<< 富士市西消防署の鷹岡分署の移転改築終了 | main | 今時の小中学校の入学式&放課後児童クラブの入所式 >>
津波不安が増大

「内閣府の有識者会議は3月31日、東海・東南海・南海地震の連動同時発生など想定し得る最大級の『南海トラフ巨大地震』について震度分布と津波高の推計値を発表した。静岡県内の津波高は下田市と南伊豆町が最大で25・3叩中部電力浜岡原発がある御前崎市は21・0辰箸気譟海岸部全域で2003年の中央防災会議想定を大幅に上回った。津波の最短到達時間は2分程度と示され、揺れのさなかに津波が到達する可能性も指摘した」

 

 この4月1日付け朝刊に掲載された新聞記事は衝撃的なものでした。

 

 今回の有識者会議発表の震度分布と津波高の推計値は、想定外が重なった昨年3月11日の東日本大震災を教訓に地震学や地盤構造、津波堆積物の調査、古文書解析などの最新の科学的知見を反映したもの。

 

これまで防災・減災施策にあたっての推計値は、2003年の中央防災会議が発表したもので、今回の有識者会議発表の推計値のうち想定震源域も2003年想定時の2倍に拡大、地震規模は東日本最震災並みのマグニチュード(M)9クラス。これにより、県内の最大震度分布は、震度7が2003年想定時、17市区町だったものが23市区町に、震度6強が9市区町だったものが18市町に増加しています。

 

一方、注目を集めた県内の津波高は、2003年想定時、下田市は7・5辰世辰燭發里25・3叩南伊豆町は6・1辰世辰燭發里25・3叩このほか、静岡市駿河区は5・4辰世辰燭發里10・9叩富士市は3・1辰世辰燭發里6・2辰硲院Γ看椶ら4・1倍に上昇。

 

富士市では、東日本大震災以降、緊急津波対策として海岸部に津波タワーの建設に着手。今年3月末までに最大高さ15辰了梓陲鮹太犬気擦討い泙垢、三基とも今回の有識者会議発表の津波高6・2辰鮠絏鵑辰討り、「ヤレヤレ」といったところです。

 

しかし、中部電力浜岡原子力発電所が立地する御前崎市は、2003年想定時、8・8辰世辰燭發里21・0辰箸気譟∩名紂覆修犬腓Α帽10・0辰鯀按鵑坊弉茲靴討い辛猷原発の津波対策の抜本的な修正を迫ることになりそうです。

 

中電は、最大マグニチュード(M)8・7の地震、遡上高約8辰猟吐箸襲来すると想定していたものを東日本大震災後、M9、約10辰飽き上げて対策を強化。その強化策として高さ15辰虜週崢號匹稜惴紊某靴燭帽發18辰遼蒜畔匹侶造に着手、2012年末までに完成を目指しています。

こうした中での今回の有識者会議の想定津波高21・0辰蓮⊃靴燭坊造中の防波壁を3辰眈絏鵑辰討い泙后

 

新聞、テレビなどマスコミ報道によれば、中電側は「万が一、津波が防波壁を越えても冷却機能を維持する非常用電源の設置などを講じており、安全を確保できる」としているものの、今回の有識者会議の発表は津波不安が増大しただけでなく浜岡原発の放射能漏れ不安も増大したことは間違いない、そういえます。

 

静岡県では今、「浜岡原発の再稼働の是非は住民投票で決めよう」という住民運動が動き出しています。富士市議会でも議員有志が、その住民運動への参画を協議中。自分、海野しょうぞうも参画する予定ですが、今回の有識者会議の発表に接し、その思いを強くしています。

| - | 22:45 | comments(1) | - |
コメント
推計値とはいえ、国(内閣府)が発表した値ですから、この数字は実際に来る津波として独り歩きしてしまいます。
3.11で、想定を大幅に上回った津波が来て批判をあびたため、今度はそんなことがないように、オーバーな数字を出したとしか思えません。
3.11から1年が過ぎて、外国からの旅行者もやっと戻ってきている良いムードに、水をさすのは間違いありません。
| アウトライダー | 2012/04/05 8:15 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT