<< 訂正です。「石灰」は「石炭」です。 | main | 25日夜、鷹岡市民プラザで『影絵』の公演があります >>
海洋温度差発電の再生可能エネルギー視察で沖縄に行ってきます

 今、午前零時を過ぎ1月20日に突入。これから仮眠して早朝、自宅を出発、二泊三日の日程で沖縄に行ってきます。

 

「今年は厳寒。年末年始で、あれこれ多忙だったので、ここで遅い年末年始休みで温暖な地へ」。

 

 ではなく、全国の先進的な取り組みを把握するための所属会派『耀(かがやき)』の行政視察での沖縄行です。

 

 メインの視察は、沖縄県が民間企業と協調して久米島町で取り組んでいる『海洋深層水の利用高度化に向けた発電利用実証事業』。昨年3月30日に発電に成功した全国初の取り組みで、その発電システムは、表層の温かい海水と深層の冷たい海水との温度差を電気エネルギーに変換。発電の検証を軸としているものの、農業分野など複合的な利用の可能性も検討する構想が打ち出されています。

 

 久米島町のほか、浦添市が取り組んでいる、まちづくりの核となる人材育成の『てだこ市民大学』、さらに宜野湾市も訪れ、普天間飛行場と住宅環境問題も把握してくることになっています。

| - | 00:02 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT