<< 富士まつりでアクシデント、花火事故 | main | やがて訪れる死に向けて…、パート >>
曽我八幡宮から学ぶフィルム・コミッションとシティセールス活動

 きょう7月28日、日本三大仇(あだ)討ちの一つ、曽我兄弟ゆかりの地である曽我八幡宮で「夏季例大祭」が開かれました。

 

 曽我八幡宮の所在地は自分の所在地である富士市厚原地区。「地元議員は来賓」と位置づけて下さって招待状が届いていたことから指定時間の式典開始午前11時に合わせて会場へ。

 

 曽我八幡宮は、応神天皇と曽我兄弟を祭神とした厚原地区の守護神。例大祭は氏子総代会(河野昭治総代長)が主催。神事が行われる拝殿の両サイドには昭和31年(1956年)に公開され、この地でロケも行われた映画『曽我兄弟 富士の夜襲(やしゅう)』の関係資料が展示されており、神事開始前、じっくり見入る中、「曽我八幡宮及び氏子総代会は、富士市におけるフィルム・コミッション&シティセールス活動の先駆けだ。今の市政は学ぶべきこと多々」、それを強く感じました。


            曽我八幡宮の拝殿です

 

 以下、長文になりますが、例大祭に列席して思ったこと、感じたことを、あれこれと…。

 

【曽我八幡宮とは…】

 

 まず、例大祭が開かれた曽我八幡宮とは…。

 祭神とする曽我兄弟は、兄が十郎祐成、弟が曽我五郎時致。父親は河津領主の河津三郎で、三郎は安元2年(1176年)10月、奥野からの狩りの帰路に領地争いをしていた伊豆領主の工藤祐経の家来に殺害されています。

 その後、兄弟は父の仇を討つために精進を重ね、建久4年(1193年)5月、源頼朝が富士の裾野で巻狩りを開くことを聞きつけ頼朝に同行した祐経の陣屋に討ち入って父の仇討ちを果たしています。

 しかし、仇を討ったものの、兄の十郎は伊豆の御家人、仁田四郎忠常と渡り合いとなり、その場で討たれ、弟の五郎も御所五郎丸に取り押さえられ、翌日、頼朝の面前で取り調べを受け、鎌倉へ護送される途中、首をはねられています。

 五郎が首をはねられた場所が厚原といわれ、曽我八幡宮近くには五郎の首を洗った井戸が史跡として保存されています。

 時に十郎22歳、五郎は、まだ20歳でした。

 曽我八幡宮は、兄弟の仇討ちから4年後の建久8年(1197年)、その時代における御霊(ごりょう)信仰を背景に、兄弟の勇気、孝養、忍耐に心を打たれた頼朝が家臣の岡部権守泰綱に命じて建てたとされています。

 その後、戦国時代の武田、今川、北条の抗争によって社殿は炎上するも、慶長14年(1609年)に検地で、この地を訪れた伊奈備前守によって再建され、現在に至り、所在地区である鷹岡から丘にかけての厚原地区の各区有志で氏子総代会が組織され、今回の「夏季例大祭」をはじめ「初詣神事」などを通して、その伝統をしっかりと受け継いでいます。


式典後には、「わんぱく相撲」や「カラオケ大会」が開かれました



     参拝者を迎える露天の皆さんも準備に大忙しでした

 

【映画『曽我兄弟 富士の夜襲(やしゅう)』とは】

 

 映画『曽我兄弟 富士の夜襲(やしゅう)』とは、日本三大仇討ちの一つ、曽我兄弟の生涯を描いたイーストマン東映のカラー作品。複数の脚本家によるペンネーム五都宮章人の原案をもとに『ふり袖太平記』の八尋不二が脚本を書き、『忠治祭り 剣難街道』の佐々木康がメガホンをとっています。

 出演は、十郎役が東千代之介、五郎役が中村銀之介(当時名)、頼朝役が片岡千恵蔵、頼朝の重臣である畠山重臣が大友柳太郎と、当時の時代劇を支えていた名優が名を連ね、売り出し中だった北大路欣也も頼朝の子の頼家役で、大川橋蔵も頼朝の腹心であった梶原景時役でスクリーンに登場しています。

 撮影は、東映京都撮影所を本拠地としたものの、兄弟ゆかりの地でロケが行われ、そのロケ地である曽我八幡宮のある厚原地区では、氏子総代会が基軸となってロケ隊を受け入れ、ロケ終了後にはロケ隊から寄贈を受けた映画ポスターや脚本をはじめ小道具などを神社の宝物として大切に保管、今回の「夏季例大祭」などで公開しています。


今年の「夏季例大祭」でもポスターなどの資料を展示


      資料の中には配役名簿も…



【フィルム・コミッションとは…】

 

 フィルム・コミッション(英語:Film Commission)とは、映画やテレビドラマなどの撮影場所の誘致や撮影を支援する機関の総称。

 民間が先行して取り組み、全国のフィルム・コミッションの連絡機関としてNPO法人ジャパン・フィルムコミッション(旧・全国フィルム・コミッション連絡協議会)が存在。

 近年、映画撮影などを誘致することによって地域活性化、文化振興、観光振興が期待できることから全国の地方自治体(都道府県や市町村)や観光協会などが事務局を担当しているケースも増えています。

 富士市では、10年ほど前、民間が動き出し、現在、NPO法人フィルムコミッション富士がコミッション役を担い、その機能の重要性に認識を示す形で富士市は補助金支出をもって活動を支援しているほか、産業経済部観光課が担当課と官民協調の体制でフィルム・コミッションの推進に取り組んでいます。

 

【シテイプロモーションとは…】

 

 シティプロモーションとは、人口減少時代に入った国内において全国の自治体が生き残りをかけてさまざまな政策を行う中、観光客増加・定住人口獲得・企業誘致などを目的に都市の魅力を発信することにより地域のイメージを高め、知名度を向上させる活動。

 近年、その機能が注目され、富士市でも平成26年度(2014年度)に観光課に課内室の富士山・シティプロモーション推進室を設置しています。

 

【曽我八幡宮の取り組みから学ぶべき点】

 

 富士市のシティプロモーション活動は、その担当部署の明確化が1年半前で示されるように“萌芽(ほうが)の域”で、世界文化遺産に登録された富士山を前面に出して取り組んでいる状態。全国各地で観光客誘致などに成果を挙げている映画やテレビドラマのロケ地を観光資源として打ち出すフィルム・コミッション&シティプロモーション活動は「これから」という段階。

 こうした現状下、半世紀以上も前に民間主導でフィルム・コミッション&シティプロモーション活動に取り組み、いまなお、その継承に取り組んでいる曽我八幡宮の氏子総代会の活動は高く評価されるべきものです。自分は、そう確信しています。

 この今も継続している取り組み、貴重な教訓、示唆として受け止めていきたいものです。


| - | 19:41 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT