<< あす7月26日、「富士まつり」が開かれます | main | 富士まつりでアクシデント、花火事故 >>
夏だ!、まつりだ!、富士まつりだ!

 富士市の夏の最大イベント、「富士まつり」が、きょう7月26日、市中央部にある中央公園と公園前の青葉通りを会場に開かれました。

 

 主催は官民協調で組織された実行委員会。午前11時から午後8時55分までの長丁場であるものの「まつりを盛り上げるために、枯れ木も山の賑わい、オープニングから会場に…」。

 と思ってはいたものの、ここ数日、公私ともにゴチャゴチャしており、会場入りは午後5時過ぎ。午後6時30分からパレード広場に繰り出す「かぐや姫絵巻」に「市議会議員も参加を」の要請があったためです。

 

 今年の「かぐや姫絵巻」は、幼少期の場面がなく、誕生期、求婚期、昇天期の三場面で構成。県議、市議の参加が少なく、市議については半数弱でした。

 

 絵巻関係者が「今年、市議の先生方、少ないですネ」。それには「この時期、イベント関係が相次ぎますので…」とだけ応えておきました。

 県議、市議は、求婚期の場面を担当し、山車の前を白丁の白装束で徒歩1時間のパレード。自分も含め年配者には、ちょっと大変。参加者減は、それも理由の一つかもしれませんが、うだるような暑さの中、連日、準備を重ねた絵巻関係者からは「甘い!」と叱咤(しった)を受けること必定。で、言葉としては発しませんでした。

 

 履物は履きなれない草履(ぞうり)。今年はサイズが合っていないこともあってか鼻緒の部分が足指に食い込み、その痛さも大変でしたが、県議、市議が手にするのは乾電池タイプの行燈であるのに対して、昇天期の場面を担当し、山車の前を武者姿で徒歩でパレードした新富士ロータリークラブのメンバーが手にしていたのは本物のタイマツ。夏の暑さに加えての火の熱さも。メンバーは終了時、ぐったりで、頭が下がりました。

 

 絵巻終了後、まつりのフィナーレを飾る花火の打ち上げが行われたのですが、私用で急ぎ向かうところがあったため、以下、会場入りから絵巻までのまつりスナップをお届けします。


 会場入りした時、45団体。3,000人による

                 踊り行進が行われていました


    参加者の多くは、年齢に関係なく、ハデハデ衣装で…


       まつりムードを盛り上げた太鼓演奏


       神輿(みこし)パレードが始まりました


        圧巻だった富士鷹勇会の神輿です


          夕陽に浮かぶ神輿です


 ロゼシアターの会議室で白丁に着替えて…。

                 同じ会派の佐野智昭議員です


「かぐや姫絵巻」のスタートを前に今年のかぐや姫と…。知人のカメラマンが場面を設定、撮影してくれたのですが、後で同僚議員からバッシング、「ズルイ」と…


誕生期の翁(おきな)、媼(おうな)役は小長井義正市長夫妻でした


 求婚期の翁(おきな)、媼(おうな)役は

             富士市議会の影山正直議長夫妻でした


 露天も賑わい、「夏だ!、まつりだ!、富士まつりだ!」でした

| - | 22:42 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT