<< 土砂災害の危険箇所が増加 | main | 富士市議会9月定例会が開会しました >>
どうなる富士山世界遺産センター

 静岡県が建設計画を進めている富士山世界遺産センターが、入札不調や、再入札に向けての工事費の高騰に県議会が「待った!」をかけるなどゴタゴタしています。何か2020年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場問題に似ている感じ。今後の展開と、その決着が注目されます。

 富士山世界遺産センターへの思いを、あれこれとー。

 

 日本のシンボル、富士山が「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」の名でユネスコの世界文化遺産に登録されたのは2013年6月22日でした。

 

 この登録を受けて静岡県は世界遺産条約第5条が定める「文化遺産及び自然遺産の保護、保存及び整備の分野における全国的、または地域的な研修センターの設置、または発展を促進し、並びにこれらの分野における学術的調査の奨励」に基づき、静岡県側の富士山世界遺産センターを富士宮市内に建設することを決定して、その作業を進め、今年6月に本体工事の入札を執行しています。

 

 しかし、予定価格を大幅に上回り、入札は不調に…。

 

 県では、再入札に向けてデザインを担当した坂茂建築設計(東京都)と調整、入札不調の理由を「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に伴う建設資材や人件費の高騰があった」を理由に、工事費を当初より5億4千万円余ほど上乗せした33億3千万円余と見込み、完成も半年以上遅れる201710月とする見直し案を固めて8月末に県議会の最大会派の自民改革会議に提示。この提示に自民改革会議は、完成の遅れは認めるものの、工事費の増額は容認しない方針を県側に伝えたといわれます。

 

 一方、静岡県のゴタゴタに対して山梨県では、山梨県側の世界遺産センターを富士河口湖町にある1998年7月にオープンさせた県立富士ビジターセンターの南側に増築する形での建設を決定。今年4月から工事が本格化し、開館予定は2016年6月。着々と進行中といったところです。

 

 山梨県の世界遺産センターは、富士山が持つ「信仰の対象」と「芸術の源泉」という普遍的価値を見る者の感性に届ける演出が練られ、ネットでは、「入館すると2階へと誘導され、そこには富士山を全方位から総覧する『富嶽360』があり、映像を使って四季や1日の移ろいを印象的に感じることができる。フロア中央の空間には和紙で作られたジオラマの富士山が立体スクリーンとなって配置され、5合目付近を1周する信仰の道『御中道』をイメージした回廊を巡ることで、音と光でさまざまな山容を楽しむことができる。山肌が赤色に染まる夏の赤富士、冠雪した富士山に朝日が当たる冬の紅富士など。赤富士、紅富士の神々しい姿に富士山巡礼が生まれた軌跡を感じ、麗姿が芸術作品に大きな影響を与えた根源を知り、感動すること間違いなし」、そんな期待を持たせる情報が発信されています。

 

 静岡県の世界遺産センターも、その山梨県の世界遺産センターに負けず劣らぬ演出が図られることとは思いますが、山梨県と大きく違うのは外観デザインです。

 

 静岡県は、外観デザインそのものにも富士山を打ち出し、富士山の湧水を引き込んだ水盤を建物前面に設置して気化冷却効果を得たり、自然採光や自然通風を利用したりすることで富士山の自然循環を体感できるようにし、鉄骨のらせん状の格子構造を採用し、その格子に沿って設けたスロープを展示空間としています。

 この外観デザインは、逆さ富士を表現したもので、デザインが公表された以降、自分は「建設場所である富士宮市内の富士山本宮浅間大社の近接地よりも、富士市が候補地として県に提示するも振るい落とされた富士山の眺望バッチリの東海道新幹線新富士駅北側のふじさんめっせ周辺の方が似合うのではないか」との思いを抱いています。

 

「地方自治に携わる者として不謹慎だ」や、「何を寝言」との批判を覚悟で記せば、「新富士駅は外国人観光客を中心とした表富士の玄関口として、今後の利用増が期待されているだけに、建設費をめぐってのゴタゴタの中で建設場所も外観イメージとのマッチング面から今一度、再検討すべきではないか…」。 

 自分が、富士市民だからというだけでなく、外観イメージから、そう思い、願うのですが…。

 

 以下に富士市からの富士山、静岡県の世界遺産センター完成予想図、山梨県の世界遺産センター完成予想図をアップします。


 富士市から撮影した富士山です



 
静岡県の世界遺産センター完成予想図です



 

山梨県の世界遺産センター完成予想図です
| - | 01:50 | comments(1) | - |
コメント
 静岡県の世界遺産センターは、資産構成のある富士宮市につくるべきです。
 構成資産のない富士市、それだけで×。「関係ないじゃん」。富士山を訪れる方々は、そう思うはずです。 ただ、県が示した逆さ富士のデザイン、巨大地震でペタンと倒れはしないか心配。その点、マスコミは調査して詳細を伝えてほしいものです。
| 富士宮市の市民です | 2015/09/10 11:45 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT