<< ロゼで詩人・吉野弘さんの遺作展が開かれています | main | 富士市の富士山百景写真コンテストの新審査員に古市智之氏 >>
ロゼに東京スカイツリー…?

 富士市蓼原のロゼシアターに東京スカイツリーがお目見え。といってもペーパークラフト作品(紙を素材としてるくる模型)で200分の1スケール。市内在住のパーパークラフト作家の作品。


 ロゼの1階に展示されている東京スカイツリー


 東京スカイツリーは、東京タワーに代わる電波塔として2008年7月14日に東京都墨田区押上一丁目地先に着工。3年半の歳月をかけて2012年2月29日に竣工、同年5月22日に電波塔・観光施設(展望台)として開業。観光・商業施設やオフィスビルが併設されており、電波塔を含めた周辺施設は東海スカイツリータウンと呼ばれ、人気急上昇中。建設費は約400億円、周辺整備を含めた総事業費は約650億円。

 注目の高さは634辰如電波塔としてはアメリカ合衆国中西部のノースダコタ州ブランシャールにある高さ628.8mKVLY-TV塔を上回る世界第1位。人工の建造物としてはアラブ首長国連邦ドバイにある超高層ビルのブルジュ・ハリーファ、828辰房,粟こβ茖屋漫


  こちらが本物の東京スカイツリー


 この東京スカイツリーのペーパークラフト作品。ロゼによれば、「ロゼで開かれたイベントで展示されたもの。緻密な作りで、『多くの人に見せてほしい』という声が届き、富士市が紙のまちであることも踏まえ、展示スペースを提供した」といいます。

 

 その展示場所は“ガレリア”と呼ぶ巨大空間のある一階部分。200分の1スケールとはいえ本物が634辰箸△辰藤貝辰鯆兇┐覽霏膾酩福6月中旬に展示を開始したところ話題となり、記念撮影する人も。

 

 ただ、“ガレリア”は貸し展示スペースであることから「7月末まで」の限定展示。その後の取り扱いについては「未定」であったものの、話題を聞きつけて市内の大手製紙メーカーから「製紙会社としてのオブジェとして譲り受けたい」との申し入れがあり、今後、何らかの形で存続、展示されることになりそうです。

| - | 20:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT