<< 富士市があっと驚く若者世帯定住応援事業 | main | 48回目の富士の型染展開催中です >>
富士市内の小中学校で卒業式が開かれました

 きょう3月20日、富士市内の小中学校で一斉に「卒業式」が行われました。市議会議員にも、それぞれの所在区の小中学校から来賓としての出席要請状が届き、自分、海野しょうぞうも教育現場の視察を兼ねて出席してきました。

 

 鷹岡中学校の本年度の卒業生は171人。

 体育館を会場に午前9時に開式。開式の辞、国歌斉唱、卒業証書授与、校長式辞、来賓祝辞、祝電披露、卒業記念品授与、送辞、答辞、卒業の歌、送別の歌、校歌斉唱、閉会の辞。

 閉式後には、“おまけ”という感じで卒業生による卒業記念合唱があり、曲目は『桜の雨』でした。

 

      閉式後に行われた卒業記念合唱です

 

 卒業生退場の際、元気のいい卒業生数人が徒党を組んでのパフォーマンがあったものの全体的には例年通りの厳粛な卒業式でした。

 その中、女子生徒だけでなく3年生担任の男性教員が周囲を気にすることなく涙を拭き拭き…といった微笑ましい場面もありましたが、感動の前に「多分、この日を迎えるまで、さぞかし大変だったのでは…。先生の涙は、その証左では…」と思ったりして…。

 

 一方、鷹岡小学校の本年度の卒業生は130人。受け付けで渡されたプログラムには「卒業証書授与式」と記されており、「卒業式の正式名称なのかしらん」って思ったりして…。

 体育館を会場に午後1時に開式。開式の言葉、国歌斉唱、卒業証書授与、校長式辞、来賓祝辞、祝電披露、卒業記念品紹介、別れのことば、閉式のことば。

 流れは鷹岡中学校と、ほぼ同じであったものの、卒業証書授与の際、卒業生が一言、将来の夢を大きな声で発表。男子は「サッカー選手に…」や「プロ野球選手に…」、女子は「看護師に…」や「保育園の先生に…」などが多かったのですが、中には「正義を守るために警察官に…」、「子供達を救うために小児科医に…」などの発表もあり、ちょっとうれしい気分に…。同時に「我が家の孫2人も卒業時に大きな夢を語ってほしい」、そんな思いも…。

 

 卒業生の退場時には、例年通り、BGM的に5年生が合唱。同じ曲を繰り返す合唱としてはかなりの演奏時間だったものの、5年生全員が最初から最後まで心を込めて歌い上げ、詩の内容も含めて感動的なラストシーンでした。

 その中、指揮を担った女子児童の全身を使っての指揮振りが素晴らしく、ピアノ演奏を担った女子児童も最後まで乱れなく弾き、その傍らでは男性教員がピアノの縁を鍵盤に見立てリズムをとって女子児童の演奏をサポート。涙腺が緩むラストシーンでもあり、思わず「いい卒業式だったな」でした。

 

 小中学校とも年々、両親での出席が目立ち、依然として教育は揺れているものの、「卒業式には母親が出席」が普通だった時代を過ごしてきた者として思うことは「卒業式にスポットを当てれば、いい時代になった」です。

 
| - | 23:31 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT