<< オススメイベント(5月31日に新進気鋭の女性演奏家トリオコンサート) | main | 富士市日中友好協会の前途は…? >>
『花のシンフォニー展』などイベントいっぱい

 きょう5月24日、全身に倦怠感。22日、23日の二日間、東京都千代田区にある明治大学アカデミーで開かれた日本自治創造学会の『変わる地域社会・変わる自治体・地方議会〜自治、自立、分権〜』と題した研究大会に参加。次々と展開される講義は処理能力をはるかにオーバーして思考回路はフリーズ(固まる)状態。加えて東京という街は、その移動の多くが「歩け、歩け」。で、翌日、全身に倦怠感となったのですが、きょうは、あれこれ会合やイベントがあり、「ソレ!」と勢いをつけて寝床から飛び出し、身支度をして…。

 

 午前中、会員に登録しているハイネット・ふじの総会出席のため吉原まちづくりセンターへ。

 このハイネット・ふじ、高齢者社会を良くすることを目的にしたNPO法人で、総会後には事業の一環として取り組んでいるリフォーム教室の発表会も。


 司会者が「加齢ではありませんよ。

         華麗なるリフォームファッションショーですよ」


 総会後、案内状が届いていた富士フラワーデザイナー研究連盟の『第39回花のシンフォニー展』の会場であるロゼシアター1階展示室へ。

 この作品展、あす25日(日)まで。午前10時から午後5時。入場無料。


  来場者を迎える歓迎看板です


        会員の力作が会場を埋めていました


 土屋会長(右)と、その作品。

        会員の方が「記念に…」と撮影して下さいました


 ロゼ1階のガレリアでは社団法人日本皐月協会富士支部による『さつき花季展』も開かれていました。あす25日(日)まで。午前9時から午後4時。入場無料。


            今、開花時期です


 24日には、ふじさんめっせで富士山ネットワーク会議と、ふじさんメッセ共催による富士山グルメが勢ぞろいした『富士のふもとの大博覧会』が開幕。「ロゼからふじさんめっせに…」と思ったのですが、午後に会員登録している福祉をすすめるみんなのつどいの総会がフィランセで開かれるため、「博覧会は、最終日のあす25日、時間の都合をつけて…」とパス。博覧会最終日のあす5日は午前10時から午後4時。入場無料。

 

 富士市は、この時期もイベントがいっぱいといったところです。

 

 フィランセでの福祉をすすめるみんなのつどいの総会には、今年1月に就任した小長井義正市長が来賓として出席して下さったのですが、出席者は20人余。40年近い歴史を有する福祉の学習提言団体であるものの、富士市が福祉充実の道を歩み、多くのボランティア団体も誕生する中、学習提言団体としての機能は収束を迎えているのかもしれません。

 

 その発足時、富士市ではボランティアという言葉が広がっておらず、ボランティアセンターもなく、ボランティアは社会奉仕員と呼ばれ、その登録はボランティアセンターではなく、社会福祉協議会内の奉仕銀行でした。

 時が流れる中、喜ぶべきことに何か一抹の寂しさを覚えるのは、これ、加齢のせい…?。


         総会で祝辞を述べる小長井市長

| - | 22:18 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT