<< 富士市議会9月定例会の日程が決まりました | main | 富士市役所の止まらぬ職員の不祥事について… >>
増税とバラマキで負のスパイラルに…

 先日、メディアが、財務省が8月31日に締め切った2016年度予算編成に向けての各省庁の概算要求と税制改正要求を伝えました。

 

 一般会計の要求総額は1024,000億円程度に膨らみ、3年連続で過去最大を更新。

 要求のうち国の借金返済に充てる国債費は、債務残高の増加で利払いがかさみ、過去最大の260,543億円を計上。



 

 財務省は、年末にかけて2015年度編成と同程度の5兆円規模の圧縮を目指して査定作業に入る方針で、今後、各省庁との攻防が始まることになります。

 

 この一方、購読紙は「ただ、中国経済の失速懸念や国内消費の伸び悩みで景気不安が拡大。来年夏に参院選を控え、与党は増額圧力を強めており、編成方針は難航しそうだ」と記しています。

 

 消費税引き上げ対策と消費刺激策として国からの交付金を活用してのプレミアム商品券が全国に登場。確かに、一定の消費拡大には結び付くものの、一過性で「プレミアム商品券で、雇用は生まれたか、新たな産業が生まれたか…」は「?」です。

 

「日本は、増税とバラマキで負のスパイラスに…、第2のギリシャに…」、これって杞憂(きゆう)でしょうか。

| - | 22:29 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT