<< 針の筵の運動会 | main | 富士市議会6月定例会の日程決まる >>
富士市も震災がれきの試験焼却開始へ

 富士市が試験焼却する岩手県山田町の木屑(きくず)状の震災がれきが、きょう6月4日、同市大淵の環境クリーンセンターに搬入され、あす5日に焼却が開始される予定です。

 

 試験焼却量は15鼎如■鹸陲離灰鵐謄覆棒僂濆まれて鉄道で輸送されてきました。これをトラックに移し、4日に環境クリーンセンターへ。空間放射線量率などを計測し、処理基準に適合していることを確認。コンテナ周辺の空間線量率は毎時004005マイクロシーベルト。

 処理基準に適合していることを確認したことから、きょう5日、震災がれき15鼎飽貳眠椎海瓦85鼎蛤ぜて100鼎箸靴鴇撞僉焼却後の灰の線量も計測し、それらのデータをもとに本焼却を受け入れるか、どうかの判断を下すことになっています。

 

 震災がれきの試験焼却は、静岡県内では島田市、裾野市、静岡市、浜松市に続いて5例目。
 試験焼却を前に開かれた市議会全員協議会で市は、その内容、方法を報告。議員から安全面を問う意見が相次ぎましたが、鈴木尚市長は「安全面を確認するための試験焼却。本焼却を受け入れるか、どうかは試験焼却後、改めて報告」と述べ、その市長説明を議会側も了承し、4日の搬入となったものです。

 

 この市長説明は、国の発表や、「人体に影響がないレベル」とする基準がコロコロと変わる中、富士市独自で処理基準に適合しているのかを確認する必要がある、との判断によるもの。

 今後、試験焼却によって富士市独自で処理基準に適合しているのかを確認すれば本焼却に向かうことになりそうです。

 

 しかし、莫大な費用を投じて津波により倒木した樹木や家屋の角材などの木材を木屑状にして広域で焼却処理することに今一つ、スッキリしないものを感じ続けています。


 最近、注目を集めているコスト削減と現地雇用の拡大も期待できる毒物などを除いた震災がれきを再利用した『緑の防波堤』の本格導入の目途、さらには木材類の腐敗によるメタンガスや火災の発生不安、悪臭など現地における生活環境の悪化問題も含め震災がれきの広域処理に自分なりの判断を下し、意見を述べていかねば…と決意しているところです。

 

 市議会議員にも4日の搬入、5日の焼却の現地立ち会いの案内があったことから、きょう4日、環境クリーンセンターに行ってきました。

 以下、その状況を写真でお伝えしますが、金属板の塊であるコンテナに向けて空間放射線量を測定する場面を見ながら「原子力は魔法だ」を改めて実感。同時に「魔法を解く、放射能汚染を完全に回避できる術を持っていない段階で魔法を使うのは止めるべきだ」、その思いを強くしているところです。


    環境クリーンセンターで…

    
  環境クリーンセンター入口では試験焼却反対の
                  意思を示す市民団体が…


   到着した震災がれきコンテナを乗せたトラック


         調査項目を周知する看板


  到着後、金属板の塊であるコンテナに向け
                 測定器で線量を測定


    コンテナを扉を開けると木屑状の震災かれきが…


       バケツで震災がれきを取り出して…


      取り出した震災がれきの線量を測定


      処理基準適合を確認した上で焼却ピットへ


      ピット前に置かれた焼却前の震災がれき


 マスコミのインタビューに答え、処理基準の適合を確認し、
             5日の試験焼却実施を述べる鈴木市長


| - | 22:14 | comments(3) | - |
コメント
海野議員、
被災地瓦礫の受け入れにより、被災地がいわゆる借金を抱えることになるそうですね。

東京大田区の区議会議員奈須りえさんが、ご本人のブログにて、下記のタイトルで説明しています。
『コスト意識無き広域処理が被災自治体の財政悪化要因になる懸念について』
http://blog.goo.ne.jp/nasrie/e/38eedb9de9f5da8270cebbffdf117621

やっぱり被災地瓦礫の受け入れは、本当の救済ではありませんね。
富士市の瓦礫焼却、本当にやめてほしいです。

| 富士市民 | 2012/06/07 11:51 AM |
富士市民さんへ

 コメントをお寄せ下さい、ありがとう、ございました。大田区の奈須議員のブログを拝読させていただきました。
 
 今月13日に開会する富士市議会6月定例会には、市民団体「富士の子供を守る会」から震災がれきに関する陳情書が提出されており、その審査が行われます。
 審査を担うのは環境経済委員会で、小生の所属委員会ではありませんが、同じ会派で環境経済委員会に所属する議員に、審査にあたってコスト面についても質問してもらうよう依頼してみます。

 取り急ぎ、ご報告まで…。

           海野 しょうぞう 拝


| 海野しょうぞうです | 2012/06/07 11:49 PM |
海野議員、ご返答頂きありがとうございました。また、環境経済委員会の議員様に質問頂けるよう努めて頂き本当にありがとうございます。感謝申し上げます。

被災地がれき受け入れ焼却を巡るお金の動きは、全国的にも公になっておらず不満に感じます。

受け入れた自治体は補助金が得られ、被災地は借金ができるなんて本当におかしな話しです。

また富士市には、もし本格的に受け入れるならば、国からいくら補助金を受けるのか、そしてその使途は何かを公開することも必要と思います。

これからもブログを拝見させて頂きます。
ご多忙とは思いますが、お身体にどうかお気をつけてください。
今後の海野議員のご健勝をお祈り申し上げております。
| 富士市民 | 2012/06/09 11:04 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT