<< 富士市新体操大会&鈴木道雄陶画色紙展 | main | 薬害と闘い続けた島田直さん逝く >>
師走でてんてこ舞いです

 陰暦12月の異称は師走(しわす)。この師走の語源は諸説があり、その一つは「12月になると、家々で師(僧)を迎えて読経などの仏事を行うため、師が東西に忙しく走り回るため師馳(しは)せ月といったものを誤ったもの」。

 

 いずれにせよ師でなくとも年の暮れは何かと忙しいもの。自分も、ここ数日、てんてこ舞いで、これが大晦日まで続きそうです。

 

「定例会も終わり、市役所も29日から1月3日まで年末年始になるのに、どうして…?」

 

 実は、この12月、編集に関わっている二つの会報と文芸雑誌の発行があり、さらに会派だよりと後援会だよりの発行も。

 

「分散して発行すればいいじゃないか」といわれそうですが、諸事情によって、それができず12月に集中。

 

 どうにかスケジュールをこなし、現在は最後の後援会だよりの発行に向けて奮闘中ですが、これが難儀。

 原稿の執筆は終了、年内に印刷会社から納品、年明け早々に助っ人の協力を得て封筒詰めなどの仕上げ作業をすることになっているのですが、仕上げ作業前に同封する挨拶文を自宅のパソコンとプリンターで制作し、これに続いて住所シールの打ち出しと封筒貼り。で、また四十肩になりそう。

 

 こういう時に限って、あれこれと雑務が飛び込み、訃報の連絡も。さらに、きょう夕刻、自宅近くで火災発生。

「厚原のたかおか幼稚園の西側で火災発生…」の広報無線。我が家はたかおか幼稚園の西側。遠くから消防車のサイレン音。玄関を飛び出すと、ご近所さんもゾロゾロ。

 

 しかし、炎や煙は見えず、焼ける臭いもなし。結局はボヤ。それからが大変。広報無線が伝えたことから自宅電話と携帯電話に、次々と知人・友人・親戚から「大丈夫?」。その応対に追われ大変、いや、ありがたいことでした。

 

 今年も、きょうを含めて、あと六日間。「忙中閑ありで、今年一年の反省もしなくちゃ」とは思っているのですが…。

 

| - | 23:14 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT