<< 消費税率引き上げの一体改革素案が決定 | main | 沢選手、佐々木監督の前途は…? >>
2012富士市の出初式&成人式
 

 1月8日に平成24年の富士市の「消防出初式」が市庁舎北側駐車場と市庁舎南側の青葉通りを会場に、「成人式」がロゼシアター大ホールを会場に開かれました。


 市議会議員にも案内状が届いていたことから出席、枯れ木の山の賑わい役を担ってきました。

 

「消防出初式」は午前8時30分に開始。厳寒の中での式典、続いて分列行進、消防演技、最後は一斉放水で締めくくり、富士市の消防力を市民に披露しました。



                 規青葉通りでの分列行進


       行進では各種消防車両も披露


          規律訓練の演技披露 


          小型ポンプ操法の演技披露 


      出初式最後を締めくくった「一斉放水」 


写真コンクールを組み込んでいるため
             各ポイントではカメラの放列が…


 一方、「成人式」は午後2時に開始。「消防出初式」の終了後、ロゼへ。時間は正午。まだ、開始まで2時間もあるのに、晴れ着姿の新成人がチラホラ。富士山をバックに記念撮影など、ほのぼのとして雰囲気でした。


          富士山をバックに記念撮影

 
 その後、続々と訪れ、ロゼ周辺は新成人で埋まり、女性は、ほとんどが大振袖の着物、今年は紋付、袴の男性も多かったことから「おお、日本文化だ」と思ってしまう情景が広がっていました。

 

 しかし、その中には厳しい目つきを警備員や担当職員の姿も例年になく多く、『飲酒しての入場はお断り』の看板もあちらこちらに…。「きょうはハッピー」てな感じの新成人とは対照的に主催者である富士市のピリピリ感が伝わってきました。

 

 昨年、飲酒しての入場があり、その一部がステージを占拠してアトラクションの進行を妨害という“事件”も。で、今年は警備を強化、飲酒しての入場も厳禁の措置をとったためです。

 

「一度あることは二度あるかもしれない」と予測してか、今年は報道関係者の姿も多かったようです。

 

 昨年のような“事件”は起きず、関係者は「ヤレヤレ」だったかもしれませんが、自分は、「成人式」に出席して複雑な思いでした。

 

 “事件”は起きなかったものの、今年の「成人式」も開始時間になってもダラダラと入場。国歌斉唱の際に司会者は起立を求めたもののすぐに立とうとはせず、わずか30分程度の主催者式辞、来賓祝辞、記念品贈呈、「二十歳の誓い」と続く式典中、会場全体に私語が飛び交い、一瞬とて静粛空間はなし。

 

 第1部に続く第2部では、お笑いコンビのタイムマシーン3号によるアトラクションが行われたものの、この第2部でも私語は止まず。

 

「厳粛な雰囲気の中で新成人を祝いたい」という主催側の期待は、今年も見事に裏切られた「成人式」でした。

 

この「成人式」に対して「公費の無駄遣い。中止した方がいい」という意見もあります。

 

「予算の採決権を有する市議として、どう思う」と問われれば、「大改革すべき」が回答です。

 

 今年の「成人式」では、実行委員会の委員を担った男性3人、女性4人の計7人の新成人者が「二十歳の誓い」を担当。ステージ上から、それぞれ二十歳の誓いを述べ、その中の一人は「普通でありたい」と述べました。多分、東日本大震災からの教訓ともいえる普通の生活の尊さを見詰めた将来の夢であろうかと思いました。

 

 実行委員会の委員を担い、当日の進行、そして「二十歳の誓い」の大役も担った立派な新成人がいる以上、祝いの場である「成人式」は継続すべき。ただし、主催者責任において30分かかろうと、1時間かかろうと会場が静粛になるまで開演ベルは鳴らさない。途中、私語が飛び交い騒然となった場合は式典を中断、そうした根性と勇気をもって「成人式」に臨むべきだ、と自分は事あるごとに主張しているのですが…。皆さんは、どう思われますか…。



| - | 21:57 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT