<< 富士市の新年度予算案、審査へ | main | 静岡県弁護士会の新会長に富士市の小長谷保氏 >>
富士市議会議員VS新市長の論戦に25人が発言通告

 富士市議会9日目の、きょう2月25日は午後2時から議会運営委員会(以下、議運)が開かれ、3月5日に開始される新年度に向けての市長施政方針に対する質問と一般質問の日別登壇数を協議、決定しました。

 

 発言通告は、同日正午に締め切られ、議員36人中、25人が通告。

 25人中、会派を代表して3人に1人の割合とされている市政方針に対する質問が10人、一般質問が15人。

 論戦は3月5日、6日、7日、10日、11日の5日間が確保されており、発言通告25人を受けて25日の議運では各日とも登壇数5人と割り振りました。

 

 施政方針に対する質問から開始され、自分、海野しょうぞうは所属会派「耀(かがやき)」を代表して施政方針に対する質問に発言通告、通告順は3番のため市議会議員と新市長の論戦初日の3月5日の三番手で登壇、午後のトップバッターと決まりました。

 通告内容は『市政運営の基本姿勢』で、四番手に登壇する同じ会派の石橋広明議員が『新年度の市政運営に向けて』と『施策の大要について』を担当することになっています。

 海野と石橋議員の2人に与えられた発言時間は2時間以内のため、午後1時から同3時までの時間枠で質問を提示、市長から回答を受けることになります。

 

 今年1月に、その座に就いた小長井市長にとって初の定例会かつ初の施政方針に対する質問と一般質問。とあって議員各位が通告した質問は、小長井市長が打ち出した新事業を取り上げて、その狙いを問うものが目立つほか、前市長時代からの継続事業の、その継続の担保を問うものなどもあり、市長答弁が注目されるところです。

 

 まあ、他の議員の質問はさておき、登壇日に向け、質問内容を、さらに練り上げていきます。

 

 日別登壇者は次の通り。本会議開会は各日とも午前10時。敬称略。


【施政方針に対する質問】


 3月5日(水)午前…大和田隆、村松金

  〃     午後…海野庄三、石橋広明、岡村義久

 3月6日(木)午前…影山正直、横井美由紀

  〃     午後…米山享範、小池智明、太田康彦


【一般質問】


 3月7日(金)午前…鈴木幸司、藤田哲哉

  〃     午後…笠井浩、西村綾子、川窪吉男

 3月10日(月)午前…小沢映子、高橋正典

  〃     午後…荻田丈仁、井出晴美、井上保

 3月11日(火)午前…望月清隆、小池義治

  〃     午後…一条義浩、小野由美子、杉山諭

 

 
| - | 22:55 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT