<< 韓国アジア大会の謎 | main | 芸術の秋です。7日に富士市総合文化祭が開幕します >>
富士市議会9月定例会、委員会審査が終了しました

 富士市議会9月定例会22日目の、きょう10月1日は午前9時30分から建設水道、文教民生両委員会が開かれ、委員会付託議案を審査、両委員会とも原案が通過。9月30日に開かれた総務市民、環境経済両委員会も原案が通過しており、これにより委員会付託となっていた平成26年度一般会計補補正予算案など当局提出議案10件は10月3日の本会議で可決、成立する運びとなりました。

 

 9月定例会の目玉議案である平成25年度の一般会計歳入歳出決算認定案などは、すでに認定(可決)されており、本定例会の当局提出議案は全案が原案通り、可決、成立することになります。

 

 3日の本会議は、委員会付託議案の採決の後、人事案(人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて)1件を処理した後、一般質問を開始。一般質問は、3日、6日、7日、8日、9日の5日間にわたって行われ、発言通告に基づき20人が登壇することになっています。

 

 さて、きょう1日、自分、海野しょうぞうが委員長を仰せつかっている建設水道委員会は午前9時30分に開会。一般会計の補正予算の生活関連土木費の追加に対して「財政難を理由にした大幅な追加予算の削減は避けるべき」の意見が出され、これに対する担当部長の答弁は「不足を生じれば11月定例会で追加をお願いしたい」。であったことから委員長裁量として「議会(建設水道委員会)から緊急を要する生活関連工事には積極的に対応すべきの意見が出ていることを財政部局に提示を」と申し出ました。

 

 このほか1223日に予定されている第2回大学女子選抜駅伝大会に関連して「コースとなっている県道などに雑草が目立ち、整備の必要性がある。大会に向けての市道以外の県道や国道の整備は…?」の質疑が出され、担当課の答弁は「大会主催者(公益社団法人日本学生陸上競技連合)が、それぞれの道路管理機関にコース整備への協力を申し出てある」でした。

 

 第1回目が開かれた昨年、富士宮市内の富士山本宮浅間大社前のスタート場所での号砲役は川勝平太知事が担っているだけに、県に頑張ってもらいたいものです。


| - | 20:02 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT