<< 緊急事態基本法の制定求める意見書提出請願は継続審査に… | main | イベントの春到来 >>
なんでも富士山&天間梅まつり、そして…
 

 なんでも富士山2012

 

 2月23日が『富士山の日』って知っていますか…。 

 

 山梨県富士河口湖町(当時は河口湖町)が200112月に「富士山について理解を深め、景観保護活動などを促進させる」を目的に2月23日を『富士山の日』とする条例を制定。

これに続いて川勝平太知事の発案で200912月に静岡県議会が「富士山の世界文化遺産登録に向けて県民運動を盛り上げよう」と2月23日を『富士山の日』とする条例を全会一致で可決、1225日に公布。条例では、「世界に誇るべき国民の財産であり、豊かな恵みをもたらしている富士山について理解と関心を深め、後世に引き継ぐことを期する日」と位置づけています。

 

 では、「なぜ2月23日が『富士山の日』なのか」。条例制定時、富士川口湖町は、その理由を「2(ふ)2(じ)3(さん)の語呂合わせ」とし、遅れること8年後に制定の静岡県も、それに倣って2月23日を『富士山の日』としています。

 

あまり意味がない設定理由ですが、「まあ、富士山がよく見える、この時期が『富士山の日』で良かった。梅雨時期じゃ困るじゃないか」です。


 

 富士市松岡のかりがね堤からショットした、きょうの富士山
    (自分が推奨する富士山ビューポイントです)

 

さて、静岡県の『富士山の日』の条例制定以降、上意下達的に県内では県だけでなく市町でも、『富士山の日』を中心に、さまざまな富士山賞賛の記念イベントが行われています。

 

富士市でも、きょう2月18日、ふじさんめっせ(富士市産業交流展示場)で記念イベント「なんでも富士山2012」が開幕しました。あす19日(日)までの開催。午前10時〜午後4時まで。入場無料。

 

会場では、富士山のふもとでつくられた「富士ブランド認定品」や「富士山ひらら」「富士つけナポリタン」など地場産品の展示販売をはじめ「富士山百景写真展」「富士山紙ヒコーキ工房」「富士山おむすび計画キャラクターむすびんぬり絵展示」「富士山へのメッセージを書こう!」など。

このほか、ナポリンエンジェル隊によるダンス「ボンジョルノ ナポリン」(午前11時〜)、「富士山ひらら早食い大会」(午前1130分〜)「3輪車 富士山の日グランプリ」(午後零時30分レーススタート)、さらに、共催事業として午後1時から「富士山検定上級試験」も。

 

 

あす19日、天間梅まつり

 

あす19日(日)には、天間まちづくりセンターで「天間梅まつり」が開かれます。まちづくり事業の一環として同地区のまちづくり推進会議が、毎年、梅の開花時期である、この時期に開いているもので、今年で25回目。午前10時から午後2時40分まで。雨天決行。

 

「なぜ、天間地区が梅まつり…?」については、天間が梅の里づくりを目指しているためで、天間天満宮など地区内に梅の木の植樹を重ねています。

 

 天間地区は、自分の所在区(鷹岡地区)の隣接地区。とあってまつりの招待状が届いていますので開会式に出席する予定です。

 

 

ジュニア新体操教室が終了

 

 きょう2月18日午後、富士川体育館へ。自分、海野しょうぞうが会長を仰せつかっている富士市新体操協会が富士市教育委員会から受託を受けた「ジュニア新体操教室」の開講式に出席するためです。

 

教室は、新体操の普及を目指し、協会発足3年目の本年度、初めて取り組んだもので、昨年9月から4回にわたって開催。年長児から小学生まで20人余の申し込みがあり、会場確保などの関係で教室間の期間が一カ月余と長ったことから「半数程度が最後まで残ってくれれば…」と思っていたのですが、ほぼ全員が最後の教室に参加してくれました。


 

    きょうはボールを使っての演技を仕上げました


 

     ラストのポーズもバッチリでした

 

教室終了後、一人一人に修了証を手渡し、その際、「頑張ったネ」と一言添えると満面の笑みの返礼がありました。

何か、うれしくなって閉校の挨拶では、付き添いの保護者の皆さんに「富士市新体操協会には三つのクラブが加盟しており、『子供達が新体操の練習を続けたい』といったら、ぜひ、クラブに入会、新体操を続けさせてあげて下さい」とお願いしました。

 

富士市議会2月定例会が14日に開会。数字で埋め尽くされた議案書や、横文字が一段と多くなった施政方針とにらめっこの日々が続き、頭の中で数字と活字がゴチャゴチャになって処理能力不能状態(頭脳容量が少ないことも一因ですが…)となっていただけに、久々に気分リフレッシュできた、しばしの時間でした。

 

 

| - | 22:58 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT