<< 富士市が入札制度の新算定式撤回へ | main | 民主党の藤本参議院議員が突然の引退表明 >>
酷暑の中で孤軍奮闘中です!

「言うまいと 思えど今日の 暑さかな」

 

 この川柳、よく知られていますが、「詠み人知らず」とされています。ということは、ずっ〜と昔の川柳。

 

 で、地球温暖化の影響もあっての、ここ数年の昔に比べて格段にレベルアップしている酷暑、どう川柳で詠むか…。「難しい」です。

 

 さて、この酷暑の中、自分を除く一家は知人世帯に誘われて日帰りの避暑に…。「自分は…」といえば、年2回ペースで1月と8月に発行している、『ライフライン』と命名している後援会だより&議員活動報告ニュースの編集や、発行後の発送準備に孤軍奮闘中です。

 

『ライフライン』、今回で第18号となります。

 一応、居間兼書斎にエアコンはあるものの、かなり古く、設定温度を最低にしても噴き出してくるのは温風。扇風機程度で、しかも音が大きい。「でも、ないよりましだ」。で、「ガマン、ガマン」です。

 

 孤軍奮闘と記しましたが、残留組は、もう一人。室内犬の「ペコ」です。正確にはもう一匹となります。

 

 この「ペコ」、毛がフサフサしたミニチュアシュナイザーという種類。そのフサフサで暑さが人間以上にこたえるのか、室内では干物状態となって冷気のある床にへばりついています。犬なりに考えた暑さ対策かもしれません。

 

 編集作業を続ける中で思考回路が狂って「一服するか」の時、「オイ!」と声を掛けると顔をあげてくれるので、それが「オレには仲間がいるんだ」の癒しに…。


        我が家の室内犬、「ペコ」です


 暑さ対策で干物状態になっています

 

 もう一つ、先ほど届いた郵便物の中に酷暑が吹き飛び、心に清風が吹き込むハガキがありました。

 

 8年前の市議会議員就任以降、毎年、この時期に後援会入会者に『ライフライン』を届けているため、ハガキには、そのお礼とともに「県外転居につき、後援会名簿からの登録抹消をお願いします」。そして「海野議員の益々のご活躍をお祈りします」と。本市場町にお住まいの○○さんという方です。

 

 毎回、発行、郵送後、何十通か「転居」などで返送されてきますが、発行時期に合わせ、こうした名簿登録の抹消を求める連絡通知文が舞い込んだのは初めてでした。

 後援会入会活動にあたっては、入会者に後援会資料を届けることを公約の一つとして示しているものの、それは当方の一方的な約束事。であるにもかかわらず、「県外転居につき登録抹消を」の通知は、ありがたく、ただただ、感謝、感激でした。

 

 議員活動を続ける中では、「このままでいいのか…」の不安を抱くことや、最近は、政治不信を背景に政治家無用論の声も受けることが多く、自身喪失気味でしたが、「誰かが見てくれている」、それを再び信じて頑張ろう、そんな勇気をいただいた一通のハガキ、自分の人生の宝となるものでした。

| - | 04:27 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT