<< 富士市議会9月定例会が開会しました | main | 視察研修報告(平泉〜東日本大震災被災地)パート >>
今月14日、ロゼに『世界一受けたい授業』がやってくる
 きょう11日、富士市議会の会派控室で、9月定例会で議会としての判定を下すことになっている事業評価の学習会後、同僚議員で富士ロータロークラブメンバーの石橋広明議員が、「14日、よかったら」とチラシ。

 そこには、「今月14日(土)、ロゼシアターに『世界一受けたい授業』がやってくる」をキャッチコピーにした海洋ジャーナリスト、永田雅一氏の公開講演会が記されていました。

 

 聞けば、国際ネットの社会奉仕団体である富士ロータリークラブが創立50周年記念事業の一環として企画したもので、演題は『豊かな森が造る豊かな海』。午後2時開演。聴講は無料とのこと。

 

 石橋議員、続けて「地元出身の永田氏の、ロマンあふれ、自然の偉大さを知ることのできる海の話を聞いてほしい」。

 

 恥ずかしながら「永田氏って?」でした。

 

 永田氏は1954年、富士宮市生まれ。東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業後、さまざまな海洋調査・研究に参加し、海外ドキュメンタリー番組の企画やリポート活動、海洋専門誌への執筆活動に取り組み、1986年にキャプテン・マック海洋研究所、1999年にはパラオにも海洋研究所を設立。

 海洋ジャーナリストとして日本テレビの『世界一受けたい授業』に出演したほか、BS日本テレビの『大海球紀行』、BS朝日テレビの『牛山純一20世紀の映像遺産』などにも出演。著書に『海に潜る―地球環境の今―』(筑摩書房)などがある、とのことです。

 

 海洋ジャーナリストとして活躍する地元出身の永田氏、その存在を広く伝えることになる今回の公開講演会は郷土愛の醸成に連動すること確実。会場は700人収容のロゼ中ホール、親子連れで満席になることを願っています。

| - | 20:22 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT