<< 富士市の青少年の船、継続へ | main | 敬老の日に… >>
鷹岡中学校運動会&富士ミューズコンサート&庄司博彦写真展
 

 きょう918日の日曜日、休みではなく三件の招待状を受けていたことからフル回転でした。きょうのブログは、市議の日曜日を紹介…。

 

 早朝から陽射しが強く、きょうも真夏日になること確実。「一段と地球の温暖化が進んでいるのかな」と思いながらスーツ、ネクタイを着用して所在区の鷹岡中学校へ。悪天候で順延となった「第65回運動会」に来賓としての出席でした。

 

 車から降りたら、すぐにドッと汗が…。ラフな服装で出向きたかったのですが、以前、「スポーツ行事だから」とポロシャツ、綿パンで出掛けた際、「市議会議員は市民の代表。来賓らしい服装を。軽すぎる」と叱責を賜ったことによるスーツ、ネクタイの着用…。で、「あ〜あ」(この後は、ご想像で…)。

 

 来賓席へ。開会式の開始を待っていると生徒会役員の生徒が来賓席前に一列に整列して、ぺこりと頭を下げて、なんと「ご出席、ありがとう、ございます」。海に例えれば、「今年の鷹岡中は波静か」。


 しばらく見学させてもらったのですが、開会式前の一場面が、そのまま開会式、競技にも続き、規律のある、そして元気のある運動会。看板に掲示された今年のスローガン、『鷹中魂(たかちゅうソウル)〜熱狂・鼓動・感動〜』が輝いていました。


 

          競技開始前のストレッチ体操


 

         盛り上がった徒競争


 

      看板に掲示された今年のスローガン

 

 この後、ロゼシアターへ。

 

 小ホールで開かれたフルート演奏集団、富士ミューズフルートアンサンブルの「第28回定期演奏会」を鑑賞。

 三部構成で、指揮はアンサンブル代表の茅原初子さん。第1部では、モーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』を第1楽章から第4楽章までの全楽章を演奏。感激、感動。そしてプログラムに記載されていた曲紹介から『アイネ・クライネ・ナハトムージ』が『小さな夜の曲』という意味であることも初めて知り、驚きでした。知っていましたか…?

 

 続いてロゼ展示室へ。

 

 非営利活動ワールドチルドレンフォトプロジェクトとロゼの運営・管理を担う富士市文化振興財団共催の写真展『地球が教室 平和にピント! 世界の教え子』を鑑賞。

 

 この写真展、富士市富士見台在住で、フジ写真事務所代表、フォトジャーナリストの庄司博彦さんがプロデュース。世界各地の被災地や紛争地を訪問し、現地の子ども達に使い切りカメラを渡し、その子供たちがショットした写真を紹介。「家族の団欒や、友達の笑顔を子供自身がショット、その作品で子供たちの心の傷が少しでも癒されるのでは…」、そんな思いからの企画。

 作品群からはタイトルに相応しいメッセージが伝わってきます。

 

 東日本大震災復興支援に位置付けての開催で、緊急特別企画『前を向いて歩こう〜被災地の中学校からのフォトメッセージ〜』と、庄司さんの写真展『取材ノートから〜ワレラ地球人〜』も同時開催。

 

 今月25日(日)までの開催。午前10時〜午後6時。最終日の25日は午後5時で終了。入場無料。


 

           写真展の会場


 

     庄司さんの写真展コーナー

 

 この後、昼ごろに携帯電話で知人から「すぐに来てほしい」との依頼事に対応。

 

 その依頼事とは…。


 8
月末の集中豪雨で生活道路の法面(斜面)の一部が崩壊。今後、大規模に崩壊して道路が塞がれる不安がある。区を通して対策を求めたものの、市担当課の現地調査の結果は、「私有地と判断されるので地主に対応を求めてほしい」。しかし、私有地か官地かの区別がはっきりしない箇所。地元としては待っていられない。地元の業者が好意で崩壊拡大の一時的な防止策を施してくれたが、依然、大規模崩壊の不安を抱えんでいる。現地を把握して、市議会議員の立場から緊急事態であることを市に訴えてほしい…といった内容。

 

 すでに区を通して崩壊対策を求めたものの市担当課が「ダメ、地主に…」の判断を下しているだけに「厄介だ」と思いつつ現地へ急行。
 現地視察の感想は、「私有地であっても大規模な崩壊に至った際は生活道路が塞がれ、さらに水路も塞ぐような事態ともなれば大変なことになる」。
 で、知人には「緊急災害防止対策として対応できないかを市に求めてみます」と回答。

 

 このところ、財政難を盾にしての市のガードが強くなっていることもあって未解決のままの難題が相次いでおり、また一つ難題を抱え込んだものの、「やるきゃない。イケイケドンドンで取り組むぞ」と士気を鼓舞して帰宅の途に…。


 

       先日の豪雨で法面が一部崩壊した生活道路

 

着いた狭いながらの楽しい我が家は、真っ黒闇。再び「ああ…」で一日が終わることになりそうです。

 

| - | 23:18 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT