<< 2015年『絵画楽作品展』が開かれています | main | 選挙権、18歳からで大丈夫…? >>
新制度で自転車利用者の交通ルール順守なるか…

 古くて新しい難題の一つに自転車利用者の交通ルールの順守。一向に減らない危険な自転車走行やルール無視に対する改正道交法の新制度が6月1日にスタートします。

 危険な交通違反を繰り返した自転車利用者に対して有料の講習を義務付け、未受講者には罰金を科すことになっていますが、その効果は「ハテナ?」ではないでしょうか。


         新制度導入を伝える新聞紙面

 

 自転車運転者講習制度は14歳以上が対象。

 

 その受講対象となる「危険行為」は次の14項目。

・信号無視

・通行禁止の道路の通行

・歩行者用道路での歩行者妨害

・路側帯での歩行者の通行妨害

・遮断踏切への立ち入り

・左方車優先妨害・優先道路車妨害

・右折時、直進車や左折車への通行妨害

・環状交差点安全進行義務違反

・一時不停止

・歩道での歩行者妨害

・制御装置不備の自転車の運転

・酒酔い運転

・安全運転義務違反

 

 これら危険行為で3年以内に違反切符を2回以上交付された場合、公安委員会の受講命令で指定された期間に3時間の講習を受け、その手数料は5,700円。未受講者には5万円以下の罰金が科せられる。

 

 これって免許制度の車両と比較して「甘い」と思いませんか…。

 

 通学に利用することが多い高校生の自転車使用には、車を運転する者としてヒヤッとすることが日常的にあり、イヤホンを付けたり、二列走行したり、中にはスマフォを使用しながら…といったケースも。しかもヘルメット着用は小学生位。

 近年は、電動アシスト自転車の登場で、かなりのスピードも出るようで、エンジン音がないことからバイクに比べて危険増大。

 

 先日、新制度について、ある高校の管理職と話をする機会があり、管理職、「生徒の自転車使用に頭を痛めており、新制度の登場で安全走行の徹底が図れることに期待している」。

 その期待に、当方、「無理では…」。そして「思い切って原付バイクでの通学を認めてあげたら」。

 

 管理職は、キョトンとしていましたが、冗談ではなく、新制度によっても危険走行やルール無視が続くようなら、免許制度をもって交通ルールの順守を突き付けられる原付バイクに切り替えた方がいいのではないか、交通事故抑止に結び付くのではないか…、そう思っています。

 

 原付バイク(正式名称は原動機付自転車)は、16歳から免許取得が可能で、免許制度による乗り物であることから最高速度は30前焚爾叛限され、1986年からはヘルメット着用も義務付けられています。

 費用的にも車種によって大きく違うものの、10万円を超える電動アシスト自転車もある中、その程度の原付バイクも。

 何よりも原付バイクは免許制度であることから、利用者が交通ルールの順守を前提に走行、その自転車との違いを直視すべきではないか、そう思っています。

 

 もっとも「自転車にも免許制度を導入」となれば話は別ですが…。

| - | 19:26 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT