<< オススメイベント(18日に博物館まつり) | main | ロゼで愉快なアート展『モモクリテン』開催中です >>
自治体議会政策学会の講座を受講しました

 自分、海野しょうぞうが所属する富士市議会の会派「耀(かがやき)」の6人は、5月13日から同14日にかけ自治体議会政策学会が主催した「2014年第16期自治政策講座in横浜 これからの自治体政策― 持続可能は社会への視点―」を受講してきました。

 

 自治体議会政策学会は、1968年に東北大学大学院法学研究科修了後、政治学者として東京都立大学講師、東京市政調査会主任研究員、明治大学講師、拓殖大学教授、ロンドン大学客員教授、神奈川大学教授、四日市大学教授などを経て、現在、拓殖大学地方政治センター長を担う竹下譲(たけした・ゆずる)氏を会長とした、政治学者や行政改革、議会改革への意欲を有する地方議員などで構成する学会。その名称が示すように、地方分権時代を担う自立した自治体に向けて政策を深め、行政や議会の改革を進める器として1999年から活動を開始。自治政策講座をはじめゼミナール、研究会などのほか海外視察、自治体議会政策学会叢書、年版地方自治体新条例解説集等の出版などにも取り組んでいます。

 

 会派「耀(かがやき)」は、自治体議会政策学会が打ち出す講座が、その時代、時代における課題を真正面から取り上げた内容であることから、これまでにも個人の自由意思で受講してきましたが、今回の第16期自治政策講座は地方制度調査会答申やTPPと自治体の課題、さらに子育て新システムなど地方自治体にとって極めて重要な示唆が得られる内容と判断、認識と情報の共有化を図るため会派研修に位置づけ、所属議員全員で受講しました。

 

 講座会場は神奈川県横浜市内にある横浜ワールドポーターズ。東海道新幹線新横浜駅からJR京浜東北・根岸線に乗り換え桜木町駅へ。ここでみなとみらい線の乗り換え、みなとみらい駅で下車、徒歩で10分程度のところにあります。

 この横浜ワールドポーターズは、1999年に“いろんな世界がここにある”をコンセプトに誕生した大型商業施設で、延床面積は10万平方辰鮓悗蝓個性的なショップやシネマ、アミューズメントも併設されています。

「商業施設でお堅い講座が…」と思ったのですが、しっかりとした会議室も設けられていました。

 受講者は、北は北海道から、南は沖縄まで38都道府県の98自治体の議員168人。富士市議会からは会派「耀(かがやき)」の6人のほか三会派6人、計12人が受講しました。


    受講会場で…(同僚議員に撮影してもらいました)

 

 講座は、一講座2時間で5講座、計10時間。次々に押し寄せる情報に、処理が追い付かず、終了後には思考回路がメチャメチャ。「ここは何処?」「僕は誰?」といった状態でした。

 

 とはいえ議員業務での受講であり、現在、メモと記憶、そして資料をもとに事務局に提出する受講内容と受講所感から成る研修報告書の作成に奮闘中。後日、その報告書の概要を、このブログでお伝えします。


            受講修了証書です

 

 総括的なことを記せば、「これからの地方自治体、努力の度合いにより勝ち組と負け組が出てくる」でした。

 

 横浜市は、すでに勝ち組。講座会場の横浜ワールドポーターズ周辺には、よこはまコスモワールドや赤レンガ倉庫などの観光施設、さらに高さ29670階建ての複合施設である横浜ランドマークタワーを象徴的にした高層ビルが立ち並び、その規模と都市の成熟度に圧倒されましたが、「富士市には富士市なりの勝ち組となる都市づくりの手法があるはずだ」の思いでいます。


| - | 16:13 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT