見て、「得意は反骨精神旺盛な口答えの、どこかの腕白小僧とは大違い」と少々、ショック。「どこかの腕白小僧とは…」、ご想像におまかせします。

 

DSC00937.JPG

            基礎練習パート

 

DSC00941.JPG

          基礎練習パート

 

DSC00946.JPG

     終盤には手具リボンを使用しての練習も…

 

 一方、「かりがね祭り」は今年で30回。富士市議会からは議長などが来賓として出席する中、30回記念として娘2人が主宰するチアダンスの“C−STAR(シースター)”に出演依頼があり、そのサポート役としての会場入りでした。

 

IMG_4999.JPG

        雁堤はコスモスが満開でした

 

IMG_4997.JPG

   堤は早々と投げ松明と花火の見学者が思い思いに…

 

IMG_5002.JPG

     堤から富士川楽座の観覧車も見えます

 

IMG_5008.JPG

       チアダンスパフォーマンスパート

 

IMG_5012.JPG

      チアダンスパフォーマンスパート

 

IMG_5007.JPG

    これ、ボンボン使用の文字パフォーマンスです

 

 所在区の班長常会出席のため、チアダンスアトラクション後に帰路につき、残念ながら祭りメインである投げ松明(たいまつ)を観ることは出来ませんでしたが、好天に恵まれ“大混雑”という形容が担う祭りの賑わいに、主催の岩松、岩松北両地区のまちづくりに寄せる熱意、パワー、それを強く感じた情景、一夜でした。

| - | 23:26 | comments(0) | - |
文化芸術の秋、富士市総合文化祭開催中です

 文化芸術の秋を迎え、富士市では10月3日に富士市主催、富士市文化連盟(河野勝義会長)主管による『第51回総合文化祭(以下、「総合文化祭」という。』が開幕、展示、ステージなどに“まちの芸術家”の作品、ステージが披露されています。

 この三連休、出掛けてみませんか。

 

 ロゼの展示部門は8日(日)まで。午前10時から午後7時(1階ガレリアが会場の盆栽は午後9時)。ただし、最終日8日は午後5時で終了。観覧無料。

 

DSC00912.JPG

  入口に設けられた歓迎看板です

 

DSC00929.JPG

        ロゼガレリアでの盆栽展です

 

DSC00914.JPG

       展示室での洋画コーナーです

 

DSC00916.JPG

       展示室での毛筆コーナーです

 

DSC00919.JPG

      展示室でのフラワーデザインです

 

DSC00922.JPG

       展示室での絵手紙コーナーです

 

DSC00924.JPG

        展示室での陶芸コーナーです

 

DSC00931.JPG

  6日夜の音楽部門のステージ、富士市少年少女合唱団

 

DSC00933.JPG

 音楽部門の富士マンドリンクラブのステージです

                  (親子室から撮影)

 

 新富士駅内のステーションプラザFUJIで開かれている「富士の型染め展」も8日(日)まで。午前10時から午後5時、最終日8日は午後4時で終了。こちらも観覧無料です。

 

 今後の「総合文化祭」の日程は以下の通りです。

 

【舞台部門】

※新舞踊・マジック

      … 7日(土)、ロゼ大ホール、午後1時30分〜

※日本舞踊 … 7日(土)、ロゼ中ホール、午後0時30分〜

※演劇   … 7日(土)、ロゼ小ホール、午後6時30分〜

※コーラス … 8日(日)、ロゼ大ホール、午後1時30分〜

※詩吟   … 8日(日)、ロゼ中ホール、午後1時00分〜

※朗読   … 8日(日)、ロゼ小ホール、午後1時30分〜

※ハンドベル… 9日(月・祝)、ロゼ大ホール、午後5時00分〜

※大正琴  … 9日(月・祝)、ロゼ中ホール、午後1時00分〜

※能楽   … 9日(月・祝)、ロゼ小ホール、午後1時00分〜

 

【展示部門】

※日本画・硬筆・写真・華道

      …18日(水)〜22日(日)、ロゼ展示室

※ひょうたん…17日(水)〜22日(日)、ステーションプラザFUJI

 

【文芸・歴史部門】

※短歌   … 8日(日)、ロゼ会議室、午前10時00分〜

※茶道   … 9日(月・祝)、ロゼ会議室&和室、午前9時30分〜

※郷土史  … 9日(月・祝)、ロゼ会議室、午後13時30分〜

 

 

【『カルチュア イン ふじ』を発行、配布】

 富士市文化連盟は、総合文化祭の開催に合わせ10月3日付けで『カルチュア イン ふじ』と命名している総合文化祭のガイドブックを発行、配布しています。

 日本画家で文化連盟副会長の菊池柾寿さんが中心となり、文化連盟加盟団体から選出された編集委員が、毎年、この時期に発行、配布しているもので、A4サイズ42ページ。

 

 総合文化祭の日程のほか、各地区の文化祭日程も掲載。

 

 このほか、新役員や文化連盟加盟団体の紹介、岩松小学校、大渕第二小学校、吉原東中学校の音楽活動や伝統芸能の取り組み、会員エッセイ、さらに、ふじのくに田子の浦港公園に誕生した学習施設「ディアナ号」や、富士茶道連盟が担当しての「お茶の紹介」、松野地区での地域文化活動である「松野歴史かるた」、大月健治さん・てる子さん夫妻の私設バラ園とギャラリー、富士市少年少女合唱団が今年4月に上演した音楽劇「銀河鉄道の夜」、歴史探訪の「曽我伝説」、特集として富士市の文化連盟の功績者や今後を担う方々の紹介などを掲載。

 

 表紙を飾る市民の花“バラ”は、フラワーデザイナーの土屋とき江さん、表紙書は書道家の佐野清香さんが担当など、文化連盟が総力を結集してのガイドブックを超えた富士市の文化芸術の総合情報誌です。

 

20171006?20171006.jpg

 『カルチュア イン ふじ』(表紙)

 

『カルチュア イン ふじ』の問い合わせは文化振興課内の文化連盟事務局(筍娃毅苅機檻毅機檻横牽沓粥法

| - | 21:46 | comments(0) | - |
注目度120%の川勝平太知事と植田徹県議の対談

 昨夜(10月4日)、富士市蓼原町のロゼシアターの大ホールで本県(静岡県)の川勝平太知事と富士市選挙区選出の植田徹県議の対談が開かれ、今一つ、開催趣旨が分からなかったのですが、同じ所在区の植田県議の後援会から参加要請の案内状が届いていたこともあって会場に出向き、じっくりと両氏の政策・主張を聴いてきました。

 

2017100420171004.jpg

 

 

「今一つ、開催趣旨が分からなかった…」は、

 

ー膾鼎“富士誠友会”とあったのですが、どのような会で、その開催目的は…?

∈G12月末に任期満了による富士市長選挙(17日告示、24日投開票)が行われるという中、植田県議は前回選に出馬するも惜敗、その後、県議に復帰。よって、「この時期の知事との対談は何を意味するのか」。

 

 そのうち,砲弔い討蓮開会挨拶に立った佐野宗弘会長の「私共“富士誠友会”は異業種交流団体で、定期的に例会を開いており、今回は川勝知事に例会の講師を依頼した」の言葉で氷解。

 つまり、公開例会としての開催で、知事の対談相手である植田県議については「会の顧問」との紹介がありました。

 

DSC00899.JPG

        挨拶する富士誠友会の佐野会長

 

 その公開例会は、川勝知事の『“ふじのくに”の未来を富士から!』と題した基調講演と、川勝知事と植田県議の対談の二部構成。

 

 第1部の川勝知事の基調講演では、学者出身の知事とあって佐久間象山の漢詩や山部赤人の和歌を取り上げながら静岡県の未来像を語り、その中、富士市については発展に向けてのポテンシャルの高さを示しながら「富士市が元気にならなければ静岡県も元気にならない」と、今後の取り組みに期待を寄せました。

 

 その「元気に…」に向けての私案も語り、来年3月で閉校、新設中の草薙キャンパスに移転する富士市大渕の常葉学園富士キャンパスについてスポーツ観光の振興を絡めて「サッカーを中心にした高校か大学を目指してはどうか。県と富士市、そして大学(常葉大学)と一緒に考えたい」、さらに「大風呂敷になるが…」と前置きした上で、2027年の東京−名古屋間の開業を目指すリニア新幹線について「2020年の東京オリンピック・パラリンピックをにらんで東京−甲府間を開業、これに身延線を連結させれば富士圏域の未来は大きく広がる」。

 このほか、富士山静岡空港の機能拡大や、空港への東海道新幹線の新駅設置、クルーズ船の本県各港の寄港促進策、メジャー企業をバックとしたホテルの誘致など観光立国・静岡県に向けての意欲を示しました。

 

 知事は、今年6月の3期を目指した選挙では一時期、「適任者がいれば…」と勇退姿勢を示したものの、「4期、5期と続投するのでは…」、そう感じさせるほどの熱弁でした。

 

 一方、第2部の川勝知事と植田県議の対談は、案内チラシに「静岡県知事川勝平太VS静岡県議会議員植田とおる」と記され、VS(versus)は、ラテン語で立ち向かうことを意味し、スポーツ対戦のほか論戦対決でも使用。また、植田県議が自民党県議団の重鎮であることから「県議会の川勝知事VS自民党県議団の富士市版…?」との思いもあったのですが、そうではなく、その真逆。植田県議が川勝知事に富士市発展に向けての要望を提示というスタイルでした。

 

DSC00911.JPG

       対談する川勝知事(左)と植田県議

 

 その要望は、第1部の最後に川勝知事が述べた「富士市の影が薄い。可能性を探り、県に訴えてほしい」に応える格好で、富士川緑地の再整備に向けての支援をはじめ総合運動公園内にある県富士水泳場へのサブプールの設置、総合体育館建設に向けての国と県の力添え、田子の浦港へのクルーズ船寄港の実現など。

 さらに、岩本山への国際会議場を有するホテル建設の私案も示し、実現に向けての理解と協力を要請しました。

 

 公開例会とあって、この日は川勝知事の講演がメインであったことから、冒頭の◆屬海了期の知事との対談は何を意味するのか」についての回答を見出すことはできす、それらしき回答は最後に「来場者への提言」として植田県議が述べた「チーム富士市、オール富士市で県とがっちり組んで…」程度でした。

 

 異業種交流団体の公開例会であったものの、1600人余収容の大ホールは、ほぼ満席。その“入り”からして、時期的な面も含め川勝知事と植田県議の対談は注目度120%であったことは間違いなさそうです。

 

 で、◆屬海了期の知事との対談は何を意味するのか」の回答を明確に見出すことはできませんでしたが、傍聴した者として、また、立場上、市長選に関して問われることも多いことから「憶測を排除して、ありのままの状況を伝えなければ…」と、ここに一筆啓上した次第です。

| - | 03:53 | comments(0) | - |
富士市議会9月定例会の一般質問、あす3日に登壇します

 議員個々に与えられた発言権の一つである会期中の富士市議会9月定例会の一般質問は、きょう10月2日にスタート。議員32人中、21人が通告しており、初日2日には発言順に荻田丈仁議員(自民クラブ)、一条義浩議員(凛の会)、杉山諭議員(民主連合)、藤田哲哉議員(凛の会)の4人が登壇しました。

 

 ここにアップした写真は初日2日の登壇者(登壇順)。録画中継からの撮影のため画像が鮮明でなく、スミマンセン。

 

DSC00888.JPG

 

DSC00890.JPG

 

DSC00894.JPG

 

DSC00895.JPG 

 

 自分、海野しょうぞうの通告順位は7番で、質問2日目のあす3日、午後の1番手で登壇します。質問時間は当局答弁を含めて午後1時から1時間以内です。

 

 今回の一般質問では、『生活排水処理長期計画の見直しによる下水道整備見送り世帯への対応と生活環境の保全体制について』と『指定管理者制度を打ち出した、今後の地区まちづくりセンターの管理運営と官民協働のあり方について』の2項目を提示、市民に軸足を置いた市政に向けて幾つかの提案を絡めながら質問します。

 

 お忙しい中、誠に恐縮ですが、傍聴をいただき、忌憚なきご感想、ご意見をいただけたら幸いです。傍聴の受け付け、入口は市庁舎10階南側です。

 

 本会議の模様は富士市議会のホームページ

http://www.city.fuji.shizuoka.jp/page/fmervo000000w5d3.html

上でも生中継と録画中継をすることになっています。

 

 一般質問2日目の3日以降、最終日6日までの登壇予定を以下に記します。敬称略。カッコ内は所属会派。時間は1人1時間以内です。

 

■10月3日(火)

  午前 〆缶遏|匸次変曚硫顱

     高橋 正典(凛の会)

  午後 ヽぬ遏‐瓜亜変曚硫顱

     井上 保 (ふじ21)

     小山 忠之(ふじ21)

 

■10月4日(水)

  午前 ‐池 智明(ふじ21)

     ∈川 朝子(無会派・共産党議員)

  午後 ヽ洌罅々澄 別閏舅合)

     ⇔詭據々司(民主連合)

     2偲帖[表─兵民クラブ)

 

■10月5日(木)

  午前 ^羹弌\家(公明党議員団)

     ⊂池 義治(民主連合)

  午後 〇害爾い鼎漾別閏舅合)

     萩野 基行(公明党議員団)

     小野由美子(無会派・みらい富士)

 

■10月6日(金)

  午前 \仞遏〃弯叩兵民党真政会)

     遠藤 盛正(自民党真政会)

| - | 23:09 | comments(0) | - |
富士市内の各地区で体育祭

 薄っすらとした雲が広がり、暑くもなく寒くもない“スポーツ日和”となった10月1日の日曜日、富士市内では各地区で地区体育祭が開かれました。

 自分、海野しょうぞうの所在区である鷹岡地区でも生涯学習推進会(渡辺敏会長)主催の地区体育祭が開かれ、地区住民の1人として参加、笑顔が交差する中、地区のパワー、それを実感しました。

 

IMG_4906.JPG

        入場行進(開会式で…)    

 

IMG_4909.JPG

         選手宣誓(開会式で…)

 

 今年で61回目。鷹岡中学校の吹奏楽部の演奏、チアダンスのC−STAR(シースター)、パフォーマンス縄跳びのダブルタッチの3つのアトラクションを含めて17種目が繰り広げられました。

 

IMG_4914.JPG

        アトラクションのチアダンス

 

予定では、地区在住の市議として開会式に臨んだ後は区対抗の種目に、あれこれ参加を予定していたのですが、記録とまちづくり新聞掲載のための写真係の方が体調を崩し、急遽、写真係に…。で、参加できたのは「こぼさないで…」と題した種目と「大綱引き」の2種目でした。

 

 年齢それなりの種目が繰り広げられる中、係の皆さんに加えて進行サポート役である鷹岡中生徒のジュニアリーダーの活躍が光り、マイクを握って進行のナビゲーターも担当。「今時の中学生はスゴイ」でした。

 

IMG_4930.JPG

 

IMG_4926.JPG

 

IMG_4936.JPG

 

IMG_4952.JPG

 

IMG_4977.JPG

 

IMG_4948.JPG

 

IMG_4946.JPG

           女子生徒3人です

 

 そんな中、手を使わずに白粉に顔を入れ、アメを口でくわえる「あめとムチ」と題した種目に参加し、本部テントに戻ってきたジュニアリーダーの3人の女子生徒、「おじちゃん、記念に写真撮って…」、見れば顔は真っ白。

「おじちゃん」ではなく「お兄さん」といってほしかったのですが、「おじいさんといわれなかったから、まあ、いいか」とカメラを向けると、アングルに3人の笑顔が広がっていました。

 

 自分は、市議職とは別の青少年の非行問題などに取り組む公務を仰せつかっていますが、なかなか結果が出ないことに自信喪失気味。そんなこともあって女子生徒の笑顔に接し、うれしい気分でした。

| - | 07:17 | comments(0) | - |
富士市中体連のラスト競技の駅伝、男子・鷹岡、女子・田子浦がV

 “中体連”と呼ばれる中学スポーツの祭典、「富士市中学校総合体育大会」の今季ラスト競技となる駅伝が、きょう9月30日、同市大渕の総合運動公園内にある陸上競技場をスタート、ゴールとする巡回コースで開かれ、男子は鷹岡、女子は田子浦が優勝しました。

 

 自分の子供2人は共に三十路過ぎ、孫2人も小学5年と保育園年長児という中での中学生選手の駅伝観戦は、同じ鷹岡地区に在住する鷹岡中3年のМ君の声援、同時に「高校に進学すれば、その走りを目にする機会はないかもしれない。しっかりと脳裏に焼き付けておこう」、そんな思いもあってのことでした。

 

IMG_4872.JPG

    富士山も姿を見せ、絶好のコンデションでした

 

 まず、大会の結果。

 

 男子は市内全校の16校(チーム)が参加。競技場をスタート、その周辺を巡回する1区間3.2舛裡橋茣孱隠后ィ沖舛廼イぁ結果は…

 ‖覯  1時間03分02秒

 吉原北 1時間03分30秒

 3挈曄 。瓜間04分35秒

 

IMG_4886.JPG

 

IMG_4884.JPG

 

IMG_4873.JPG

 

IMG_4889.JPG

 

 一方、女子は小規模校を除く14校(チーム)が参加。5区間で競い、1区と5区は男子と同じ3.2繊■俺茲ら4区は2.3舛裡隠機ィ境舛廼イぁ結果は…

 ‥鳥勹此。毅以08秒

 富士南 50分24秒

 3挈曄 。毅永54秒

(※順位とタイムは独自に入手したもので公式記録ではありません)

 

IMG_4865.JPG

 

IMG_4870.JPG

      女子の部Vの田子浦のアンカー走者

 

 さて、冒頭で記したМ君ですが、知人(というよりも恩人)のお孫さん。お父さんの影響もあって小学生時代から中長距離に取り組み、小学生時代は2年連続して県市町対抗駅伝の代表選手になり、中学進学後も地道な練習が実って県下トップクラスの選手に…。中学最高学年の今年は全国大会にも出場しています。

 やや小柄であるものの、それをバネとストライドでカバーした、流れるような走法が特徴です。(と、中長距離は素人ながら、その強さを分析しています)

 

 中学進学後、知人宅にお邪魔した際、М君と話をする機会があり、周囲の期待がプレッシャーになっているのでは…。これに加えて球技競技と違って孤独な闘いである陸上競技、かつ苦行としか感じてこなかった中長距離とあって「練習、辛くない…?。若い時に取り組むスポーツは、将来に向けて自分を鍛えるのが本来の目的。大会の結果をあまりに気にせずに…」なんてことを話したのですが、М君からは想定外の言葉が返ってきました。

 

「走るのが楽しい。将来、オリンピックに出たい」

 

 多分、М君は、中学生にして、究極、世界平和にも結び付く“スポーツの力”、それを掴み取っているのではないか…、そんな思いを抱き、嬉しくなったのを覚えています。

 

 きょうの駅伝男子の部、М区は6区間の最終区、6区を担当。鷹岡中は中盤まで4位から5位、終盤に入って追い上げ、5区選手から6区のМ君にタスキが渡った時点では2位に浮上したもののトップとの差は約30秒。

「無理かな」と思ったのですが、トラックに入る直前に抜き去りトップに…。トラックでもきれのあるラストスパートで2位に30秒近い差をつけてゴールを走り抜けました。

 

 少し、大げさですが「今年1年で、最高の瞬間」でした。中学生選手、若い人達が頑張り、友に声援を送る情景、「パワーをいただいた」です。

 

 ところで、総合運動公園内の陸上競技場をスタート、ゴールとする巡回コースでの中体連の駅伝観戦は初めて。駐車場が満車となり、保護者を中心に多くのギャラリーが訪れていました。

 その盛況とともに関心したのがコースの設定。巡回コースを幅員のある歩道を活用して設定しており、安全かつ走りやすそうでした。

 距離的な問題があるかもしれませんが、「県レベルのみならず全国に向けて駅伝誘致を売り込んでもいいコースでは…」、そんな思いを抱いています。

| - | 20:50 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT