<< 富士市で、この時期恒例の水防訓練が実施されました | main | 『絵画楽』の定期展が開かれています >>
富士市商工会が新時代へ…
  4月から続いた平成24年度総会も終盤に…。22日には鷹岡まちづくりセンターで富士市商工会の「第3回通常総会」が開かれました。

「鷹岡地区居住の市議会議員」という立場での来賓として出席。開会セレモニーで紹介され、議事に入る前に来賓は退席という、いつものパターン。議事には「役員改選」とあったものの、現体制が続くものと思って会場を去りました。

が、きょう23日のローカル紙に『村松文雄会長が退任、新会長に副会長の早坂千賀夫氏就任』とあり、「エッ!」でした。同時に「富士市商工会は新時代に入ったな」、そんな思いも…。

 

富士市は、昭和4111月1日に旧富士市、旧吉原市、旧鷹岡町の二市一町合併により誕生。平成20111日には富士市が富士川町を受け入れる編入合併が行われています。

 

この行政の流れの中、中堅・大手の比率の高い商工会議所法に基づく旧富士市と旧吉原市にあった商工会議所は行政合併に合わせる形で合併し、現在の富士商工会議所が誕生。

しかし、小規模事業所の支援施策に重点を置く商工会法に基づく旧鷹岡町にあった鷹岡商工会は、二市一町合併後も、そのまま存続し、事業活動に取り組んできました。

 

自分、海野しょうぞうがローカル紙の駆け出し記者時代だった昭和50年代、鷹岡商工会は大きく揺れていました。会員数が少なく、財政面が蒲柳体質だったことを最大理由に「行政合併から10年を経過、富士商工会議所に入った方がいい」、そんな声が台頭していたためです。

当時の会長が退任を申し出た総会の場で、そうした声を受け止めた形で「時代は変わってきた。鷹岡商工会が富士商工会議所に入るか、どうかは、これからの執行部が決めてほしい」と語ったことを記憶しています。

 

財政面の蒲柳体質に加え、事務所も旧鷹岡町役場を借用という事情からも「多分、富士商工会議所に入るだろうな」、そう思っていたのですが、その後も鷹岡商工会として存続し、市有地の貸与を受けて自前の事務所も建設。富士市と富士川町の行政合併後の平成22年4月1日には富士川町商工会と合併、現在の富士市商工会という名称で新たなスタートを切っています。

 

この商工会の流れを自分は、「小規模事業所の支援施策に重点を置く商工会法に基づく商工会の良さを会員が認識したからでは…」、そう分析しています。「気軽に事務所を訪問して経営相談ができる」という面だけでなく、女性部による地域オリジナル食品ブランド「富士山ひらら」の開発・普及の取り組みに象徴されるように「小規模事業所の方々が結束して新たな分野に挑戦できる、さらには商工会活動が交流・生きがいにも連動していく、そうしたことを自覚し、誇りにしているからではないか…」、そう思っています。

 

これら会員強化を図っての新事務所の建設、新分野への挑戦、そして富士川町商工会との合併という富士市商工会の変貌・発展期にリーダーシップを発揮してきたのが会社経営と並行して会長職を担っていた村松前会長であり、よって村松体制が、「余人をもって代え難し」として今後もしばらくは続くものと観測していました。

 

その観測がはずれ、会長を退任、新たなリーダーを村松体制下で副会長として会長を支えてきた早坂氏に託したことに一抹の寂しさを覚えるものの、その一方で、潔さに、何か清々しさも感じています。

商工会は、営利を目的とする会社ではなく、商工会法に基づく経済産業大臣の認可を受けて設立されている公正な立場で事業に取り組む特別認可法人であり、「責務を果たしたら次の方に…」は、公益に供する組織として私物化を避け、新時代を切り拓くために必要なことかもしれません。

公益に供する組織でありながらトップの座に長期にわたって居座り、保身のために執行部体制の刷新も図らず、その結果、事業のマンネリ化を招き、時代への対応も遅れる、そうしたことって結構、ありますよネ。

 

本年度、早坂体制となった富士市商工会は、鷹岡地区が近代製紙発祥の地、富士川地区が源平合戦古戦場や間宿(あいしゅく)岩淵などの貴重な歴史を有することに着目、地域振興事業として県特定事業「地域資源調査事業」に取り組むことを決めています。

 

トップ交代、執行部体制の刷新も図った富士市商工会が、今後、行動力と情熱の人である早坂会長の指揮のもと、先人の築いた実績、人脈を貴重な財産とし、新たな挑戦、確かな創造への道に突き進むことを切に願っています。

| - | 23:16 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT