<< 南海トラフ巨大地震で富士市は…? | main | 富士市の新年度当初予算案が発表されました >>
富士市議会2月定例会の日程が決まりました

 富士市議会は、きょう2月10日、議会運営委員会を開き、今月17日に招集される2月定例会の日程を協議、会期は3月24日まで三十六日間と決定しました。日程は次の通りです。

 
2月17日(月)午前10時開会…本会議

〃18日(火)…休会

〃19日(水)午前9時30分開会…総務市民、環境経済両委員会

〃20日(木)午前9時30分開会…文教民生、建設水道両委員会

〃21日(金)〜23日(日)…休会

〃24日(月)午前10時開会…本会議

〃25日(火)午後2時開会…議会運営委員会

〃26日(水)〜3月4日(火)…休会
3月 5日(水)午前10時開会…本会議

〃 6日(木)午前10時開会…本会議
 〃 7日(金)午前10時開会…本会議
 〃 8日(土)〜9日(日)…休会

〃10日(月)午前10時開会…本会議

〃11日(火)午前10時開会…本会議

〃12日(水)午前10時開会…本会議

〃13日(木)午前9時30分開会…総務市民、環境経済両委員会

〃14日(金)午前9時30分開会…総務市民、環境経済両委員会

〃15日(土)〜16日(日)…休会

〃17日(月)午前9時30分開会…文教民生、建設水道両委員会

〃18日(火)午前9時30分開会…文教民生、建設水道両委員会

〃19日(水)午前9時30分開会…議会運営委員会

〃20日(木)〜23日(日)…休会

〃24日(月)午前10時開会…本会議

 

 2月定例会は、新年度予算が上程されることから“予算議会”とも呼ばれ、本定例会に上程が予定されている当局提出議案は新年度予算を中心に59件。その内訳は、当初予算案22件、条例案17件、補正予算案11件、単行案、人事案各4件、契約案1件。

 

小長井義正市長にとって初となる平成26年度施政方針演説は定例会初日の17日に予定され、施政方針に対する質問及び一般質問は3月5日、6日、7日、10日、11日の五日間を確保。

その発言通告の締め切りは25日の正午。新年度予算案の採決は委員会審査を経て定例会最終日の3月24日に予定されています。

 

当局が上程を予定する人事案件4件の中には副市長選任の同意案が含まれており、その上程、採決は最終日の24日で新年度予算案の採決後。ということは2月定例会に上程する新年度予算の編成や、委員会審査での議会対応も副市長不在のままで…となります。

 

 1月17日をもって退任した鈴木尚市政時代の2人の副市長も市長退任と同時に退任。これを受けた小長井市長の副市長選任が注目され、一部には選挙公約でスピーディーな市政運営を掲げていただけに「1月30日の臨時会に…、または2月定例会初日に副市長選任案を上程するのでは…」という観測もあったのですが、「重要ポストなだけに慎重に対応…」といったところのようです。

 

 きょう10日の議運で日程が決まり、日程決定後、当局から上程を予定する予算や条例関係の議案書の送付もあり、今後、議会側は会派単位で会合を重ねて議案書を研究、本会議及び委員会で提示する質問・質疑をまとめることになっています。

 
| - | 22:58 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT