<< お勧めイベント(11月2日から樹林の会の刺しゅう展) | main | 富士市表彰式が行われました >>
富士市長選挙の動き活発化

 任期(4年間)満了に伴う富士市長選挙は、1215日(日)告示、同1222日(日)投開票の日程で行われます。すでに立候補を表明している元市議の小長井義正氏(58)が9月29日の日曜日に、県議の植田徹氏(63)が1013日の日曜日に事務所開きを行っています。

 

 この事務所、告示前のため選挙事務所ではなく、選挙に向けての後援会の事務所。選挙戦突入とともに選挙事務所に切り替わることになりますが、後援会事務所であっても事務所開きをもって“選挙戦モード”に突入。1120日(水)には植田氏、1122日(金)には小長井氏の後援会が、ともに1600人収容のロゼシアター大ホール、時間も同じ午後7時から「後援会のつどい」及び「総決起集会」を予定しています。

 

 現職の鈴木尚氏(65)は、今年8月に今期(三期12年)をもって引退を表明し、他の立候補の動きがないことから小長井、植田両氏の一騎打ちが濃厚。

 現職の鈴木氏の二期目は無投票当選、三期目は選挙戦になったものの信任投票の要素が強く、ガチンコ勝負となる市長選挙は12年ぶりということになります。

 

 ただ、小長井、植田両氏とも自民党系で、国政の動きを持ち込んでの政党対決がないこともあってか、「市長選挙への市民の関心は、いま一つ」とされています。

 

 しかし、市政は最も身近な政治であり、地方政治に身を置くものとして「関心を寄せてほしい」、そう願っています。

 

 こうした中、今回の市長選挙では、地区単位で小長井、植田両氏に出席を求めて政策を聴く場を設ける取り組みが数は少ないにせよ見られるほか、若手経営集団のまちづくり団体である富士青年会議所が12月5日(木)午後7時からロゼシアター大ホールで『決めるのは誰かじゃない“あなた”です』をキャッチコピーにした「富士市長選挙公開討論会」を打ち出しています。

 

 ここ10年余、市長選挙に限らず、富士市の選挙投票率が下降線を辿っていることも踏まえ、「そうした取り組みによって選挙への関心が高まるのでは…」と大きな期待を寄せています。

 
| - | 20:02 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT