<< 会派研修『これからの自治体政策ー持続可能な社会への視点ー』パート | main | 富士市出出身の女流写真家、外山ひとみさん逝く >>
オススメイベント(24日からロゼで能面展)

 6月24日(火)から富士市蓼原町のロゼシアター展示室で富士面(おもて)の会の『能面展』が開かれます。29日(日)まで。午前10時から午後6時。初日の24日は正午から、最終日29日は午後4時で終了。入場無料。問い合わせは事務局の村松さん(筍娃毅苅機檻沓院檻隠隠娃掘法



 

 富士面の会は岩崎久人さんが主宰する能面制作グループ。年1回、作品発表の『能面展』を開いており、今回で24回目。

 

 能面は、日本の古典芸能の一つである能などに使用される仮面。大別すると、翁・老人系・鬼神系・女面系・男面系・怨霊系に分類でき、小面(こおもて)や般若(はんにゃ)というように名称で分類すると、基本形は70種類程度、さらに白般若や赤般若・黒般若と同一種を細分化すると200種類以上あるといわれています。

 

 知人が富士面の会のメンバーで、毎回、案内通知をいただき、展示会場に出向いています。

 

 歴史のある制作グループだけに、どの作品も「素晴らしい」。さらに、「それぞれの能面が使用される能の役を理解していれば、その素晴らしさが倍増する」とは承知するも、理解する努力は手つかず。今のところ「見るだけに」にとどまっています。

「今年こそは事前に勉強して会場へ」と思ってはいるのですが…。

 

 今回展では、指導者の岩崎さんを含め次の方々が出品を予定しています。                  (敬称略)

 

 岩崎 久人  仁藤 勲   村松 文雄  今井 昭三

 鈴木 康志  久保田静雄  塚田 充宏  古郡 伸次

 丸山 政己  木ノ内正文

| - | 21:34 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT