<< 富士市で初の将棋名人戦 | main | ゴールデンウィークは、どこへ…? >>
富士市内のチアダンス2チームが世界に挑戦!
 今月27日に米国フロリダ州のディズニーワールド内で開幕するチアダンス世界選手権「IASFリアリーディング&ダンスワールド」に富士市内の二チームが参加するため日本を旅立ちました。

 二チームは、C★STAR(シー スター)の小学生チーム、T―girl(ティー ガール)と、CHEERSFACTORY(チアーズ ファクトリー)の中学生チーム、GLORIOUS(グロリアス)です。

 ともに日本大会で優秀な成績を納めての世界選手権への出場。地方都市、それも同じ富士市から二チームが世界への挑戦は「凄い快挙」ですよネ。

 

 手前味噌、親馬鹿の話になってしまうのですが、C★STARの主宰者は自分の次女です。

 

 娘二人。次女は長女とともに幼児期からジャズダンスを習い、「そのうち飽きるだろう。勉強が忙しくなれば辞めるだろう」と思っていたのですが、飽きもせず、そして「勉強よりもダンスが好き」で20数年間続けています。

 二十歳過ぎにジャズダンスからチアダンスに転向。日本チアダンス協会公認インストラクターとして都内で活動していたのですが、「踊る楽しさを共有でき、観てもらう人達に幸福感を届けることができるチアダンスを生まれ育った富士市に広めたい」と言い出し、2005年、富士市内にスタジオを開設。ジャズダンスと並行してモダンバレエを学んだ長女のサポートを受けて指導を続けています。親としては、「さっさと嫁にいってもらいたい」と思っているのですが…。

 

 練習の成果を披露する発表会のほか、「市民福祉まつり」など市の行事、さらに地域のイベントなどに出演。親としては、「まあ、好きなことをやって、子ども達も喜んで練習を重ねているならいいか」と見守ってきたのですが、ここ二、三年、「おいおい、大丈夫か」と心配になっています。

 

 次女、そして教室生も同じ市内のCHEERSFACTORYさんの意欲的な活動、挑戦に刺激される形で大会への挑戦が相次ぎ、保護者には、それなりの負担があるからです。世界大会への挑戦も一昨年に続いて二度目です。

 

 きょう25日早朝、アメリカへ旅立ち、見送りに行ってきました。娘の活動内での事、自分には関係ないのですが、同行する保護者も多く、「指導者の親の立場でお礼を…」、そんな思いを込めての見送りでした。


 

        出発前に見送りの人達に挨拶


 

       さあ、成田空港に向けて出発です

 

 娘、教室生、そして同行する保護者も不安と意欲が交差する中での旅立ち、「頑張って…、優勝を目指して…」とはいわず、「体調に気を付け、元気に帰ってきて…」とだけ伝えてきました。

 

 それぞれが貴重な思い出を胸に刻んでほしい、それを願っています。

 

| - | 20:38 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT