<< これでいいのか富士市の総合防災訓練 | main | 所在区の鷹岡地区でも通学合宿開始 >>
「人生いろいろあら〜な」
 

 体育会系人間ではないものの、体力には、それなりに自信があったのですが、還暦を迎えた“老い”のためか、酷暑のためか、それとも押し寄せる業務のためか、体調最悪。

 

 8月27日、二泊三日の北海道出張から帰ってきた夜から、発熱、のどの痛み、鼻水、せき、関節の痛みのかぜの諸症状。こうした時、市販のかぜ薬を服用、夜、ぐっすり眠ればかぜの諸症状とはグッドバイだったのですが…。

 

 日毎、深刻になり、そして体調最悪に…。無理をして出掛けた今夜の地区の会合では、頭痛も出てきて…。
 
 こういう時に限ってトラブルが発生し、会合終了と同時にドシャ降り。まちづくりセンターの出口から駐車場のマイカーまでは、わずかな距離。小雨になるのを待たずに「エイ!」と走り出したところ、片方の靴が脱げ、戻って履き直し、結果、ずぶ濡れに…。そこに軽自動車がバックで迫り、危機一髪で回避したものの、わが全身、カエル状態で路面に…。

 

「人生、いろいろあら〜な」です。

 

 あす9月4日から一泊二日で遠方に出掛ける私用があり、6日から8日までは所在区の鷹岡地区で初めて開かれる小学生を対象にした「通学合宿」に記録写真係や協賛事業の家庭教育講演会のサポーター役として参加することになっています。

 

 自慢することでもないのですが、自分は“ながら族”。これまでと同様、与えられた仕事をしながら体調最悪を脱出する予定。

これって、「ただ、単に病院嫌いではないのか…」といわれそうですが、半分は正解です。

 

 ところで、夜のテレビニュースでは、自民党と民主党の総裁選の行方を伝えています。

 

自民党の谷垣禎一総裁、民主党に政権を奪われた直後の2009年9月28日に総裁に就任。野党第一党の代表として、それなりに頑張り、政権奪還のチャンスが出てきた、ここにきて党内では四面楚歌。「総裁選への立候補に必要な推薦人数の確保も微妙に…」との状況に「政治の世界は一寸先は闇とはよく言ったものだ」。同時に「可哀想じゃないか」なんて思いも。

 

闇の中の魑魅魍魎(ちみもうりょう)状態の自民党と民主党の総裁選、国民が納得できる経過を示し、結果を出してほしいものです。

| - | 23:41 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT