<< 富士山の世界文化遺産登録が決定 | main | きょう6月24日、一般質問に登壇しました >>
富士山の世界文化資産登録で富士市も祝賀式典


 富士山の世界文化遺産登録が決定した
2013年(平成25年)6月22、富士市にとっても歴史的な記念日。その祝賀式典が登録決定翌日のきょう23日午前9時から富士山の玄関口の一つである新幹線新富士駅の北口コンコースで開かれました。

 

「何故、当日ではなく、翌日なのか…」。

 

 多分、決定が午後、それも夕刻。そして企画課が担当課となっての市主催だから。これが事前に官民協調で開くことが決まっていれば、「当日開催に…」となったのかもしれません。

 地方自治体は二元代表制。行政責任の半分は議会にもあり、「午後に決定となった場合の祝賀式典は翌日開催」の事前通知に議会側が一致団結して「待った!」の声を出さなかったことから「抱いた疑問をぶつけてゴチャゴチャ言うのはヤメトコ」と会場へ。

 

 祝賀式典は富士市立高校吹奏楽部による『ふじの山(富士山)』の演奏で開始。市長挨拶に続いて市議会議長、富士商工会議所会頭の祝辞、くす玉割り、横断幕除幕、締めくくりは富士市町内会連合会長のリードによる「万歳三唱」。所要時間は30分程度、参列者も市や市議会などのほか関係団体代表など参加要請を受けた100人余でした。

 

 以下に祝賀式典の様子を写真でお伝えします。

 ただ、富士市議会は、議員としての品格保持を理由に「公務で参加した行事の際、記念用やブログ用の写真撮影は禁止」と申し合わせで決まっているため式典中の写真はなし、式典後に撮影したものとなっています。



 式典で使用されたくす玉です。
      記念写真の撮影に臨んでいるのは新富士駅の駅長です


    こちらは富士市立高校吹奏楽の記念写真の撮影です



自分も記念写真を同僚議員に撮ってもらいました。
手にしているのは記念品の”うちわ”です


新富士駅内のステーションプラザFUJIでは「富士山世界
    文化遺産写真展」が開かれています。今月30日(日)まで


写真展の展示作品は「富士山百景写真コンクール」の入賞作品です


ステーションプラザFUJI内には溶岩の富士山(手前)や
           トイレットペーパーを積み上げた富士山も


      新富士駅舎内には登録を告げるのぼり旗が…


    駅舎内には、登録を告げ、歓迎のフラッグも…


 祝賀式典の参加者に配布された登録記念品セットです。数は多いものの市主催とあって、中身は.櫂吋奪肇謄ッシュ▲瓮睛兒罩C肋貉塞覆良抻里里劼里を使用した富士山マグネットど抻里里茶の一煎パックゲ杙辧△修靴騰ε佻燭印字されたボールペン。質素倹約をむねとする富士市らしい記念品ですが、式典参加費をとられたわけでなく、かつ無料配布。ありがたく受け取り、今後、議員活動の中で登録PRに活用します


     記念うちわの配布もありました

あす24日、一般質問に登壇します

 

富士市議会の一般質問二日目となる、あす24日(月)は午前10時に本会議を開会。発言通告に基づき午前中に2人、午後に3人の計5人が登壇します。

 自分、海野しょうぞうは、午前のトップ、午前10時に登壇、質問項目は、「富士山の世界文化遺産登録をとらえた観光を基軸とした富士市発展に向けての市の体制整備について」と「今年3月に社会福祉法の改正を受け富士市社会福祉協議会役員から行政職員が撤退したことの疑問点と課題について」の二項目を取り上げます。

 このうち富士山の世界文化資産登録に関する質問では、きょうの祝賀式典の感想も絡めながら、登録を、どう富士市発展に結び付けていくかの具体的な手法を提示しながら意見を述べていく予定です。

| - | 15:43 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT