<< 17回目の「市政・議会報告会」スタート | main | "防災の日"、富士市でも総合防災訓練が行われましたが… >>
総合防災訓練日は、いつ…?

 きょうで8月が終わり、あすから9月。そして、あす1日は“防災の日”で、富士市では総合防災訓練が行われることになっています。

 

 ところが、きょう31日の朝刊1面に「静岡県総合防災訓練初の中止」の見出し。記事は、「南海トラフ巨大地震に備えて30日の日曜日に焼津市、藤枝両市を主会場に行われる予定だった静岡県総合防災訓練は悪天候のため大部分の訓練が中止になった。全面的な中止は1979年に同訓練が始まって以来、初めて…」と伝えています。


             朝刊紙面です

 

 この記事に疑問が…。大雨警報が発令されたことにより大部分の訓練が中止になったことは止むを得ないものの、疑問は「なぜ“防災の日”の9月1日ではなく8月30日の日曜日に開催なのか…」です。

 

 疑問を解くためネットで防災の日を調べると…。

 

「“防災の日”とは、1960年(昭和35年)に内閣の閣議了解により制定された。9月1日の日付は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだものである。『政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する』こととし、9月1日の“防災の日”を含む8月30日から9月5日を“防災週間”として防災思想の普及、功労者の表彰、防災訓練などの様々な国民運動が行われる」とあることから、「8月30日は防災週間中であり、訓練を実施した」ということになります。

 

 振り返ってみれば、昨年、2014年(平成26年)の静岡県・賀茂地域総合防災訓練も8月31日の日曜日に開催しており、「大掛かりの訓練は日曜日でなければ…」といったところかもしれません。

 

 しかし、静岡県は1986(昭和61)に“防災の日”に加え12月の第1日曜日を“地域防災の日”と定め、各地域の自主防災組織に平日の昼間に地域にいない勤め人や学生にも参加を促しての訓練実施を呼び掛けてきました。

 

 これ以降、9月1日の“防災の日”は防災機関が総力を結集しての防災訓練、12月第1日曜日の“地域防災の日”は自主防災組織主体の防災訓練という年2回の訓練が定着していた、と記憶しているのですが、ここにきて富士市でも県の総合防災訓練と同様に防災週間中の日曜日に訓練を行う自主防災組織が目立ってきました。

 

 県の総合防災訓練と、ほぼ同様の理由。「多くの参加を得るために日曜日に…」で、自主防災組織の役員に勤め人が多く、参加人員の確保以前の問題として「平日では訓練そのものが成り立たない」、それを理由とする自主防災組織もあります。

 

 それなりの理由があっての対応とは思うのですが、自然災害は、いつ発生するか分かりません。深夜に発生するかもしれません。台風襲来時に巨大地震が発生するかもしれません。

「防災訓練は、防災の基本を確認するものであり、一人一人が、それぞれの立場で防災を考え、実践力を高めることが重要、それを今一度、見詰めていかねば…」と思っています。


| - | 22:40 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT