<< 会派研修で九州に出掛けます | main | あれこれ考えさせられた九州視察 >>
「新春ひょうたん展」が開かれています
 

「海野議員、必ず来てちょう」と言われたのが先週の日曜日、来賓として招かれた所在区の老人クラブの新年会でのこと。

「来てちょう」と言われたのは、富士市天間まちづくりセンターを会場に今月20日(金)から22日(日)まで開かれる富士天間ひょうたん会(漆畑博三会長)の「新春ひょうたん展」。「会員」とのこと。で、初日の20日は九州に公務主張中だったため、きょう21日午後、出掛けてきました。

 

 富士天間ひょうたん会は平成元年に発足。作品づくりは種まきから。技術の研鑽に励み、一つ一つ違うひょうたんの形も活かして独創性、感性豊かな工芸作品に仕上げています。

 

会場には、会員45人の力作が並び、作品からは「創る楽しさ」、そうしたものも伝わってきます。

 

会員作品のほか、会員が種まきから栽培、収穫、加工まで指導した天間小学校4年生の作品コーナーも設けられています。

 

最終日となる、きょう22日は「ひょうたん祭り」を開催。午前9時から午後3時まで。「午前十時から会員作品が当たる三角くじや和紙貼り体験、甘酒のサービスなどを予定している」とのことです。

 

以下、会場の状況を写真で紹介。寒い日が続きますが、作品と会員の歓待が心をホッカホカにしてくれます。出掛けてみませんか…。


          会員の力作が並ぶ会場


  ひょうたんの種類もさまざま、ビッグひょうたんの作品


       会員の独創性、感性が光る作品


        ひょうたんランプの作品も…


  こちらは会員が指導を担う天間小学校4年生の作品コーナー

| - | 23:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT