<< どうなる浜岡原発再稼動の是非を問う県民条例 | main | 富士市長が新年度(平成25年度)の予算編成方針を示達 >>
浜岡原発再稼動の是非に民意届かず
 

 静岡県議会9月定例会は、きょう1011日、最終本会議が開かれ、中部電力の浜岡原発の再稼動の是非を問う県民投票条例案を採決、住民団体の直接請求を受けて川勝平太知事が提出した原案、県議有志が提出した修正案ともに否決、現時点において再稼動をめぐる県民投票は行われないことが決定しました。


 

  原案、修正案とも「否決」を伝える夕刻のテレビニュース


     投票の様子(県議会本会場)=NHKテレビから

 

 県議会の採決結果は、「投票実施時期を条例施行後半年以内、投票資格を18歳以上」などとした原案は議長を除く県議65人が全員反対し全会一致での否決。投票実施時期を「国が再稼動検討時」に変え、投票資格を「20歳以上」などとした議員有志提案の修正案は反対48人、賛成は17人にとどまり反対多数での否決でした。

 

 県議会の過半数を超える最大会派の自民党改革会議が原案、修正案ともに反対方針を示していただけに、夕刻のテレビ各局が伝える「原案、修正案ともに否決」には、それほど驚きはしませんでしたが、県民投票実現に向けて署名活動に参画してきた者として、なんともやりきれない、寂寥感、そんなものが残っています。

 

 昨年の3・11東日本大震災による福島第1原発事故以降、原発については、すでに今年3月27日、大阪市議会が関西電力の原発稼働の是非を問う住民投票条例案を否決、6月20日には東京都議会が東京電力の原発稼働の是非を問う住民投票条例案を否決していますが、大阪市議会、東京都議会ともに原発そのものの是非論での否決。

 

 これに対して浜岡原発は、事故発生後の2011年5月6日に菅直人首相(当時)が中部電力に全面停止を要請したことで示されるように、東海地震の震源域に立地し、断層面からも「安全性に問題がある」とされており、県民投票条例を直接請求した住民団体「原発県民投票静岡」(鈴木望代表)は、原発そのものの是非論だけでなく立地も含めての安全性を問う狙いもあっての取り組みでした。

 

 自分は、「県民投票実施により、国のお抱え専門家だけでなく、多くの専門家の意見が浮上、間違いだったが許されない原発問題に、間違いのない選択ができるのでは…」、さらに「重大な事案である原発問題は、住民から選ばれた代表とはいえ少数の政治家だけで決着すべきではない」などから署名活動に参画してきました。

 

 しかし、県議会での審議は、知事も含めて実施時期や投票年齢など入口部分での形式論に終始。浜岡原発特有の立地を含めての原発の安全性の議論に踏み込まないまま、政治の舞台での絶対的権力である数という力をもって否決の断が下されました。

 

 ただ、県議会の過半数勢力の自民改革会議は、否決した説明責任を果たし、反対理由を発表しています。反対理由のポイントは次の三点です。

 

   原子力政策が住民投票で左右されるのは妥当でない。

   「市町の協力が得られない場合、投票せず」としているが、判断を市町に委ねるのは不適切。

   修正案では「国が再稼動の検討を始めた時を投票時期」としているが、検討実施の時に条例を議論すべき。

 

だけをとらえれば、「今回の原案、修正案への否決は、全面的に浜岡原発の再稼動の是非を問う県民投票を否定したものではない」と受け取ることができます。

 

また、約16万5千人もの賛同署名を集めて直接請求した住民団体「原発県民投票静岡」の鈴木代表は、突き付けられた県議会の「否決」の結果に、浜岡原発再稼動の是非を問う県民投票実施に向けての運動継続には費用面、労力面から限界があるとして団体解散の意向を示し、その上で条例案に賛成意見を付した知事に知事判断をもっての県民条例案上程の期待を託しています。

 

否決、そして住民団体が解散となっても「重大な事案には県民として意思を表明したい」と署名した約16万5千人もの思いは消えるものではなく、「それほど遠いことではない」と観測される国が再稼動の検討を開始した際には、約16万5千人の思いを受け止め、浜岡原発特有の立地を含めての原発の安全性と重大な事案に対する県民投票条例の必要性の議論を重ね、県民が納得できる結果を出してほしいものです。

 

| - | 22:07 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT