<< 富士市議会6月定例会の一般質問に登壇しました | main | 7月6日にロゼでシャンソン歌手、高木満寿美さんのコンサートが開かれます >>
富士市鷹岡地区でもお天王さんが開かれました

 きょう6月28日土曜日の午後、自宅に笛の音とともに「ワッショイ、ワッショイ」の子ども達の声が近付いてきました。この時期、恒例の子ども会による伝統祭事のお天王(てんのう)さんの神輿渡御(みこしとぎょ)です。


          神輿一行がやってきました

 

 お天王さんは、平安の昔、人々は京の都に大流行した疫病を悪霊の仕業と考え、この悪霊から身を守るため牛頭天王(ごずてんのう)や素蓋鳴命(すさのおみこと)を祀(まつ)り、悪霊退散を祈願したことが、そのルーツ。祈りは、やがて祭りとなり、京の都から地方へ広がっていったといわれ、神輿が暴れるほど悪霊が逃げ出すと信じられていたことから村の隅々まで暴れまわったといわれます。

 

 自分、海野しょうぞうの居住区である鷹岡地区でも区(町内会)単位で子ども会主体のお天王さんが開かれており、自分も30年余前、娘二人の保護者としてお天王さんに参加、区内の神輿渡御の一翼を担ったのですが、その時代の開催日は、確か、当たり日(7月14日)に近い土曜日でした。

 

 今は、7月に中体連(中学総合体育大会)があるため、中学生が参加しやすい6月末から7月上旬にかけての土曜日に開いているようです。

 

 さて、「お天王さんのツールは…」とか、「現代におけるお天王さん開催の意義とは…」なんてことをゴチャゴチャ語り合わずとも、そして子どもが理解していなくても「異年齢の子ども達が心を一つにして神輿を担ぎ、笑顔を広げる。それだけでも素晴らしい。楽しけりゃいいじゃん」ですよネ。

 

 神輿渡御には、小学生だけでなく中学生にも参加を求め、これに保護者、さらに生涯学習推進会の若手役員や消防団員、区役員などが助っ人として加わっての取り組み。

 我が家前に到着した頃は後半で、少しバテ気味でしたが、それでも女児が吹く「ピー、ピー」の笛の音に乗せて男児が助っ人の大人のサポートを受けて威勢よく「ワッショイ、ワッショイ」。いつもの夏の情景でした。


      威勢よく「ワッショイ、ワッショイ」

 

 我が家では、小学2年の孫・男児が昨年、お天王さんデビュー。今年2年目であるものの、まだ低学年であることから担ぐ神輿はディズニーバージョン。本物神輿の担ぎ手は、いましばらくお預けでした。


   こちらは低学年向けのディズニーバージョンの神輿です


      地域の人たちが神輿一行を迎えてくれました

 

 自分の出番は「なし」でしたが、「まだ、1時間くらいかかる」とのことで、しばし神輿一行に同行。

 しかし、祖父母らしきは自分と副区長程度。核家族化によるためか、それとも祖父母組は遠慮しているのか、それは定かではありませんが、ステテコこそ避けながらも祖父それなりの夏姿。

「来年は、禿頭(とくとう)族の仲間入りはバンダナでカバー、これにサングラスや短パンで祖父それなりの見た目をカバーして参加を…」なんてことも思ったのですが、しばらく交通整理をしながら同行した後、自宅に戻る際、何気なく振り返ると、そこには段々と小さくなって去りゆく神輿一行があり、それをぼんやりと見つめていました。


    去りゆく神輿一行、ちょっと感傷的になりました

 

 時の流れ、人生の縮図、そんなものを感じたのですが、この感傷、お天王さんを通してオジンになった自覚を突き付けられたからかもしれません。

 

 しかし、です。オジンにはオジンの出番があるはず。それを探して全力投入ですよネ。

| - | 18:11 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT