<< JR東海のリニア計画への期待 | main | 福祉の矛盾、社会の矛盾 >>
富士市議会9月定例会の一般質問、10月4日に登壇します

 富士市議会の議会運営委員会は、きょう9月19日午後、委員会を開き、19日正午に締め切られた9月定例会の一般質問の日別登壇数を協議、決定しました。


 発言通告者は、議員35人中、19人で、日別登壇数は一般質問初日となる10月3日(木)に2人(午後2人)、4日(金)に5人(午前2人、午後3人)、7日(月)に5人(午前2人、午後5人)、8日(火)に5人(午前2人、午後3人)、定例会最終日となる9日(水)に2人(午前2人)。

 本会議の開会時間は、いずれの日も午前10時。一般質問初日の登壇が午後からとなるのは、開会後、委員会付託議案や委員会付託議案を省略しての人事案件などの採決があり、議案処理後に一般質問が開始となるためです。

 

 自分、海野しょうぞうの発言通告順位は7番で、一般質問二日目の4日の5番目に登壇することになります。

 1人の持ち時間は当局答弁を含めて一時間となっているため午後3時前後の登壇となります。

 

 今回は、「誰もが安心・安全な老後生活を送るための成年後見制度の支援拠点である成年後見支援センター設置の取り組み」と「持続可能な自治体経営に必要不可欠な熱意と意欲あふれる職員の定期的な確保について」の二項目を通告してあります。

 

 今回の一般質問の通告にあたっては、富士市のホットな話題(というか課題)である日本製紙富士工場鈴川事業所敷地内への石炭火力発電所建設計画を取り上げることも検討していたのですが、現時点で入手できた情報量が少なく、「活字や映像として残される一般質問で取り上げるならは詳細な情報入手と、その分析が必要」と判断して断念。

 

 しかし、発言通告締め切り後に配布された通告内容に目を通すと、石炭火力発電所建設計画をはじめ新たな産業として注目されているエネルギー事業などについて小池智明議員(4日午後登壇)、西村綾子議員(7日午前登壇)、小池義治議員(8日午後登壇)の三人が取り上げており、それを受け、「モタモタしちゃいられないな」と反省しているところです。

 

 日本製紙富士工場鈴川事業所敷地内への石炭火力発電所建設計画については、定例会最終日の10月9日、定例会終了後の午後に市議会に対して日本製紙や中部電力、三菱商事など計画立案企業による説明会が開かれることが内定しており、今後、市民目線から計画の全体像をとらえ、「課題はあるのか、あるならば、どう対応すべきか」を考察、意見を発信していきます。

 

 このほか、先ごろ発表された本年度の全国学力テストで静岡県公立小学校6年国語A(基礎問題)の平均正答率が都道府県別で最下位だったことに対して川勝平太知事が激怒、「最下位は子ども達に責任はなく、校長先生に責任があると思っている。下位100校の校長名を公表して反省材料にしていただきたい」と定例記者会見で発言、静岡県の教育が大きく揺れている学力テスト問題に関して笠井浩議員(3日午後登壇)、川窪吉男議員(4日午前登壇)、藤田哲哉議員(4日午後登壇)の三人が取り上げており、その発言内容と富士市教育委員会の答弁が注目されます。

 登壇三人のうち藤田議員は、自分と同じ会派「耀(かがやき)」の所属であり、今回の学力テスト問題に対する自分の思いや意見は藤田議員に託すことにしています。

 
| - | 22:11 | comments(1) | - |
コメント
 >静岡県知事川勝平太 またの名を嘘つき平太・・・この度は、全国学力テストで小6が最下位だったことから事は始まったようですね。
 >下位100校の校長名を公表すると唐突に表明したからさ〜大変!
 >学校名を公表しないが文科省のルール、校長名とは記載されていないからこれはOKだとする県知事。
 >これに対し文科省では校長名イコール学校名との認識を示し県教委はこれを順守すべきだとの見解。
 >今回の件で、嘘つき平太に屁理屈平太がプラスされた。

学校長は、学校教育に責任のない人なのか。ただ、他の教員よりも金を多く貰っているだけなのか。
その責任者であるならば、問題があれば、名前を明らかにされても仕方がない。
問題の解決には、なによりも責任者の自覚が必要である。

意思のあるところに責任はある。
意思のないところには、責任がない。
責任者は、責任を持って問題の解決を図ることを期待されている。
無意志の責任者には、問題を解決する力はない。

死刑執行人は、殺人罪に問われない。
彼らは、殺意がないからである。彼らは頼まれ仕事をしているのである。学校長の仕事もそのようなものなのであろうか。

日本人には、意思がない。
意思は、未来時制の文章内容で、日本語には、時制がない。
だから、日本人には、意思がない。

非現実 (過去時制と未来時制) の文章内容が表現できなければ、際立った個人差は出ない。犬と犬の違いに終始する。
個人主義を理解することも難しい。

我が国がひっくり返った時にも、国の政治責任者は出なかった。
「責任者を出すな。犠牲者を出すな」と言う声が上がった。
意思のない人が責任を追及されることがあれば、彼はまさしく犠牲者であろう。
学校長も、そのようなものか。とかく、この世は無責任。

心のある人とは、どのような人か。
自分の感情を表現する人か。ならば、歌詠みの人か。
自分の意思を表現する人か。ならば、行動の人か。

日本人には、意思がない。だから、自分の意思を示さない。
我が国は、世界の中にあって、世界に属さず。
日本人は、無為無策で高踏的*なのか。
我々は、来るべき国際社会に備えなくてはならない。

 *高踏的 (自分ひとり高いとしているようす。おたかくとまるようす。)

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


| noga | 2013/09/19 10:55 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT