<< 晩秋の富士市内のお勧めイベント | main | 富士市議会の2年目の議会報告会スタート >>
第26回富士市消防まつりが開かれました

 きょう1111日、富士市庁舎北側駐車場で「消防まつり」が開かれました。秋の全国火災予防運動(11月9日〜1115日)における行事の一環。その目的を「火災のない明るく快適な“安全都市・富士市”を築くために市民と消防が心をふれあい、相互に理解と認識を深め、市民生活の中に根差した防火体制の確立を目指す」とし、消防本部や消防団、防火協会など消防関連機関が実行委員会を組織して開催、今年で26回目を迎えました。

 

 会場には、展示、体験、子供などのコーナーが設けられ、さまざまな切り口をもって消防事業・活動への理解と認識を求め、このほか消防音楽隊・カラーガード隊によるドリル演奏、消防クイズ、投げ餅、さらに消防団による分団単位の出店も…。


 

    「ぼくも消防士だぞ!」、(記念撮影コーナー)


 

   消防音楽隊・カラーガード隊によるドリル演奏です

 

 雨こそ降らなかったものの初冬を実感させる寒い一日。消防団による分団単位の出店では、その天候により明暗があり、うどんやラーメンの店は大忙し、これに対してかき氷の店は閑古鳥。「気の毒」と思ったものの、年齢それなりに「胃腸に負担が少ない冷たい物より温かい物を…」とあって買い求めることは……。

 

 この「消防まつり」、確か消防団員の確保などを狙いにした消防団活性化五カ年計画とともに登場、今では晩秋の富士市の一大イベントとなり、家族連れを中心に今年も多くの市民が来場、まつりを楽しんでいました。

 

 ただ、消防団員の確保は依然として苦戦状態。イベントを通して消防事業・活動への理解と認識を求めていくのは、それなりの成果はあるものの、今後は県レベルで取り組みが出始めている消防団活動に協力している事業所に事業税減税をもって支援する「消防団活動協力応援減税制度」の普及と充実をはじめ、団員家庭への支援とする個人税減税などにも取り組むべきではないか…、そんなことを思っているのですが…。

 
| - | 23:34 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT