<< 「憲法を守ろう」という声が高まる中で… | main | 哀悼、望月武君への鎮魂記 >>
鷹岡まちセンで「桜まつり写真展」が開催中です

 所在区の富士市鷹岡地区の鷹岡まちづくりセンター2階ギャラリーで、今、「桜まつり写真展(以下、写真展)」が開かれ、アマチュアカメラマンが、それぞれの感性でショットした作品をもって今春の桜まつりと地区の桜風景が再現されています。


             写真展の会場です

 

 鷹岡地区では、毎年、桜開花シーズンの4月上旬、まちづくり協議会を母体にした実行委員会主催の桜まつりを開催。この桜まつりには、桜姫をモデルにした写真撮影会を盛り込み、撮影会でショットした作品、それに地区内の桜風景を応募対象とした写真コンクールを開いているます。今年で27回目を迎え、今回の写真コンクールに寄せられた作品数は111点。静岡二科写真部会長の薩川高宏さんに審査を依頼、各賞が決定しています。

 

 現在、開催中の写真展は、その入賞・入選作品展。第1席の大賞に選ばれたのは岡田利春さんの桜姫とお母さんカメラマンをショットした作品。題名は『ハイ!!ポーズ』でした。


      第1席の大賞作品です(部分、反射あり)

 

 入賞・入選者は次の通りです。

☆大賞   …岡田 利春 『ハイ!!ポーズ』

☆優秀賞  …佐野 登  『飛び入り』

      …高橋 正雄 『桜ライトアップ』

☆入選   …小野 正之 『若人はつらつ』

      …川口 廣男 『微笑』

      …立田 雅夫 『阿波踊り』

      …長谷川壽男 『もうひとつの撮影会』

      …渡辺 昶  『来年はいっしょにサクラ見ようネ!』

☆協議会長賞…飯島 剛  『花よりも美しく』

☆特別賞  …荻田 長蔵 『踊らにゃ損々』

      …平井 敬子 『川辺で憩う』

 

 この写真展、自分は、昨年まで審査員を仰せつかっていたのですが、5年間、継続していたことから昨年、「今年で最後に…」と申し出、今年は新たな視点からの審査。「やはり定期的に審査視点は変わるべき」、作品を鑑賞しながら、それを実感しています。

 写真は、ある意味、感性芸術だからです。

 

 素晴らしい作品が並ぶ写真展は16日までの開催。問い合わせは鷹岡まちづくりセンター(筍娃毅苅機檻沓院檻械横隠機法

 

| - | 18:32 | comments(2) | - |
コメント
ご無沙汰しております。
さくらまつりがあるということで、写真展に出してみたいと思い、送ってみました。結果ははずれてしまいましたが、写真展を見ていると、勉強になりますね。来年も、チャレンジしたいです。
| こおろぎ | 2015/05/15 9:16 PM |
こおろぎ様
 小生のブログにコメントをお寄せ下さり、ありがとう、ございました。
 来年、また挑戦して下さい。小生は、昨年をもって写真展の審査員を辞退しましたが、鷹岡地区の桜まつりに組み込まれる写真撮影会にはサポーターとして加わっています。
 撮影会でちょろちょろしていますので、声を掛けてください。
| 海野しょうぞうです | 2015/05/16 12:35 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT