<< 芸術の秋です | main | 富士市議会、活況を呈す >>
「敬老の日」、富士市内でも各地区で敬老会が開かれました

 きょう9月15日は「敬老の日」。富士市内でも、この日を中心に地区や区(町内会)、高齢者施設単位で長寿を祝う敬老会が開かれました。

 

「敬老の日」のルールは、兵庫県多可郡野間谷村(後に八千代町を経て現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長(後に兵庫県議会議員)と山本明助役が1947年(昭和22年)に提唱した「としよりの日」。

「高齢者を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」と農閑期にあたり、気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定めて敬老会を開催。これが全国に広がり、1964年(昭和39年)に「としよりという表現は良くない」と「老人の日」に改称。さらに翌年の1965年(昭和40年)に「敬老の日」となり国民の祝日に制定されています。

 

 今年に入って兵庫県の政治風土は、あの“号泣県議”の登場で、その株価を大きく落としていますが、立派な政治家がいたものです。

 

 その後、「敬老の日」は、2002年(平成14年)まで9月15日であったものが、祝日法の改正、いわゆるハッピーマンデー制度の実施によって2003年(平成15年)から9月の第3月曜日となっています。

 今年は、9月の第3日曜日が15日でしたが、来年2015年(平成27年)の「敬老の日」は9月21日となります。

 

 〜閑話休題〜

 

 本題に戻って…。自分、海野しょうぞうの所在地区である鷹岡地区では、数年前まで一部の区以外、鷹岡小学校の体育館で合同開催。体育館の耐震工事により合同開催が不可となり、これを契機に全区が区単位で開いています。

 

 所在区である厚原西区は、きょう15日午前10時から公会堂で区主催の敬老会を開催。世帯数が1,000世帯を超える大きな区であることから76歳以上の敬老会招待者は384人を数えました。

 区長をはじめとした区役員や民生児童委員、さらに班長、ボランティアなど総勢30人余の体制で敬老会に臨んだのですが家族が訪れて記念品だけを受け取るケースも多く、式典に参加されたのは100人弱でした。


      スタッフの手作り看板が招待者を迎えました


           敬老会の受付所です

 

 

 主催者あいさつ、最高齢者のお祝い、来賓祝辞、市長メッセージの披露、アトラクションというメニュー。


 アトラクションでは天間謡泉会が民謡を披露して下さいました

 

 その中、最高齢者は1909年(明治42年)生まれの松本廣雄さん、105歳。松本さんは市内全体でも男性の最高齢者(ちなみに女性の最高齢者は107歳)。車椅子使用ながら元気に式典に参加されました。


      市内男性最高齢者の松本のおじいちゃんです

 

 自分は、所在区の市議として来賓扱いでの出席。来賓を代表してあいさつを述べてきたのですが、17歳の時に死去した父親が最高齢者の松本さんと、ほぼ同じ1910年(明治43年)生まれで、ご近所さんでもある松本のおじいちゃんを前に万感胸に迫るものがあり、途中、声が詰まってしまったのです、概要、次のような祝辞を述べてきました。

 

    敬老会祝辞

 ご長寿、おめでとう、ございます。

 役員、ボランティアの皆さん、ご苦労さまです。そしてアトラクションに出演して下さる天間謡泉会の皆さん、ありがとう、ございます。

 日本の平均寿命は女性が8661歳、男性が80.21歳で、いずれも過去最高。女性は2年連続して世界一、男性は初めて80歳を超えました。

 かつて人生50年といわれてきたものが、人生80年の長寿社会となり、その理由として3点あげられ、そのうちの2点は「健康への関心が高まり、高齢者の皆さんが努力した」「医療が発達した」です。

 もう1点は、「日本は古くは戦国時代から戦さを繰り返し、明治以降は世界を相手に戦争を繰り返してきたが、第2次大戦後の70年余、平和国家を保っているから」とされています。

 つまり、長寿社会は平和国家であることの証明です。

 次代を担う若い人達が、それを自覚し、誇りとし、さらには、人は誰でも、やがて老いることを胸に刻んで、高齢者にやさしい社会を構築する。市議会議員という立場から、その実現に努めていきます。

 今や人生80年ではなく、人生100年といわれる時代です。今年、全国で100歳以上は5万人を超えています。

 富士市もしかり。富士市に100歳祝い金が登場したのは渡辺彦太郎市長の時代の30年余前。当時、自分は富士ニュースの記者で、100歳祝いに市長が訪れる際、取材をしましたが、1年間で100歳が出るのは1人か2人程度。それが今や予算要求の段階で62人を数えています。

 人生100年時代です。100歳を目指し、いや、100歳といわず、「松本のおじいちゃんに負けず」と、最高齢者の記録を塗り替える意気込みをもって、これからもお元気でお過ごし下さい。


| - | 19:53 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT