<< 星座の先生、鈴木巌氏逝く | main | 笑顔満開の「ふれあい昼食会」 >>
あす6日に富士市議会の「議会報告会」がスタートします

 取り組み三年目となる富士市議会の「議会報告会」が11月6日にスタートします。


 11月中に7回にわたって開催、その日程、会場は次の通りです。各会場の開会時間は、いずれも午後7時で、1時間30分程度の予定。質問&応答も組み込むことになっています。参加は自由。申し込みも不要です。

 

 ※6日(水)…富士駅南まちづくりセンター

 ※6日(水)…伝法まちづくりセンター

 ※7日(木)…天間まちづくりセンター

 ※8日(金)…田子浦まちづくりセンター

 ※11日(月)…富士川まちづくりセンター

 ※11日(月)…須津まちづくりセンター

 ※13日(水)…大淵まちづくりセンター

 

 問い合わせは議会事務局(筍娃毅苅機檻毅機檻横牽沓検法

 

【議会報告会とは…】

 時代変革を認識し、二元代表制の機能発揮に向けて議員発議で制定、平成23年4月1日に施行となった「議会基本条例」に基づくもの。「議会基本条例」の第7条で「年1回以上の報告会開催」を義務付けています。

 

 取り組み三年目となる本年度も議員35人(欠員1人)が六つの班に分かれ、まちづくりセンターを巡回する形で一つの班が一会場から二会場を担当して開催。自分の所属班が担当するのは報告会最終日の1113日の大淵まちづくりセンター会場です。

 

 この「議会報告会」、「市議会とは…、議会・議員の活動とは…」を伝えることになっており、各班とも班長、副班長、司会、報告者、記録係の役割を分担。報告内容も各班とも同じ台本を使用。二年目の平成24年度からはパワーポイントを投入して、より分かり易い内容を心掛けています。

 

 ただ、条例に規定された「年1回以上」をクリアする「年1回開催」としていることから任期四年間で市内を一巡するのがやっとの状況。

「市長行政懇談会」が毎年、まちづくりセンターを会場に全地区で開かれ、さらに地方自治体は市当局と市議会が対等の立場の二元代表制なだけに、自分としては「各班一会場から二会場ではなく各班四会場から五会場を担当して開けば毎年、全地区で開催できるのに…」との思いもあるのですが、過去二年間、“満員御礼”となる会場はなく、加えて地区外からの参加も可能であることから議会内に「毎年、全地区で開催を」の声は高まっていません。

「まずは、一人でも多くの市民の方が会場に出向いてもらう努力が必要…」といったところです。

 

 自分、海野しょうぞうは、選挙公約に基づき、市議就任の6年半前から年二回ペースで議員活動の一環として市政の動きも組み込んだ「市政・議会報告会」を開き、その「出前報告会」も賜っていますが、市議会としての「議会報告会」とは性質の違うものであり、今後も海野個人としての「市政・議会報告会」及び「出前報告会」を続けていきます。

 
| - | 22:44 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT