<< サ高住など高齢者住宅、52%の自治体が問題視 | main | 対症療法で岳南電車存続へ >>
委員会視察で富山県富山市と新潟県長岡市に…

 9月定例会が終了した10月上旬から下旬にかけ富士市議会は、四つの常任委員会(建設水道、総務市民、文教民生、環境経済)が委員会単位で行政視察に出掛けました。

 

 決算認定審査が終了したこの時期、毎年、取り組んでいるもので、従来は二泊三日の日程でしたが、確か3年前、市全体の経費節減を受けて一泊二日に短縮。

 

 各委員会、それぞれ所管事業をにらんで視察先を決定。自分、海野しょうぞうが所属する建設水道委員会は、27日、28日の日程で富山県富山市と新潟県長岡市を訪れました。

 

 視察内容は、富山市が「公共交通(LRTなど)を軸としたコンパクトなまちづくりについて」と「自転車市民共同利用システムについて」、長岡市が「中心市街地活性化の取り組みについて」。

 

 参加したのは建設水道委員会の委員8人と議会局職員2人、それに都市計画課と市街地整備課の職員各1人の計12人で、議会、市の混合編成です。

 

 視察先では、それぞれ2時間から3時間の視察・調査時間が必要となるため日程的に厳しく、出発日の27日は「東海道新幹線新富士駅発の1番列車(6時35分発)に乗って…」。27日は列車の乗継も多く、その一方では中高年が多いことから「駆け足で階段を…」とはいかず、ちょっと心配でした。かくいう自分も年齢的に心配される側でしたが、終わってみれば「軽い、かるい、カルイ」。 

 もちろん、これは終わってからの強気の発言で、ちょっとしんどい視察でした。

 

 視察の状況は、後日、このブログでお伝えします。


| - | 22:40 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT