<< 大型連休中は、どこへ…? | main | 『憲法記念日』と改正論議 >>
富士市出身のトロンボーン奏者、井口有里さん、ロゼのステージに…

「海野さん、今後、娘が演奏するので…」と知人が差し出したのは、5月20日(水)に富士市蓼原町のロゼシアター小ホールで開かれる『東京メトロポリタン・トロンボーン・カルテット』の富士公演のチラシ。娘さんの名は井口有里(いぐち ゆり)さん。


        富士公演を伝えるチラシ


   井口有里さん(チラシから)

 

 知人とは長年の付き合い。これまで一度も娘さんが音楽の道に進み、さらにプロとして活躍していることは語らなかっただけに「エッ!」でした。

 

 チラシによれば、『東京メトロポリタン・トロンボーン・カルテット』は、東京都交響楽団に所属するメンバーで構成し、2002年より活動を開始。

 メンバーは、井口さんのほか、小田桐寛之さん、青木昴さん、野々下興一さんで、小田桐さんの編曲によるオリジナリティの高い作品や、トロンボーン・カルテットのオリジナル曲を中心に幅広いジャンルで都響トロンボーンセッションならではの響きを追求、そんなことが記されていました。

 

 富士市出身の井口さんのプロフィールは、武蔵野音楽大学卒業。シエナウインドオーケストラ、東京シティフィルハーモニック管弦楽団を経て2002年に東京都交響楽団に入団。アンサンブル・ターブメンバー、武蔵野音楽大学非常勤講師。

 

 井口さんにとって凱旋公演となるロゼシアターでの富士公演は、20日午後7時開演。入場料は一般2,500円、高校生以下2,000円で、前売りは500円引き。チケットの購入や問い合わせは都響ガイド(筍娃魁檻械牽横押檻娃沓横掘法

 

「チケットを購入できるだろうか」とロゼシアターに問い合わせると、「こちらでも扱っている」とのことでした。ロゼ(筍娃毅苅機檻僑亜檻横毅隠亜法

 

 音楽、それもプロとしてやっていくには厳しいクラシック界で富士市出身者が活躍。市民の一人としてうれしく、エールの思いを込めて富士公演に出掛ける予定です。


| - | 21:12 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT