<< 平成27年度第1回富士市都市計画審議会が開かれました | main | 富士市議会6月定例会が開会しました >>
吉原の祇園祭、きょう14日が最終日です

 いま早朝、午前4時半です。昨夜(6月13日)、開幕した“東海一の祇園”と称され、地元では「おてんのさん」とも呼ばれる富士市を代表する伝統催事、吉原祇園祭(よしわらぎおんさい)で知人宅へ。うれしいお祭りへの招待。

 で、久しぶり…?に冷酒をグイグイと。午後9時過ぎ、妻に迎えに来てもらい、自宅に戻ったとたんにバタンキュー。普段より数時間も早い就寝。

 で、目覚めは午前4時。

 で、このブログ打ち込みとなった次第。

 

 吉原祇園祭はネットのWikipedia:ウィキペディア(フリー百科)にも紹介されています。「毎年6月第2週の土、日に開かれ、主会場の吉原商店街には約1kmにわたって200軒を超す露天が立ち並び、人出は二日間で20万人を超える」と。

 

 観光に結び付けた全国各地の伝統祭事の人出は、「ウッソ〜?」と思わず声が出る数が打ち出されるケースもありますが、これまで吉原祇園祭を体験した者として「20万人を超える」に納得。同時に、「人、人、人…」で埋まる吉原祇園祭の賑わいから「どうして普段の吉原商店街が寂しんだろう」、そんな疑問も。

 

 その疑問の分析は、さておき。知人宅に向う途中、しばし、吉原商店街で祭り気分に浸ってきました。カメラを持参しなかったため、ここに、その場面を紹介することができませんが、午後6時から繰り出した21台の山車がお囃子を競演(共演)、伝統祭事の絵巻が広がっていました。

 

「何も変わらないことが伝統祭事の大きな魅力だ」、それを実感。この感覚は、還暦を過ぎ、“老い”、それが気になりはじめ、恩人のみならず知人・友人の訃報も届くようになったからかもしれませんが…。

 

 この吉原祇園祭、最終日となる、きょう14日は正午から午後5時30分まで神輿渡御(みこしとぎょ)、午後6時から山車21台が繰り出し、終了は午後9時。祭り会場周辺は交通規制が敷かれているので、ご注意を!。

 今、小雨ですが、天気予報では「午前9時過ぎには止み、曇り」。天気になぁ〜。

| - | 05:16 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT