どうなる年末の富士山女子駅伝、ボランティアは70歳以下のみに…

 富士市の年末の恒例イベントといえば『富士山女子駅伝』、コロナ禍の影響で開催まで、あと3カ月余という中、「どうなるの?」の質問を受けることが多くなりました。

 富士宮市と並んでの開催市となる富士市は、関係機関と連携して組織する実行委員会事務局を市庁舎内に置いて開催の方向で準備を進めていますが、ここにきて運営を支えるボランティアの確保に大きな変更があり、「感染症対策としてボランティアは70歳以下」が打ち出されました。

 開催にあたってのボランティアは3,000人を超え、その中心が公募も絡めて確保している交通整理ボランティアで、今年も確か7月頃に募集が開始された中での突然の「70歳以下」。「エッ!」と思われた申込者も多いようですが、それなりの理由があるようで…。

 

『富士山女子駅伝』は、毎年10月に宮城県仙台市で開かれている『全日本大学女子駅伝対抗選手権大会』と並ぶ大学女子駅伝の2大大会。

 富士山の世界文化遺産の動きをチャンスととらえ、前市長時代の富士市が誘致に乗り出し、それが実って2013年から開催。8回目となる今年も12月30日、7区間、43.3銑辰鬟魁璽垢防抻了核楜楡間大社(富士宮市)をスタートして富士市内に入り、田子の浦港や吉原商店街などを通過してゴールの富士総合運動公園陸上競技場を目指すことになっています。

 主催は日本学生陸上競技連合、共催が静岡県、富士市、富士宮市。スタートからゴールまではフジテレビと系列テレビ局で全国生放送されています。

 

 富士市の交通整理ボランティアは2,800人余で、富士市議会にも参加が呼び掛けられ、議員は、それぞれ在住地区のコースに出動、交通整理にあたることになっていますが、9月18日付けで自宅に舞い込んだ実行委員会事務局の通知ハガキには、「今年度の大会は新型コロナウイルス感染予防対策を取りながら実施する予定ですが、この度、日本陸上競技連盟より駅伝のガイドラインが示され、富士山女子駅伝実行委員会でも感染症対策マニュアルを作成。その結果、ボランティアの皆さんの健康と安全のため70歳以下の方にボランティアをお願いすることになりました」と記されていました。

 

 さらに、通知ハガキには、すでにボランティア登録している71歳以上については、「事務局にてリストから外させていただきます」や、「70歳以下でも健康上、不安のある方はご辞退できますので、その場合は10月9日までに事務局までご連絡を」とも記されていました。

 

 つまり、「新型コロナウイルス感染症は高齢者の重症化率が高い」という厳然たる症状を踏まえた上部団体である日本陸上競技連盟の決定を受けての変更…ということです。

 

ブログ2020092020200920.jpg

 

 2,8000人余のうちリストから外される71歳以上が、どの程度かは分かりませんが、10月に宮城県仙台市で開かれる『全日本大学女子駅伝対抗選手権大会』では、感染症対策としてコース沿道での声援は自粛を呼び掛けていることから『富士山女子駅伝』も、それに追随、71歳以上を外してのボランティア体制での開催となりそうです。

 

 それなりの理由があっての「70歳以下」ですが、この決定通知を私は複雑な思いで受け止めています。

 

 実は、自宅に通知ハガキが舞い込む前、今月12日にまちづくりセンターで「市長行政懇談会」に向けてのまちづくり協議会の役員合があり、その冒頭、出席者に「70歳以下」が伝えられました。

 出席した役員は15人で、全員が交通整理のボランティアに登録していたのですが区長経験者が多いこともあって13人が登録リストから外される71歳以上で、ボランティア出動が可能な「70歳以下」は私を含めて2人だけでした。

 

 60歳から65歳の定年延長もあって、富士市内でも、まちづくりの各種団体の役員確保に苦慮が伝えられ、次代を見詰めれば「さらに定年延長、定年は70歳に…」の声も台頭する中、これからのまちづくりの人材確保は、主流としてきた「リタイヤ層から確保」と並行して、「1市民、1ボランティア」の意識を敷衍させながら現役世代からの確保を強化する制度設計が急がれる、それを強く思い、願っています。

 

(※) 以下に昨年の『第7回富士山女子駅伝』の場面をアップしました。一部はテレビ映像から。優勝は名城大学、V2でした。

 

ブログDSC07406.JPG

 

ブログDSC07410.JPG

 

ブログDSC07417.JPG

 

ブログDSC07426.JPG

| - | 17:55 | comments(2) | - |
富士市議会9月定例会の一般質問、21人が発言を通告しました

 会期中の富士市議会9月定例会の一般質問は、10月5日から定例会最終日となる同9日まで5日間にわたって行われますが、きょう17日正午に、その発言通告が締め切られ、議員32人中、21人が通告。午後1時30分から開かれた議会運営委員会で日別の登壇数が決まりました。

 

ブログDSC00323.JPG

    一般質問が行われる富士市の本会議場です

 

 本会議の開会時間は午前10時ですが、一般質問初日となる5日は委員会付託議案の採決や即決案の人事案などの審議があるため質問開始は午前11時前後になりそう。1人の持ち時間は市長ら当局答弁を含めて1時間です。

 以下は日別の登壇者。カッコ内は所属会派。敬称略。

 

※10月5日(月)

  午前 ➀小野由美子 (新政富士)

  午後 ➀望月 徹  (凜の会)

   〃 下田 良秀 (新政富士)

   〃 FE帖‥哉 (新政富士)

 

※10月6日(火)

  午前 ➀高橋 正典 (凜の会)

   〃 ∈缶遏|匸次 平契富士)

  午後 ➀鈴木 幸司 (民主連合)

   〃 井出 晴美 (公明党議員団)

   〃 2田 丈仁 (新政富士)

 

※10月7日(水

  午前 ➀笠井 浩  (民主連合)

   〃 吉川 隆之 (凜の会)

  午後 ➀海野 庄三 (凜の会)

   〃 長谷川祐司 (民主連合)

   〃 小池 義治 (民主連合)

 

※10月8日(木)

  午前 ➀鳥居 育世 (日本共産党議員団)

   〃 ∋害爾い鼎漾 別閏舅合)

  午後 ➀太田 康彦 (新政富士)

   〃 ⊂池 智明 (ふじ21)

   〃 小沢 映子 (民主連合)

 

※10月9日(金)

  午前 ➀笹川 朝子 (日本共産党議員団)

   〃 遠藤 盛正 (新政富士)

 

 一般質問は、年4回開かれる定例会ごとに議員個々に与えられる発言・質問権で、自分、海野しょうぞうは選挙公約の一つである「発言・質問権の積極的な行使」に基づき今回も通告しました。

 

 通告順位は12番、登壇は質問3日目となる7日の午後の1番手です。

 本会議開会は午前10時、1人の持ち時間は市長ら当局答弁を含めて1時間で、午後の1番手であることから午後1時に開始の予定です。

 

 今回は、『不安・恐怖と隣り合わせのICT社会における小中学校等の安心・確実な情報配信について』と題し、大きな社会問題となっているネット上における悪意をもっての匿名の誹謗・中傷を取り上げながら富士市の小中学校が児童・生徒に安全確保のために採用している通信アプリ「フェアキャスト」や「マチコミ」による保護者向けの情報の在り方を見詰め、散見される見直しが必要と思われる点を指摘。さらに市民の皆さんに軸足を置いた市の広報・広聴の在り方についても私見を述べる予定です。

 これから登壇に向けて質問内容を練り上げます。

 

 一般質問が行われる本会議は公開で開かれ、傍聴が可能。傍聴席入口は市庁舎10階南側です。

 一般質問は、市のウェブサイトのメニューにある富士市議会ページに生中継と録画配信がアップされますので、ぜひ、視聴してみて下さい。

https://www.city.fuji.shizuoka.jp/page/fmervo000000w5d3.html

 

 忌憚なき感想、ご意見を頂けたら幸甚の至りです。

 

 以下に、活字が小さくて恐縮ですが一般質問通告表と通告項目をアップします。

 

ブログ20200917ナンバー120200917.jpg

 

ブログ20200917ナンバー220200917.jpg

| - | 22:25 | comments(0) | - |
まちづくり協議会を構成する部会の動きが活発化しています

 富士市は、小学校区単位に設置、市直営で管理・運営しているまちづくりセンターにも民間パワーを活用する指定管理者制度を導入する方針を打ち出し、その受け皿を「町内会(区)をはじめ各種団体で組織するまちづくり協議会(以下、『まち協』という。)に…」とする方針を打ち出していますが、ここ数日来、所在区の鷹岡地区では、まち協の事務局会議をはじめまち協を構成する防災、広報などの部会の会議が開かれ、事務局会議と防災部会は顧問、広報部会は部員の立場で出席しました。

 リタイヤした区民だけでなく現役区民も役員、部員にいることから、いずれの会議も夜間の時間での開催。

 市議会は、決算審査が中心の9月定例会中で、昼間は数字が並ぶ議案書とニラメッコで思考回路がプッツン寸前…という中での夜間の会議開催ですが、皆さんの熱意に打たれ、そして市直営からまち協を受け皿にしてのまちづくりセンターの指定管理者制度の導入、「その地盤づくりのためにも…」、そんな思いもあって「エイ!」と気合いを入れて参加しています。

 

まち協の事務局会議は10日夜の開催でした

 10月19日に開く年1回の「市長行政懇談会」に提出する要望事項をまとめ、本年度は新規1件、継続2件の3件と決定。

 新規1件は、地区内の都市計画道路の事業化、継続2件は、国道139号線(旧・西富士バイパス)の鷹岡地区へのハーフインターの設置と、老朽化した凡夫川の下榎沢橋の架け替えです。

 例年、「市長行政懇談会」には、まち協の構成団体から100人を超える参加がありますが、本年度についてはコロナ禍への対応として3密回避が求められているため「参加は最小限に…」と絞り込んでの開催となります。

 

防災部会の会議は14日夜の開催でした

 部会本部役員のほか各区の自主防災会の会長などが出席。防災危機管理課の職員から指定避難所の感染対策の講義を受けたほか、新しい生活様式と避難所及び避難生活などについて活発な意見交換が行われました。

 

ブログIMG_3131.jpg

 

ブログIMG_3129.jpg

 

ブログIMG_3139.jpg

 

ブログ20200914癸20200915.jpg

 

ブログ20200914癸20200915.jpg

 

ブログ20200914癸20200915.jpg

 

ブログ20200914癸20200915.jpg

 

広報部会の会議は15日夜の開催でした

 防災部会では、全世帯配布の地域情報誌『たかおか』を年3回発行しており、今回の会議は12月5日付け発行の紙面編成のための会議でした。

 コロナ禍で、ほとんどのイベントが中止に…。毎年、12月5日付けは、「地区体育祭」「地区文化祭」「市民安全大会」などのイベントを写真を多用して紙面を構成していましたが、それらが中止。敬老会も中止が決まり、今後に向けても「初詣」や「どんど焼き」なども、多分、中止に…。

「困った」の状態でしたが、「発行見送り」といった声は出ず、「ピンチをチャンスに…」とばかり、イベント報告から脱皮した紙面を目指すための提案が次々に飛び出し、「皆さん、凄い!」でした。

 この夜、決まったことは「市長行政懇談会」に提示する要望事項の詳細報告や、人物紹介、消防団・水防団の活動紹介、安全標語の紹介などでした。

| - | 22:35 | comments(0) | - |
孫が誕生しました。3人目です

 プライベートな事で恐縮ですが、今回のブログ&フェイスブックは、孫の誕生について一筆啓上させていただきます。

 

 誕生は8月29日、次女夫婦の第1子で女児、3248グラムでした。初産の不安に加えてコロナ禍で出産時の立ち合いは認められず、37時間におよぶ陣痛の末の誕生。出産後のやりとりもしばらくの間、通信・通話アプリの「LINE(ライン)」で…といった具合でした。

 

ブログ12585121587800.jpg

 

 娘2人のうち同居している長女夫妻には、中学2年男児と小学3年女児がおり、次女夫妻の第1子は3人目の孫となります。

 次女夫妻も自宅近くの賃貸住宅に住んでおり、孫が2人から3人となったことから“孫に振り回されてのマゴマゴ”が加速しそうです。

 

ブログ12619763315488.jpg

 

 妊娠中の診断で「女児」が分かっていたことから出産前から「夫婦で話し合って名前は“鈴珠(りず)”に命名」と話していました。

 

ブログ2020091120200911.jpg

 

 それなりの命名理由があるようですが、“鈴珠(りず)”と聞いて脳裏に浮かんだのは“リズ”の愛称名で親しまれたイギリス出身で米国ハリウッドの黄金時代を代表する女優のエリザベス・テイラー(1932年―2011年)でした。

 美貌と優れた演技力の大女優、エイズ撲滅運動などの社会貢献活動家としても知られ、その一方、8回の結婚・離婚が示すように、その人生は波乱万丈でした。

 

 夫婦で話し合って“鈴珠(りず)”とした命名には、それなりの理由があるようで、いずれ聞くことになりますが、今は、「大女優の“リズ”のような素敵な女性に…、ただし、結婚は1回だけに…」ってことを願っています。

 

 これって完全に「ジイジ馬鹿」です。

| - | 17:59 | comments(0) | - |
富士市も10月から『おくやみ窓口』開設へ

 富士市は、10月1日から市庁舎2階の市民課窓口に遺族の各種手続きを可能な限りワンストップで受け付ける『おくやみ窓口』を開設することを決め、3日に開いた定例記者会見で市長が発表、一部新聞が4日付けで伝えました。

 

ブログIMG_3117.jpg

 

 就職活動の“就活”と共に近年、高齢者の間で身辺整理の“終活”に取り組む人が増え、その線上で遺族に委ねることになる死後の煩雑、かつ窓口も多岐にわたる各種書類申請を一括して受け付ける窓口の開設を求める声が全国的に高まり、名称はまちまちであるものの開設する自治体が出始めています。

 

 そうした流れの中、富士市でも10月1日からの開設を決めたもので、開設する『おくやみ窓口』の業務内容は、8部17課が連携しての親族が亡くなった際の手続き支援。

 具体的には、住所、氏名等をあらかじめ印刷した書類を一括作成し、できるだけワンストップで手続きが行えるようにするほか、ケースによっては関係課への職員の同行も。手続きに関する事前相談にも応じることになっています。

 

 開設は、平日の午前8時30分から午後5時まで。初の取り組みであることから当面は完全予約制とし、「順次、拡大する予定」としています。

 予約の受け付けにあたっては専用電話(0545−55−2853)を開設、「9月23日から使用を開始する」としています。

 問い合わせは市民課(0545−55−2749)。

 

 富士市の令和元年度の死亡届出数は2,656人を数えています。

 

ブログIMG_3110.jpg

写真は、富士市庁舎2階の市民課窓口カウンター。『おくやみ窓口』は窓口△乏設される予定です。

 

ブログIMG_3107.jpg

| - | 23:14 | comments(0) | - |
富士市議会9月定例会の日程が決まりました。開会日は9日です

 富士市議会の議会運営委員会(以下、「議運」という。)は、きょう2日、委員会を開き、9日に招集される9月定例会の日程を協議、会期を10月9日までの31日間と決定しました。

 

ブログDSC00323.JPG

       本会議が開かれる富士市議会の議場

 

 新年度予算案を審査する2月定例会が“予算議会”と呼ばれるのに対し、9月定例会は“決算議会”と呼ばれ、議運で当局が示した当局提出予定議案38件中、21件が一般会計歳入歳出決算認定案など令和元年度の決算認定案。

 そのほかは、条例案6件、補正予算案5件、単行案3件、契約案2件、人事案1件です。

 

 契約案2件は、小中学校構内通信ネットワーク整備事業委託契約案(随意契約で沼津市の静岡日電ビジネス蠑堕纏拇垢4億8,188万8,000円で契約)と、富士川第二小学校校舎改築主体工事契約案(制限付き一般競争入札で落札者に決定した平和・井上特定建設工事共同企業体と12億1,000万円で契約)。

 人事案1件は、任期満了を迎える法務大臣委嘱の人権擁護委員3人の後任委員の推薦につき意見を求めるものです。

 

 決算認定案の審査と並行する形で議会基本条例に基づきピックアップした令和元年度事業の評価も下し、定例会後、市長に提出することになっています。

 

 このほか、田子浦地区まちづくり協議会から提出された田子浦地区前田区の抜本的な治水対策を求める陳情1件の審査と岳南排水路管理組合議会議員選挙が行われます。

 

 定例会ごとに行われる議員個々の発言・質問権である一般質問は、10月5日から最終日の9日までの間、4・5日間の日程が確保されており、その発言通告の締め切りは17日正午と決定。1人の持ち時間は当局答弁を含めて1時間で、日別の登壇者数は通告締め切り後の17日午後1時30分から開かれる議運で協議、決定することになっています。

 

 議運が開かれ、定例会日程が決定した、きょう2日には、当局から提出予定の議案書の配付を受け、これを「ヨ〜イ、ドン!」として、これから審査に向けて議案書に目を通し、並行して一般質問登壇に向けての調査と原稿づくりに入ります。

 議案書は決算書を中心に膨大な量。「エイ!」と掛け声をもって雑念を払い、しばらくの間、活字、数字とニラメッコです。

 

 字が小さくて見にくいかもしれませんが、以下に2日の議運で決定した9月定例会の日程をアップしました。

 

ブログ20200902癸20200902.jpg

 

ブログ20200902癸20200902.jpg

 

ブログ20200902癸20200902.jpg

 

 

ブログIMG_3098.jpg

 

 この写真、今夜、自宅玄関前で撮影、記事とは全く関係ありません。天気予報では「明日3日、富士市は一日中、雨」ですが、予報が信じられないほど見事な満月。ふと、1955年に発表、大ヒットした菅原都々子の『月がとっても青いから』のフレーズが浮かびました。が、もちろん、声を出すことはしませんでした。

| - | 22:33 | comments(0) | - |
9月1日“防災の日”、富士市でも総合防災訓練が行われましたが…

 きょう9月1日は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災からの教訓をいかすために1960年(昭和35年)に制定された“防災の日”。富士市でも防災・減災のスキルアップを目指し、防災機関や町内会(区)単位で組織されている自主防災会の訓練が繰り広げられました。

 しかし、今年はコロナ禍での訓練。市から事前に「3密回避の訓練を」の要請が届いていたことから、自分、海野しょうぞうが参加した自主防災会の訓練は班長のみを対象にした避難誘導などにとどまり、小中学生の参加もなし。

 例年より少人数・小規模の訓練を余儀なくされましたが、参加者は「いざ!」という時に備えて熱心に臨み、その熱心さは額に光る大粒の汗に示されていました。

 

 訓練は、市内を網羅した富士市の同報無線放送に合わせて行われ、午前8時30分に巨大地震発生の想定のもと、同報無線は、けたたましいサイレンと共に「揺れは震度6強」と伝えました。

 

 市議会議員は、「災害対策本部設置後、居住地区のまちづくりセンターに午前9時までに出動し、地区班長に安否を連絡。午前9時までに出動できない場合は電話等で安否を連絡」との指示を受けていました。

 

 居住区の厚原西区の第2自主防災会の集合場所は公会堂前で、同報無線が地震発生を伝えた午前8時30分に訓練開始。

 

 冒頭、自主防災会長と区長があいさつ。続いて「一言、激励を」の要請を受け、参加された皆さんに、「この地域は、古富士時代の噴火によって発生した幅1舛瞭山瀬溶岩流の上にあり、地盤が強固なため揺れには強いとされているものの、その一方、住宅密集地で火災の危険度は高いとされています。地震発生時には、まず、火を消して…」。続いて「古くから人類最強の敵はウイルスといわれ、今、それが現実となっています。小中学校などが指定されている広域避難所では、避難時に、どう3密回避を図るかが大きな課題となる中、携帯テントが3密回避に有効とされ、注目されています。ぜひ、大規模災害時の非常持ち出し品に携帯テントを加えて…」とお願いしました。

 

ブログ1IMG_3053.jpg

 

ブログ3 IMG_3051.jpg

 

ブログ2 IMG_3056.JPG

 

 この第2自主防災会も、今年の訓練は、市の要請を受けて救護、消火、炊き出しなどは中止。参加要請は避難誘導班の班長だけで参加数は役員を含め50人余。例年の4分の1程度にとどまりましたが、公会堂前での開会式に続いてブロックに分かれて徒歩で区内各所に設置してある消火器設置場所の確認や、その機材のチェックなどを入念に行い、「少人数・小規模の訓練であるものの実り多き訓練だ」を感じ取りました。

 

ブログ4 IMG_3059.jpg

 

 このあと、地区班長に安否を電話連絡、その上で、徒歩で厚原西区の第1自主防災会の集合場所である曽我八幡宮へ。

 

ブログ5 IMG_3063.jpg

 

 こちらも避難誘導班の班長だけを対象にした訓練とし、参加総数は役員を含め30人程度。時計の針は、すでに訓練開始から1時間を経過した午前9時30分を回っていたことから受け付けを終了し、安否確認のカードチェックに出向いた方が多く、「ほとんど終了」といった感じでした。

 

ブログ6 IMG_3069.jpg

 

 防災訓練では、一家無事を周知する手法として“黄色ハンカチ”を掲示する取り組みがありますが、第1自主防災会では“黄色カード”を掲示することになっており、避難誘導班には、そのチェックが委ねられています。

 

ブログ6 IMG_3069.jpg

 

 訓練そのものは、「ほとんど終了」でしたが、役員の皆さんが「新たに購入した防災備品の消火ホース巻取りの訓練を行う」ということなので、それを見学。「操作は、案外、簡単、楽だ」と余裕の表情でした。

 

ブログ8 IMG_3078.jpg

 

 例年だと、午前中、他区の訓練会場も訪れるのですが、「多分、今年は終了」と判断、電話で安否を伝えておいたまちづくりセンターに出向き、地区内の訓練状況を聞いて、今年の防災訓練はジ・エンドに…。

 来年の「総合防災訓練」、いや、今年12月第1日曜日の自主防災会主体の「地域防災訓練」はフルメニューでの訓練ができるよう、「一刻も早くコロナ禍終息を」です。

| - | 15:51 | comments(0) | - |
公共交通の柱、路線バスの重要性を体験的に実感

 先日、東海道新幹線を使用しての会派研修があり、その事前準備の際、「新富士駅まで公共交通を使ってみよう」との声があがり、瞬時、戸惑いがあったものの公費投入をもってバスや電車など公共交通機関の存続を図っているだけに「体験して重要性を確認することも必要」、さらに「老いては子(後輩議員)に従え」との思いもあって賛同、挑戦してみました。

 自宅から徒歩、そして路線バスを乗り継いでの新富士駅行で、感想は、「時間も正確、案外、楽じゃん」でした。

 

ブログ1 MG_2953.jpg

 

 新富士駅での乗車は8時08分発の下り『こだま号』。それに間に合うための居住地である鷹岡地区からの路線バス経路を事前にネットで検索すると、最寄りの鷹岡中学校前バス停6時59分に乗車。終点の富士駅北口着は7時19分で所要時間は20分。乗り継ぎが必要で富士駅の空中通路を利用して南口発7時30分の新富士駅行に乗車。所要時間は7分で、新富士駅着は7時37分。
 ネットでは、区間の料金も紹介されており、鷹岡中学校前バス停から富士駅北口までが340円、富士駅南口から新富士駅までが170円で合計510円。往復になると1020円ということになります。

 

 社会人1年生からマイカー族。バスの乗車は、視察やイベント(「植樹祭」など)で経験はあるものの、社会人となってからの路線バスの乗車は記憶に残っていないほど久々。

「乗り遅れては…」との不安から自宅を早目に6時30分に出て乗車場所である鷹岡中学校前バス停へ。バス到着より15分前でした。

 時刻表に示されていた6時59分になってもバスが見えず、少々、焦ったのですが2分遅れで遠方にバスを確認。何と、自然に両腕を高々と上げ、激しく振って乗車意思を発信。その甲斐あって…?、無事乗車し第一関門をクリア。

 早朝だったこともあって順調に走行。中型バスで乗車は途中乗車組を含めて10人でした。

 

ブログ2 IMG_2908.jpg

 

ブログ3 IMG_2909.jpg

 

 終点の富士駅北口には2分遅れで到着するも、乗り継ぎまで8分ほどあり、焦ることもなく富士駅の空中通路を利用して南口へ。すでに新富士駅行の小型バスが停車しており、定刻通り7時30分に発車。乗車は5人。新富士駅には予定時刻の7時37分に到着しました。

 

ブログ4 IMG_2910.jpg

 

ブログ5 IMG_2914.jpg

 

ブログ7 IMG_2917.jpg

 

 乗客は2区間合わせて15人で、そのほとんどは、定期券やICカード利用からして通学・通勤者とみられ、整理券を受け取っての下車時に現金で清算した乗客は私を含めて3人だけでした。

 

 3人のうち2人は、小型の旅行バックに手にした高齢のご夫妻で、下車時に前を歩き、運賃の支払いもフットワークが軽快な奥さん、その後に、ご主人。微笑ましい、そして、20年後、いや10年後かもしれない我が家の姿に思え、複雑な心境でした。

 

 バスの車窓から見えるのは見慣れた景色であるものの、マイカー運転時には見落としてしまう景色を確認することもでき、富士第2小学校前を通過時には登校時の安全確保にあたる保護者の姿を見ることができました。

 

ブログ6 IMG_2916.jpg

 

 大袈裟ですが貴重な路線バスの体験。高齢者ドライバーの事故発生比率の高まりから免許証返納が強く求められる時代の中、交通弱者の高齢者の皆さんのために路線バスなどの公共交通機関の存続が不可欠であり、そのためには存続の不可欠条件であるバス利用者増に向け、マイカー依存が圧倒的に多い通勤者のバス利用を、どう進めていくか、その制度設計が必要かもしれません。

 

 自分は、定時出勤・退社ではなく、公務で、あれこれ出向くことが多く、マイカーに依存しなければならない立場、職業ですが、今回の体験から「機会あるごとに路線バスを利用しよう」、そう決めています。

 でなければ、“閉店前の蕎麦屋”になっちゃいますよネ。

 

 

(※)“閉店前の蕎麦屋”とは … 閉店前の蕎麦屋さんの茹で釜は、売り切れでお湯だけの状態。転じで、「湯=言うだけ、実行力のない人間だ」とする批判めいた表現。フォークグループ、海援隊のボーカル・リーダーの武田鉄矢が代表曲『母に捧げるバラード』の中で子供時代に母親から叱責を受けた場面を語る際の母親が放った叱責フレーズ。『母に捧げるバラード』がヒットした当時、流行語となっています。

| - | 23:52 | comments(0) | - |
富士市政上で最大のビック事業、新環境クリーンセンター視察記

 富士市の単独施設としては投資額で最大規模となる新環境クリーンセンターが、大淵字糀窪地先に、ほぼ完成。10月4日に予定されている落成式を前に、きょう8月27日、市議会議員に向けての視察会が開かれ、参加しました。

 建設費だけでも軽く200億円を超えるだけに、視察感想は「凄い!」です。

 工場棟のほか、『ふじさんエコトピア』と命名された循環啓発棟や、『ふじかぐやの湯』と命名された余熱利用棟を併設しており、今後、これらの併設施設の利用が注目されます。

 

ブログ1 新環境クリーンセンターtop_img.png

 

ブログ2 地図.gif

            ●印が建設場所です

 

 新環境クリーンセンターは、可燃物(燃えるゴミ)を焼却処理する公共施設で、現在、広見地区にある環境クリーンセンターが耐用年数を迎えたことから取り組んだもので、着工(安全祈願祭)は2017年6月でした。

 工事を担っているには川崎重工業グループ(川崎重工業蠹豕本社を代表企業に蠕舒譱函↓螳羹仭函↓螢轡鵐の4社で構成)。これに協力企業として螢函璽織襯瓮妊ア開発研究所と螢リーン工房が加わり、進められてきました。

 工事請負額は226億8000万円。このほか20年間の運営管理業務が145億8000万円。合計額は用地費を除き実に372億6000万円に達しています。

 

 敷地面積は約7万5000平方叩9場棟、循環啓発棟、余熱利用棟の3棟で構成されており、広大な敷地と建築物の全体像をとらえるにはドローンを飛ばしての空撮が必要なため断念。ここではパンフレットに掲載されていた完成予想図をアップしました。

 

 処理能力は1日250鼎如現環境クリーンセンター(300邸砲茲50鼎慮此3堂板蹐覆匹らのごみの排出削減が命題となる新環境クリーンセンターの誕生です。

 

 工場棟の視察では、125釘牡陲料艦続焼却式ストーカ炉への搬入行程や燃焼管理、燃焼エネルギーを利用しての発電装置などの説明を受け、北に霊峰富士、南に駿河湾を望めるデッキも訪れました。

 

ブログ4 IMG_3017.jpg

 

ブログ3 IMG_2961.jpg

 

ブログ5 IMG_2978.jpg

 

ブログ6 IMG_2986.jpg

 

ブログ7 IMG_2996.jpg

 

ブログ8 IMG_2998.jpg

 

ブログ9 IMG_2972.jpg

 

 このあと、環境啓発棟、余熱利用棟を視察。温浴施設である余熱利用棟には休憩室のステージ付き大広間や個室の扱いとなるカラオケルームも。

 

ブログ10 IMG_3004.jpg

 

ブログ11IMG_3023.jpg

     余熱利用棟(温浴施設)には富士山の壁画が…

 

ブログ12 IMG_3025.jpg

 

ブログ13 IMG_3030.jpg

 

ブログ14IMG_3020.jpg

 

ブログ15 IMG_3037.jpg

 

 この新環境クリーンセンターは、市内の家庭や事業所から排出される一般廃棄物を効率的かつ適正に処理するだけでなく、「安全と安心を約束する資源循環パーク」を基本理念として富士市の循環型社会形成及び低炭素社会形成に向けて中心的な役割と機能を有する施設とされています。

 具体的には、ごみ焼却は空気や水を汚さずに自動燃焼制御装置で燃焼の安定化を図ることで環境保全を推進。また、持ち込まれた資源ごみは選別・保管し、剪定枝は破砕処理しチップやミンチにして資源化。まだ使える家具類は修理・再生を施して再利用を目指すことになっています。

 

 25万人都市の富士市にとっては、極めて重い財政負担の新環境クリーンセンターなだけに、ぜひとも有効活用120%の意気込みをもっての運営を願いたいものです。

| - | 21:29 | comments(0) | - |
無料アプリを活用した富士山スタンプラリーを実施中です

 富士市長は、8月に『富士市デジタル変革』を宣言。「市民サービス」「地域活性化」「行政経営」を3つの柱に急速に進化するデジタル技術を最大限に活用して暮らしの質や価値を高め、安心で豊かなまちづくりに進めよう…が狙い。

 この市長の宣言に「賛同、呼応して…」かは「ハテナ?」であるものの富士市をはじめ富士宮市、御殿場市、裾野市の4市の観光推進機関が共催してスマートフォンを使用してのスタンプラリーが8月1日から10月4日を期間にして行われています。

 

 正式名称は『スマホDEしずおか富士山スタンプラリー2020』。

 クラウド上に登録されているコンテンツ情報を表示するための無料アプリ「COCOAR2(ココアルツー)」を利用しての取り組み。

 

「世界遺産コース」「4市周遊コース」の2コースを用意。「世界遺産コース」には7カ所、「4市周遊コース」には4市合計で20カ所のスタンプ(マーカー)ゲット場所が設定されています。

 

 応募者には、地場特産品の景品を用意。ただし、応募者多数の場合は抽選。当選発表は「景品発送をもって代えさせていただきます」とのことです。

 

 チラシの配布を受けましたので、コース別に利用方法やスタンプゲット場所をアップしました。

 ゴチャゴチャとした注意事項もありますので、詳しくは共催団体の一つ、富士山観光交流ビューローのウェブサイトに組み込まれている最新イベント情報をご覧下さい。

https://www.fujisan-kkb.jp/index.html

 

ブログ20200811ナンバー120200811.jpg

 

ブログ20200811ナンバー1の20200811.jpg

 

ブログ20200811ナンバー220200811.jpg

 

ブログ20200811ナンバー320200811.jpg

 

ブログ20200811ナンバー3の220200811.jpg

 

ブログ20200811ナンバー420200811.jpg

 

ブログ20200811ナンバー4の220200811.jpg

 

ブログ20200811ナンバー520200811.jpg

 

ブログ20200811ナンバー5の220200811.jpg

 

 問い合わせも富士山観光交流ビューロー(筍娃毅苅機檻僑粥檻械沓沓供法

| - | 12:11 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT