<< 膝がガクガク委員会視察&市民大学 | main | 今年も我が家にハロウィンがやって来ました >>
富士市スポーツ祭開会式&体育協会表彰式

                     秋の富士山

 富士市と富士市体育協会(金刺靖男会長)による『第45回富士市スポーツ祭開会式&平成23年度富士市体育協会表彰式』が1028日夜、同市蓼原のロゼシアターで開かれ、新体操協会の会長として出席しました。

 

 富士市体育協会は、現在、37団体が加盟し、その会員登録数は2万7,000人余、県内で3番目の会員数を誇っています。新体操協会は、平成213月の協会発足とともに体育協会に加盟した“新参団体”です。

 

 スポーツ祭は体育協会加盟団体単位で大会を開催。本年度のトップは野球で79日に開幕、ラストは来年129日開催のスキーとなっていますが、10月に大会が集中、加えてシーズンの成績をもとにした優秀選手や団体などの表彰も組み込むことから、毎年、この時期に開会式を開催しているようです。

 

開会式で挨拶に立った金刺会長は、「競技力の向上だけでなく、スポーツを通して生涯学習を推進、さらに青少年の健全育成にも取り組んでいこう」と呼び掛け、スポーツの持つ力の多面性に目を向けての協会運営に取り組むことを要請、さらに今年初の試みとして『感動の写真展』を開催したことや、1123日には八つの武道関係の協会が連携しての『第1回演武会』が開かれることなども報告しました。


 

      開会式で挨拶を述べる金刺会長

 

開会式に続く表彰式は、体育功労者表彰、優秀選手・団体表彰、奨励賞選手・団体表彰から成り、このうち体育功労者表彰では、鈴木章平氏(ボウリング協会)、矢義烈氏(ソフトボール協会)、増田治正氏(陸上競技協会)、吉野徹氏(バスケットボール協会)、本谷島作氏(バレーボール協会)の五人が栄誉を担いました。


 

      体育功労者表彰に浴した皆さん

 

今シーズン中に県や全国レベルで一定の成績を残した個人・団体に向けての優秀選手・団体表彰及び奨励賞選手・団体表彰の受賞者は100個人・団体を超え、スポーツ都市・富士市を実感。新体操協会では、富士南中新体操部が優秀団体表彰、仲神華音さんが奨励賞選手表彰、R...富士が奨励賞団体表彰を受賞しました。

 

この開会式と表彰式で感激、感動した場面が幾つかありました。

 

体育功労者表彰を浴した五人が、それぞれ感想の一言。その一人の方が「この年齢で、こうした表彰に浴して感無量」と涙声で述べ感激。

優秀選手・団体表彰や奨励賞選手・団体表彰では、小中学生の空手、少林寺、陸上などの選手が、それぞれのユニフォームで臨み、元気ハツラツな声、姿勢とともに感動。さらに「最近の子供たちは覇気がない、などといわれるが、ことスポーツに限っていえば、そんなことはない」も実感。


         ユニフォームで表彰式に…
 

このほか、開会式、表彰式ともに会場案内からはじまって司会、進行が素晴らしく、司会者が保護者に向けて伝えた「表彰式で写真、ビデオ撮影をしても構いません。ただし、座席にてお願いします」といった気配りも含め、「こんなところにも体育協会の団結力というスポーツの持つ力が示された」と感激、感動。自分の立場は、枯れ木も山の賑わい、あるいな拍手要員でしかありませんでしたが、スポーツを超えた未来を切り拓くエネルギー、そんなものも受けたてきました。ちょっと大げさかもしれませんが…。


     
客席には、カメラ、ビデオを手にした保護者が…
 

冒頭の富士山写真、中央公園の駐車場からロゼに向かう『ロゼの架け橋(早い話、歩道橋)』からショット。別段、なんの意味もありません。秋の富士に心惹かれるものがあり、シャッターを押しただけのことです。

| - | 17:46 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT