<< 5月12日に『富士ばらまつり』が開かれます | main | 『第15期自治政策講座in横浜』に参加しました >>
富士市日中友好協会の総会が開かれました
  きょう5月12日の日曜日、「さて、行くぞ!」と布団を蹴って起き上がり、身支度をして玄関を開けると、何と前日の雨がしぶとく続行中。天気予報は「12日は晴れ」といっていたのに…。

 

 早朝、地域の公園清掃に出掛け、自宅に戻って着替えをし、中央公園で開催の「第12回富士ばらまつり」、今泉まちづくりセンターで開催の「2013年度富士市日中友好協会定期総会」、その後、ラ・ホール富士に出向き、夕刻は私用で大渕へ…という予定だったのですが、出鼻をくじかれた格好。

 

 雨といっても小雨だったため「もしかしたら」と公園に出向いたところ区の役員が「雨があがってもぬかるんでいるため清掃ができないと判断。中止にしました。訪れる人がいるかもしれませんで、ここで待機しています」。

 で、自分も一緒に公園に待機。訪れた10人ほどの区民に中止を告げ、しばし世間話。

 出鼻をくじかれたものの、普段、会話を交わすことのない人達と自然体で会話をすることができ、何か、さわやかな気分でした。

 

 この後は、予定したスケジュールを消化。

 

 今泉まちづくりセンターで開催の「2013年度富士市日中友好協会定期総会」は役員としての出席で、役割は「開会の辞」。

 始まる前、司会者に半分冗談で「開会の辞は、『今から総会を開きます』だけでいいんだよネ」と聞くと、怪訝な顔で「少しくらい喋って下さい」。

 

で、開会の辞として、以下、次のようなことを…。

 

「日中は、尖閣諸島や微小粒子状物質のPM2・5などの政治問題を抱え込でいますが、こうした時代だからこそ民間の草の根運動による日中友好事業が重要になり、活性化が求められていると思います。この思いを伝え、協会事業に対する皆さんのなお一層のご理解とご協力をお願いして開会にあたっての言葉とさせていただきます」

 

 定期総会では、2012年度の決算と事業を報告、続いて2013年度の予算と事業を決定。事業面では、7月7日に中丸浜区との共同で「中国人殉難者慰霊祭」、9月22日に丸火青少年の家で「日中熱烈交流会」に取り組むほか、11月に「日中熱烈ボーリング大会」、12月に「食文化交流会」、来年1月に「新春のつどい(春節祭)」などを予定。このほか2013年度も入門、初級、中級の「中国語講座」に取り組むことを決定しました。


 

      定期総会で挨拶を述べる渡辺敏昭会長

 

 この日中友好協会、会員の高齢化により会員が減少、さらに「中国語講座」の受講者も減少傾向にあり、新規の会員、受講者を、どう確保していくかが課題となっています。

 会費(一般会員は年2,000円)を必要としますが、日中友好に「協力したい」「関心がある」などの思いを抱いている方、ぜひ、ご一報下さい。協会の目的や取り組んでいる事業の詳細をお伝えします。

| - | 21:10 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT