<< 富士市で国際交流フェアが開かれました | main | 浜松市のつり橋崩落事故の教訓 >>
富士市内の男性の最高齢者、松本のおじいちゃん逝く

 自宅(富士市厚原1425−5)近くに住む松本のおじいちゃん、松本廣雄さんが1月31日に亡くなりました。1909年(明治42年)生まれの105歳。男性では市内最高齢者でした。

 

 区役員からの訃報通知を受けたのが2月1日、ちょっと信じられませんでした。地元議員として来賓として出席した昨年9月15日の区主催の敬老会で車椅子だったものの元気な姿を拝見していたからです。そして「まだまだ長生きするだろう」、そんな思いも抱いたからです。

 

 区役員は「老衰だったようです」。105歳ゆえ、「天寿を全うして…」となるのですが、その長寿から「自分の人生は、まだまだ長い。頑張らねば…」の勇気をいただいてきただけに、悲しく、辛い訃報でした。

 

 通夜は4日午後7時から、本葬は5日午前11時から、ともに富士葬祭富士鷹岡で…。お見送りに行ってくる予定です。


    松本のおじいちゃんです(昨年9月15日の敬老会で…)

 


| - | 20:54 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT