<< 原発推進の奇々怪々 | main | あすから議員セミナーに参加します >>
熱中症でダウン
 

居間でゴロリ、「さて、寝るか」と起き上がった途端の昨夜(8月1日)午後1158分、グラリ。「東海地震か」と思い、大声で家人に「外へ逃げろ」。

揺れは、すぐに治まり、テレビ速報は「震源地は駿河湾で震源の深さは約20繊地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定」。
 その後のニュースで「フィリピン海プレート内の地震で、プレート境界で起きる東海地震とは、直接、関係ない」。

 

それでも静岡市などが震度5弱。富士宮市が震度4という中、富士宮市より震源地に近い富士市は、なんと震度3。

これまでと同様、なぜか富士市の震度は低く、多分、震度計の設置場所の関係かも。この状況、富士市は大渕や吉永にも震度計を設置することになっています。

 

この地震により、なぜか寝付かず、まどろんだころ、もう夜明け。

 

しかし、「4日から公務主張、きょうは頑張らなくては…」と早朝から8月1日付けで発行した後援会だより&議員活動報告ニュース『ライフライン』の配布をマイカー(ままチャリ)に乗って開始。


    
  

    マイカーでの自宅出発時は元気ハツラツでしたが…

 

業者に委託しての配送が多いのですが、居住区については、道路や河川事情、それにカーブミラー、カードレールなどの交通安全策のチェックを兼ね、毎回、手配りと決め、それを実行。『ライフライン』は年二回ペースでの発行。で、年二回の修行といったところです。

 

もちろん、この手配りには経費節減の狙いもあります。

 

きょうは手配りの二日目。居住区は世帯数が多く、面積も広く、加えて高低差のある地形。マイカーの使用は限定され、徒歩も多し。

「熱中症に気を付けなければ…」とスポーツドリンクを持参、時々、休憩したものの、午後3時過ぎ、マイカーに乗っている時に眼前が暗くなり、吐き気も。「これって熱中症。ヤバイ」。マイカーから降り、しばらく、その場でしゃがみこんでいました。

 

 子供達の集団が通りかかり、「おじさん、どうしたんですか」と声を掛けてはくれず、早足で通り過ぎるだけ。

 

 この場面だけでなく、子供達に「こんにちは」と声を掛けても返答はなく、逃げるように立ち去ることがほとんど。これが今の地域社会の現実。変質者の出没が相次ぐだけに「見知らぬ人に声を掛けられたら相手にせず、すぐ逃げる」、これは子供達にとっては「専守防衛」といったところかもしれません。

 

 ようやく風景が鮮明によみがえり、「きょうは、ここまで…」と自宅へ。丁度、下り坂のため、顔面を去りゆく風が心地よく、自宅に戻る段階では気分もスッキリ。

 

「酷暑に加えて、きょうは寝不足だから」とは思ったものの「市議5年目、着実に体力が衰えている証左か」なんて思いも。つまり、オジサンからオジイサンへ。出るのは「あ〜あ」のため息。

 

 こんな日は、一杯ひっかけて寝ちゃいます。

| - | 22:15 | comments(1) | - |
コメント
ご無沙汰しております。
連絡が遅れましたが、定期購読書(後援会だより・ライフライン)を一足先に拝読させて頂きました。
同じ会派(耀)の小野議員より頂戴しました。
小野議員とは市民活動(富士市STOP温暖化地域協議会)を通して知り合いになりました。
後援会便りを定期的に発行することは、非常に労力がかかり私だったら無理ですが、さすが前職のキャリアとパワーで今後も継続して頂きたいと思っています。
選挙のときだけ『お願いします』の連呼で終われば無しのつぶての議員を目の前にしている様を見ると、海野さんの地道な議員活動を後援会だより・ライフラインの発行更には議員活動報告会にて後援会の皆さんと対話することに対し好印象を与えていると思います。
今後も益々の活躍祈念します。
| 竹下です | 2011/08/05 8:21 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT