<< 「議員は暇…?」への回答 | main | 吉原高校新体操団体が県制覇&フラワーデザイン展&久保田花鵬書作展 >>
自民新人の渡辺典雄氏VS民主エースの細野豪志氏は白紙に…?
 

 半世紀以上も人間をやっていると、喜怒哀楽の波長は穏やかになるようですが、今朝の購読紙1面に掲載された記事を目にして久々に「エッ〜!」の声と同時に椅子から立ち上がってしまうほど波高しでした。

 その記事とは…。

 

自民党県連の衆院静岡第5選挙区支部長の渡辺典雄氏(45)が支部長を辞任する意向を固めたことが14日までに事務所関係者などへの取材で分かった。13日付で自民県連に辞表を提出したという。関係者によると、渡辺氏の辞任理由は『一身上の都合』という。辞表提出を受け、自民党県連と第5選挙区支部は早急に協議を行い、後任の支部長候補の選考に入るとみられる」

 

 富士市が入る衆院静岡第5選挙区の現職は民主党の細野豪志氏。40代にして環境・原発問題担当相を担う民主党のエース。

一方、自民党は2009年8月の衆院選直後、細野氏に敗れた斉藤斗志二氏が引退を表明したのを受け、公募により2010年秋、渡辺氏を細野氏の対抗馬となる支部長に決定しました。

 

渡辺氏を支部長と決定した2010年秋当時、「衆院は近く解散、選挙か」との観測も流れていたのですが、311東日本大震災・福島第一原発事故もあって解散風は沈静化。そうした中でも渡辺氏は街頭で演説を重ね、ホームページ上のブログでも支援要請とともに民主党政権を厳しく指弾、自民の政権奪還に向けての意欲を発信していました。

 

こうした中で「一身上の都合」を理由にしての戦線離脱。渡辺氏は、まだ、立候補予定者であって政治家ではないものの、まさに「政治の世界は奇々怪々」です。

 

自分、海野しょうぞうは、無所属の市議であることもあって渡辺氏と個人的な面識はありませんが、衆院静岡第5選挙区に居住する地方政治家として、政党は問わずに国政を目指す「その人なり」をはじめ、「主張・政策を知りたい」と思い、ブログを通して主張・政策を見詰めてきたのですが、ここにきて、いま一つ、すっきりしないものを感じていました。

 

ブログのプロフィールには、商社勤務を挟んで三つの大学・大学院で学んだことが記され、「勉強が好きな人だ」は間違いないと思うのですが、支部長決定以降、毎日更新してきたブログが今年4月21日をもってストップ、更新がなされていません。

さらに、4月に入ってのブログには、「守らなければならない価値観や道徳はしっかり受け継いでいく。一方で、自ら何も考えず、時代錯誤の因習を鵜呑みし、外見上見た目が強そうなものに阿(おもね)り、硬直した体制や組織に盲目的に従うだけの政治家や候補者はまったく必要がない(私は無意味に隷従する存在にはならない)。そのような政治家ばかり集まった国や体制がどうなったかは歴史が証明している。世界的に見れば40歳代はすでに大統領や首相を輩出する世代である。そのような同世代に負けることがないよう今後益々精進していきたい」と記され、これを、どう理解していいか「?」でした。

 

「政党を問わず戦後の中央政界を批判。もしかしたら第三極の維新の会への参入を目指すのでは…」、そんなことも思ったりして…。

 

 渡辺氏は浜松市出身。公募に応じて自民党の衆院静岡第5選挙区の支部長に選ばれ、見知らぬ地(第5選挙区)で奮闘してきた中での辞表の提出。記事は、「関係者によれば…」で伝えていることから、「誤報では…」という思いもあるのですが、事実だとすれば、自身の口からマスコミに、またはブログで明確に理由を示すなどして説明責任を果たしてほしいものです。

 

辞表の提出を「一身上の都合」という曖昧模糊な理由だけで処理するならば、結果的に、国民の間に渦巻く政治不信を、さらに推し進める作用を生じることになる、そう思いませんか…。

| - | 20:08 | comments(2) | - |
コメント
初めてお邪魔します
この渡邊さまの一身上の都合に振り回されている
一般市民です・・

このブログもどうにか渡邊さまと連絡が取れないかと探しているところでの出会いでした

本当に富士市の為にたくさんの活動・・
素晴らしいと感動しております

まだまだ暑い日が続きますが・・・
頑張ってくださいっ
| shiromaru | 2012/08/24 12:41 AM |
渡邊さんが辞任したから政治不振になるのは
違うと思う

意味不明です

富士の排他的な体質が悪いのでは?
何の発展もない富士市に幻滅している富士市民です

政治家の皆様に希望を託しても何も動かない



人を言う前に結果を残して欲しい
若者が富士市から離れて行きます
| 意味不明です | 2013/01/06 8:24 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT