<< 後援会だより&議員活動報告ニュース『ライフライン』の第16号を発行しました | main | 富士市退職教職員趣味の会の第34回作品展が開かれています >>
笹井芳樹氏は、「自殺」なのか、それとも「自死」なのか…?

 8月5日の昼のテレビニュースが伝えた、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の副センター長、笹井芳樹氏(52)が神戸市中央区の先端医療センター研究棟で縊首(いしゅ)、いわゆる首吊りで死亡しているのが発見された事件は、自分にとって衝撃的なもので、「自殺、それとも自死と受け止めるべきなのか」、しばし考え込んでしまいました。

 

 テレビニュースでは、兵庫県警や理研の話として「5日午前9時前、CDBに隣接する先端医療センターの研究棟を巡回中の警備員が階段の4階と5階の踊り場付近で手すりに紐状のものをかけて首を吊っている笹井氏を発見。同センターにある病院の医師が救命措置を行ったが死亡が確認された」。さらに理研の同僚の話として「笹井氏はSTAP(スタップ)細胞論文の不正疑惑が発覚した後、心療内科を受診。最近は薬の副作用ではっきり会話することが難しかった」。

 

 この昼のテレビニュースの段階では、「自殺とみられる」となっていましたが、夕刻からのテレビニュースでは、遺書が笹井氏の鞄の中から3通、笹井氏の秘書の机の上に2通あり、その内容の一部も明らかにされたことをもって「自殺」と表現されています。

 

 笹井氏は、再生医療研究の第1人者で、「日本が世界に誇る頭脳」との評価を受け、「ノーベル賞候補者」とされていた医科学者。

 新型万能細胞とされたSTAP細胞の論文共著者の一人で、世界を驚かせた、そのSTAP細胞の論文が撤回され、理研の懲戒委員会が処分を検討する中で自らの命を絶つ道を選択しました。

 

 しかし、これを「自殺」と呼ぶことに抵抗を感じ、「自死」と呼ぶべきではないか、そう思っています。

 

 本来、「自殺」との表現は、原因と結果がはっきりと分かっている場合に使用すべきこと。例えば人を殺(あや)めたことに死をもって償うや、戦争に抗議して焼身する場合などで、笹井氏の場合、その原因が不明瞭です。

 

 原因として「論文が撤回されたことへの責任」「プライドが傷つけられた」「メディアに追い回された」などが考えられますが、STAP細胞論文が世界的に価値あるもので、それが不正疑惑にさらされ、不正と結論づけられても「反省してやり直せばいい」、ただ、それだけの問題ではないか。笹井氏の死は、天命との思いをもっての「自死」として処理すべきではないか。もはや推測の域を脱しきれない死の原因を、あれこれ探ることは第二、第三の悲劇が生じる、そんな不安を抱いています。


| - | 21:26 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT