<< 地域防災訓練が行われました | main | 富士ばら会が2013年カレンダー >>
衆院選がスタート

 きょう12月4日、「第46回衆院総選挙」が公示され、16日の投開票に向けて主要12党が12日間の選挙戦に突入しました。

 

 民主党政権の継続か、自民、公明両党の政権奪還か。日本未来の党や日本維新の会など第三極が躍進すれば二大政党体制にも影響を及ぼすことになりそう。

 政権交代が最大の争点だった前回衆院選から3年余。東日本大震災後、初の本格的な国政選挙は脱原発や憲法問題、消費増税、景気対策などを争点に激しい論戦になること必至です。

 

 さて、富士市の選挙区は静岡5区。第三極の嵐は持ち込まれず、立候補者は届け出順に次の四氏。

 

 吉川  赳 (30) 自民新

 細野 豪志 (41) 民社前

 大庭 桃子 (56) 共産新

 石下 久雄 (58) 無所新

 

実施的には自民、民主の二大政党のガチンコ勝負に…?。

 

 衆院選は日本国の針路を決める重要な選挙。自分、海野しょうぞうは、市議就任以来、無所属で党籍も有していません。決して自慢できることではなく、「なりそう」など傍観者的な対応ではなく、地方議員として国政選挙に関心を持ち、「この候補者、この政党を支持・支援」と決め、動かなくてはならない、そう思いつつも今回選では各立候補者の公約などの情報入手につとめている段階です。

 

 裏切り、落胆、離合集散などが国政の代名詞となっていますが、それでも国政への期待を失わずにいたい、そう思っているのですが…。

 

| - | 23:44 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT