<< 富士市議会、活況を呈す | main | 富士市日中友好協会が『熱烈交流会』を開きました >>
富士市議会9月定例会の一般質問に20人が発言通告

 富士市議会9月定例会で行われる一般質問の発言通告が、きょう19日正午に締め切られ、議員36人中、20人が通告。同日午後に議会運営委員会が開かれ、日別登壇数が決定しました。

 

 1人の持ち時間は当局答弁を含めて1時間。一般質問が行われる本会議の開会時間は午前10時となっていますが、一般質問初日となる10月3日は開会後、委員会付託議案の採決などがあるため、一般質問の開始は午後からとなります。

 日別登壇は次の通り。午前中に2人、午後に3人という割り振り。カッコ内は所属会派です。             (敬称略)

 

 10月3日(金)午後  松本 貞彦 (市民クラブ)

          〃  坂本 富彦 (真政会)

          〃  宮川 和久 (市民連合)

 10月6日(月)午前  大和田 隆 (光輝会公明)

          〃  高橋 正典 (光輝会公明)

         午後  一条 義浩 (耀・かがやき)

          〃  井上 保  (市民クラブ)

          〃  海野 庄三 (耀・かがやき)

 10月7日(火)午前  小池 智明 (市民クラブ)

          〃  荻田 丈仁 (市民クラブ)

         午後  鈴木 幸司 (民主ネット)

          〃  小池 義治 (民主ネット)

          〃  小野由美子 (耀・かがやき)

 10月8日(水)午前  小沢 映子 (民主ネット)

          〃  影山 正直 (民主ネット)

         午後  井出 晴美 (光輝会公明)

          〃  藤田 哲哉 (耀・かがやき)

          〃  笠井 浩  (民主ネット)

 10月9日(木)午前  横井美由紀 (民主ネット)

          〃  岡村 義久 (真政会)

 

 自分、海野しょうぞうの発言通告順位は8番。で、登壇は一般質問2日目の10月6日の五番手、同日ラストの登壇となります。

 1人の持ち時間は、当局答弁を含めて1時間となっており、登壇は午後3時前後、休憩時間を勘案して遅くとも午後3時15分には登壇となります。

 今回の一般質問には、「地球温暖化を背景とした異常気象により頻発しているスーパー台風や記録的豪雨などの風水害時の自主避難場所の確保について」と、「昨秋、富士市が友好都市を締結した岩手県雫石町との今後の交流のあり方と、雫石町にある『慰霊の森』の存続について」の二項目を通告しました。

 

 他の議員の通告項目は、富士市議会のホームページ(http://www.city.fuji.shizuoka.jp/pagefmervo000000w5d3.html

にアップされています。ホームページを開き、メニューの「議会の動き」から入り、「会議予定」「平成26年9月定例会一般質問通告順」と進めば閲覧できます。

 

 このほか、きょう19日の議運では、当局が市長の給与減額案(正式名称は『富士市特別職の職員の給与の特例に関する条例制定について』)を提出する意向であることを報告。上程は今月26日の本会議、委員会付託を省略して採決の予定です。

 この給与減額案は、地区イベントや祭典などに市長が主催者に、会場で提供を受ける飲食代程度を会費として出したことが「公職選挙法に抵触する」と指摘されたことを受けてのもの。市長は「深く反省する」と述べ、その反省を言葉だけでなく給与減額という形でも示していくもので、減額は「10月から3カ月間、給料月額の10分の1」としています。


| - | 17:31 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT