<< あす22日、富士まつりが開かれます | main | 富士市が12年ぶりに普通交付税の交付団体に… >>
フォトショット、富士まつり2012
 

 きょう7月22日、富士市の中心地にある中央公園と、公園前の青葉通りを会場にした『富士まつり2012』が開かれ、夕刻から繰り出した『かぐや姫絵巻』に白丁役で参加してきました。

 

 この7月、毎年、編集を担っている『鷹岡まちづくり新聞』と『会派だより・耀(かがやき)』、それに『後援会だより&議会活動報告ニュース』の発行が重なり、それなりに取り組んでいたものの、今年は浜岡原発の再稼動是非の県民投票に向けての署名活動が加わり、ちょっとヤバイ状況です。

 

『鷹岡まちづくり新聞』と『会派だより・耀(かがやき)』は、どうにか脱稿したものの、最もボリュームのある『後援会だより&議会活動報告ニュース』は「どんな記事で埋めるか…」という段階。早い話が「ほとんど手付かず」。印刷会社との打ち合わせで発行日は「8月1日」となっていながら…。

 

 あす23日は会派研修で早朝、名古屋へ。帰るのは深夜。24日は議会改革検討委員会があり、この先のスケジュールを考えると、ちょっとではなく、ほんとにヤバイ状況。

 

でも、『かぐや姫絵巻』は市民有志がボランティアで取り組んでおり、これまで市議の立場から「富士まつりの目玉にすべき」と主張。加えて丁寧な参加要請文が届き、その熱意を受けた以上、自己都合で裏切ることはできず、「エイ!」とばかりにパソコンデスクから立ち上がり、指定された時刻にまつり会場へ。

 

『かぐや姫絵巻』は午後6時30分から一時間。午後8時からまつりのラストを飾る花火大会が行われることもあって会場一帯は人、人、人…でした。そこに市民パワーを感じ、「この市民パワーが官民協調のまちづくりに結び付けば富士市は大丈夫」、そんなことも思ったりして…。

 

 以下、『富士まつり2012』のフォトショットを…。


 

人、人、人で埋まったメインステージが設けられた中央公園東側広場



    メインステージでは次々と市民パフォーマンスが…


 

富士青年会議所が紙で制作した
      かぐや姫をモチーフにしたウエルカムオブジェです


     太鼓の競演がまつりムードを盛り上げていました


 

      「お見事!」(パレード広場での竿灯)


   
     パレード広場での市民総おどりです


 

      神輿の練り歩き(旭化成の神輿です)


 

   練り歩きには、ひょっとこ男の飛び入り参加も…


 

   練り歩きの締めくくり役を担った鷹勇会の勇壮な神輿


 

 四つの場面に分かれた『かぐや姫絵巻』の
         誕生期の翁、媼(おうな)役は鈴木市長夫妻が…


 

『かぐや姫絵巻』の昇天期のかぐや姫役は、
        今年のコンテストで選ばれたかぐや姫クイーン

 

| - | 23:20 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT