<< 報告会を終了、あす早朝、北海道へ | main | 決算の事業評価2年目は11事業 >>
北海道ニセコ町などの視察から帰ってきました
 

 きょう8月29日夜、二泊三日の北海道視察から帰ってきました。

 所属会派「耀(かがやき)」のメンバー5人による先進自治体の視察、把握。
訪れたのは、訪問順に、札幌市、ニセコ町、苫小牧市、白老町の二市二町。

 

 視察内容は、札幌市は「市民防災センター」、ニセコ町は「まちづくり基本条例」「地下水保全条例」「水道水源保護条例」、苫小牧市は「リサイクルプラザ」「市民文化芸術振興条例」、白老町は「アイヌ民族博物館を通しての観光振興施策」。


          視察で訪れた苫小牧市役所前で…


 北海道内の移動はレンタカー。新人議員の藤田哲哉議員と交代でドライバー役を担ったのですが広大な地、移動距離が長く、その移動に時間をとらえ昼食はコンビニで購入したサンドイッチを車内で…。加えて視察項目が多く、北海道なのに連日30度を超える酷暑のダメージもあり、自宅に戻ってバタンキューの状態でした。

 

 視察内容は、これから報告書にまとめることになっており、後日、ブログで、その詳細をお伝えします。

 

 富士市議会は、9月定例会を前に、あれこれと会合が予定され、30日に決算特別委員会、31日に全員協議会、9月7日には地震防災対策特別委員会が開かれます。

 31日の全協の協議案件は、「岳南鉄道の存続にかかわる公的支援について」「指定管理施設の使用料(利用料金)について」「災害廃棄物の広域処理について」の三件です。

 

「夏バテ、少しノンビリ、体力回復を」なんてこと、言ってはいられない状況です。

| - | 23:48 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT